1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫とやってみよう!猫のココロが幸せに満たされる「遊び方」って?

愛猫とやってみよう!猫のココロが幸せに満たされる「遊び方」って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫のココロが満たされる「遊び」

2018年9月号「ねこのきもち」

室内飼いが基本の猫にとって、安全なわが家というのは安心できる場所ではありますが、ワクワクするような刺激はありませんね。特に、単頭飼いの猫は飼い主さんとしかかかわらないので、退屈がストレスになっているかも…。

そういった猫にとって飼い主さんとの遊びは、運動不足解消と同時に、ストレス発散や愛情を感じられ、愛猫の心にもプラスの効果があるそうです。

では、どういった遊びだと、猫の心が満足するのでしょうか? ここでは、猫の生活環境やシチュエーションに合わせた「ココロを満たす猫プラクティス」をご紹介しましょう。

室内飼い猫全般:「ネズミ狩りトンネル」でストレス発散

刺激が少ない毎日に退屈している室内飼いの猫には、本能を呼び起こす「ネズミ狩りトンネル」遊びはいかがですか?

用意するのは、底とフタ部分を取り、トンネル状にした段ボール箱と、ネズミのじゃらしおもちゃ。次の手順で遊んでみましょう。

1.段ボール箱のトンネルの中で、カサカサと音が出るようにして、ネズミのじゃらしおもちゃを動かしましょう。猫が狙いを定める姿勢になったら、ネズミの動きを止めます。

2018年9月号「ねこのきもち」

2.1.を何度か繰り返し、猫がトンネルの中に入って飛びかかったら、ネズミをシュッと上へ引き上げます。

2018年9月号「ねこのきもち」

3.最後は猫にネズミをつかまえさせて終わりです。

2018年9月号「ねこのきもち」

上の1.〜3.を1セットとして、1日5セットを目標としましょう。段ボール箱がネズミの巣穴を代わりとなり、猫はより狩り感覚で遊べます。

もし、ネズミじゃらしへの反応が薄いようなら、水を入れたボウルに魚型のおもちゃを浮かべ、水辺の狩りを演出してみるのもいいでしょう。ただし、猫が興奮して誤食する危険があるので、飼い主さんは目を離さないように。

2018年9月号「ねこのきもち」

留守番がちな猫:「いないいないばあ」遊びでコミュニケーション

単頭飼いで留守番の多い猫は、飼い主さんとのコミュニケーションに飢えています。そこで、飼い主さんとたっぷりふれあえる「いないいないばあ」遊びはいかがですか?

用意するのは、2〜3人用のビニールシートとじゃらしおもちゃ。次の手順で、猫と遊んでみましょう。

1.まずは、飼い主さんがビニールシートをすっぽりかぶって隠れ、じゃらしおもちゃをシートから出したり引っ込めたりして、猫の興味を引きましょう。

2018年9月号「ねこのきもち」

2.猫がじゃらし目当てに近づいてきたら、シートのすき間から飼い主さんはゆっくり姿を見せます。

2018年9月号「ねこのきもち」

上の1.〜2.を1セットとして、1日3セットを目標としましょう。「あ、飼い主さんだ! びっくりした〜」の愛猫の表情がなんともかわいく、飼い主さんもいやされること間違いなしです。

用意するものは、100均やホームセンターで手軽に安く手に入るものばかり。これで、愛猫のココロが満たされるなら、すぐにでもチャレンジしたいですね。

出典元/「ねこのきもち」2018年9月号『おうちジムのススメ』
監修/藤井仁美先生(獣医師、獣医行動診療科認定医。ペット行動カウンセラー。代官山動物病院と
自由が丘動物医療センターに勤務)、薬師寺康子さん(ペットライフコンサルタント。「ねこままホテル」オーナー)
撮影/尾﨑たまき
撮影協力/猫カフェ「にゃんくる」蒲田店
文/ヤマモト トモミ

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る