1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 量が画像でわかる◎ 猫にいちごなどの果物を与えるならこのくらい

量が画像でわかる◎ 猫にいちごなどの果物を与えるならこのくらい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人にとっては甘くて美味しい果物ですが、猫には食べられるものと、食べたら危険なものがあるので注意しましょう。今回は、猫が食べられる果物を5つピックアップし、与えるときの注意点と目安量を画像つきでご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

りんご

りんご

りんごに含まれる「ペクチン」という食物繊維には、猫の腸内細菌のバランスを整える働きがあります。しかし、りんごに限らず果物は糖分が高く、与え過ぎると肥満や糖尿病のリスクが高まるので、量や頻度には注意が必要です。

猫に与えるならこのくらい

りんごの量

猫にりんごを与えるなら、刻んでひと口程度を目安にしましょう。

いちご

いちご

りんごと同じく、いちごにも腸内環境を整えてくれる食物繊維が多く含まれています。ただし、食べ過ぎると下痢になってしまうこともあるので、量には注意して与えるようにしましょう。

猫に与えるならこのくらい

いちごの量

猫にいちごを与えるなら、1粒の半分程度を目安にしてください。

みかん

みかん

みかんは少量なら与えてもOKですが、やはり糖分が高いので注意が必要です。また、薄皮は消化によくないので、与えるなら果肉のみにしてください。ただ、みかんのニオイを好まない猫も多いので、あえて与えなくてもいい果物ともいえるでしょう。

猫に与えるならこのくらい

みかんの量

猫にみかんを与えるなら、薄皮を取って、2分の1房程度にとどめましょう。

パイナップル

パイナップル

パイナップルに含まれているたんぱく質分解酵素の働きによって、食べると舌がヒリヒリする人もいるでしょう。実は、猫にも同様のことが起こるケースがあります。食後に口元を気にするしぐさが見られたら、与えるのを控えてください。

猫に与えるならこのくらい

パイナップルの量

猫にパイナップルを与えるなら、刻んで小さじ1程度にしましょう。

メロン

メロン

メロンは、ほとんどが水分の果物なので、与えても問題ない果物でしょう。ただし、カリウムが多く含まれているため、腎臓や心臓に疾患がある猫には与えないでください。

猫に与えるならこのくらい

メロンの量

猫にメロンを与えるなら、刻んで大さじ1程度を目安にしましょう。

果物は“おやつ感覚”でたまに与えるのが◎

三毛猫さん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「果物が大好き!」という猫も多いようですが、普段の食事は総合栄養食のキャットフードを主食とし、果物は“おやつ感覚”で頻度や量に注意しながら与えることが大切です。また、持病を抱えている猫の場合は、与えると健康を害するおそれも。猫に果物など人の食材を与える前には、食べさせてよいか必ず確認しましょう!

参考/「ねこあつめ&ねこのきもち」『まんぞくさんも大満足♥猫に与えてOK?NG?食べ物図鑑』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高崎一哉先生)
文/hasebe
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る