1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 【獣医師監修】猫が食べてはいけないもの一覧 理由や注意点とともに解説

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】猫が食べてはいけないもの一覧 理由や注意点とともに解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人にとって健康によい食材のなかには、猫にとって有害となる成分を含むものも多くあります。この記事では、猫が食べてはいけない食材と、与える場合は注意が必要な食材をまとめました。ぜひ愛猫の健康管理に役立ててくださいね。

長谷川 諒 先生

 獣医師・潜水士
 Ani-vet代表
 往診専門 レイクタウンねこ診療所院長

きたじま動物病院所属獣医師

シュシュキャットクリニック所属獣医師
 ヤマザキ動物専門学校非常勤講師(薬理学)

 北里大学獣医学部獣医学科卒業
 北里大学獣医生化学研究室研究生在籍 研究テーマ「伴侶動物の鉄代謝」

●所属:国際猫医学会日本猫医学会日本獣医学会

●主な診療科目:内科(猫)/一般診療(外科、内科)/予防医療

続きを読む

猫が食べてはいけないおもな食べ物一覧

あ行青魚(生)・アルコール類・イカ・エビ など
か行カニ・キシリトール(人工甘味料)・紅茶・コーヒー・ココア など
た行タコ・チーズ・チョコレート など
な行にら・ねぎ類・海苔 など
は行ぶどう(レーズン) など
ら行緑茶 など

上記以外の猫が食べてはいけない食材については、以下のページを参考にしてみてください。

猫が食べると危険な食べ物

猫が食べてはいけないものとその理由

ねぎ類
参考・写真/「ねこのきもち」『まんぞくさんも大満足♡ 猫に与えてOK?NG? 食べ物図鑑』

  • 青魚(生)
アジやイワシ、サバ、サンマなどの青魚に寄生しやすい「アニサキス」の幼虫は、猫にも害を及ぼすおそれがあります。また、青魚に多く含まれる「不飽和脂肪酸」をとりすぎると、黄色脂肪症を引き起こすことがあるので、青魚は猫に与えないようにしましょう。

  • アルコール類
猫にはアルコールを分解する酵素がないため、少量を摂取しただけで中枢神経に影響を及ぼし、酩酊状態になるおそれがあります。最悪の場合は死に至ることもあるので、アルコール類は絶対に飲ませないようにしてください。

  • イカ/エビ/カニ/タコ
生のイカ・エビ・カニ・タコには、「チアミナーゼ」というビタミンB1分解酵素が含まれているため、猫が口にするとビタミンB1欠乏症になるおそれがあります。ビタミンB1欠乏症になると、けいれんなどの神経症状を起こし、死に至る危険もあるので、絶対に与えないようにしてください。
なお、完全に加熱処理すればチアミナーゼは失活しますが、もともとこれらの食材は消化しにくいので、猫が口にすると嘔吐や下痢を起こすことも。加熱した状態であっても与えないほうが安心です。

  • コーヒー/紅茶/緑茶(カフェインが入った飲料)
これらの飲料に含まれる「カフェイン」を猫が口にすると、中枢神経や心臓、腎臓に影響を与え、嘔吐や下痢、頻尿、興奮、けいれんなどの中毒症状を起こすことが。場合によっては死に至るケースもあるので、猫にカフェインが入った飲料を与えるのは絶対にやめてください。
なお、茶葉の状態のものはとくにカフェイン濃度が高いので、取り扱いにも十分注意が必要です。

  • チョコレート/ココア
チョコレートやココアの原材料であるカカオ豆に含まれる「テオブロミン」という成分を猫が口にすると、嘔吐や下痢、頻尿、興奮、けいれんなどの中毒症状を引き起こすおそれがあります。最悪の場合、死に至ることもあるので、チョコレートやココアはもちろん、カカオを含む食材は絶対に与えないでください。

  • にら/ねぎ類(玉ねぎ・長ねぎなど)
にらやねぎ類に含まれる「アリルプロピルジスルフィド」という成分には、猫の赤血球を破壊する働きがあります。猫が誤って口にしてしまうと、溶血性貧血や血尿、下痢・嘔吐などの中毒症状を引き起こし、最悪の場合は死に至るおそれもあるので、絶対に与えてはいけません。
なお、この成分は加熱しても変性することはないため、ハンバーグなどの加工食品を与えるのもNGです。

  • 海苔(のり)
海苔に含まれるカルシウムなどのミネラル分は、尿石症などを悪化させるおそれがあります。また、塩分も豊富で腎臓に負担をかけるため、猫に与えないようにしましょう。

  • ぶどう(レーズン)
犬が食べて急性腎不全にかかった例が報告されています。猫への安全性も確かめられておらず、犬と同様のリスクも考えられるので、与えないほうがよいでしょう。
なお、ぶどうを原料にしてつくられるレーズン(干しぶどう)も同様です。

  • チーズ
猫用のチーズであれば、適量を守り与えることはできますが、人用のチーズは塩分と脂肪分が多いので与えるのはNGです。塩分のとりすぎは腎不全を引き起こすおそれがありますし、脂肪のとりすぎは肥満につながるなど、猫の体に悪影響を及ぼします。

  • キシリトール(人工甘味料)
猫がキシリトールを食べてしまうと、低血糖を引き起こし、嘔吐や歩行困難、意識障害などの症状が見られることがあります。また、キシリトールは肝機能障害を引き起こす原因にもなるため、絶対に猫に与えないでください。

猫に与える場合は注意が必要な食材も

バナナ
参考・写真/「ねこのきもち」『まんぞくさんも大満足♡ 猫に与えてOK?NG? 食べ物図鑑』

※ご紹介する摂取量の目安は、体重4kg前後の標準的な体重の成猫を想定しています。

  • バナナ
バナナは猫に与えても問題のない果物ですが、カロリーが高いので与えすぎると肥満の原因になることが。猫にバナナを与えるときは、皮と維管束をしっかり取り除き、厚さ1cmほどの輪切りを1個程度にして、それを細かく切って与えるようにしましょう。

  • 牛乳
牛乳自体は猫に害のある飲み物ではありませんが、乳糖不耐症や牛乳アレルギーの猫に与えると下痢を引き起こすのでNGです。また、日常的に与え続けると、カルシウムが多いので、尿石症にかかるリスクがあります。
猫に牛乳を与えるときは、できる限り猫用に調整されたものを選びましょう。
どうしても人用の牛乳を与えたいときは、1日50ml程度にとどめてください。ただし、泌尿器系の病気にかかったことがある猫には与えないようにしましょう。

  • かつおぶし
少量であれば問題ありませんが、かつおぶしはミネラルが豊富な食材なので、猫が食べすぎると尿路結石を引き起こしたり、腎臓の機能が低下しやすくなったりするなど、泌尿器系の病気の起因になります。
猫に与えるときは、週に1回ひとつまみ(0.5g)程度に抑えましょう。

  • まぐろ
まぐろなどの赤身魚は、猫にとって必要なタンパク質が豊富なので、少量であれば与えても問題はありません。
ただし、猫がまぐろを食べすぎると黄色脂肪症や水銀中毒、チアミン欠乏症などになるおそれがあるため、与えるときは赤身部分の刺身をひと切れの半分程度にとどめましょう。なお、まぐろのトロの部分は赤身に比べて脂肪分が多いため、避けるようにしてください。

卵は猫が食べられる食材ですが、生卵を食べすぎると、卵白(白身)に含まれる「アビジン」という物質が、猫の体内のビオチンを不足させ、皮膚トラブルや疲労、脂肪の代謝障害を引き起こすおそれがあります。
猫に与えるときは必ず過熱し、アレルギーを起こす心配もあるので、最初はごく少量にとどめましょう。また、卵はカロリーも高く、特に黄身は白身より脂肪分が多いので、与えすぎには注意してください。

  • 豆苗
生の豆苗には「レクチン」という毒が含まれています。与える際は、ゆでるなど過熱し、消化しやすいように少量を細かく刻んで与えるようにしてください。
ミネラルが多く含まれているので、腎臓に不安がある猫には与えないようにしましょう。

猫に「おすそわけ」するときは量や注意点を守って

愛らしいスコティッシュフォールド
lafar/gettyimages

愛猫におねだりされると、ついおすそわけしたくなりますが、人が日常的に口にする食材のなかには猫にとって危険なものもたくさんあります。
愛猫に人が食べる食材を与える際は、与えてよい食材かどうかを調べるのはもちろん、与え方や目安量をきちんと確認することが大切です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考・写真/「ねこのきもち」『まんぞくさんも大満足♡ 猫に与えてOK?NG? 食べ物図鑑』
監修/長谷川諒先生(きたじま動物病院)
文/ハセベサチコ
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る