1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 【獣医師監修】猫に与えてはいけない食べ物とは?病気・ケガ・中毒の危険も

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】猫に与えてはいけない食べ物とは?病気・ケガ・中毒の危険も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫が食べると危険な食べ物には、口にすると嘔吐や下痢などの消化器症状や、最悪の場合死に至る中毒症状を起こすものもあります。猫に人の食べ物をあげないように注意するとともに、猫が食べてはいけない物も把握しておきましょう。

この記事の監修

長谷川 諒 先生

 獣医師・潜水士
 Ani-vet代表
 往診専門 レイクタウンねこ診療所院長
 きたじま動物病院所属獣医師
 ヤマザキ動物専門学校非常勤講師(薬理学)

 北里大学獣医学部獣医学科卒業
 北里大学獣医生化学研究室研究生在籍 研究テーマ「伴侶動物の鉄代謝」

●所属:国際猫医学会日本猫医学会日本獣医学会

●主な診療科目:内科(猫)/一般診療(外科、内科)/予防医療

続きを読む

猫に人のものを食べさせないほうがいい理由

人の食べ物を口にすることに慣れてしまった猫は「人の食べ物はおいしい。危険ではない」と覚えてしまい、目を離した隙に危険な食べ物を勝手に口にすることもないとはいえません。まず人の食べ物を食べさせないことが重要です。

たとえば、猫がなりやすい病気のひとつ、尿石症はオシッコの中にできた結晶が固まって結石となり、膀胱や尿道を傷つけたり詰まらせたりして、さまざまな障害を引き起こします。一般に猫にあげがちなにぼしやかつおぶしには、この結晶や結石をできやすくするリンやマグネシウムなどのミネラルが豊富です。基本的には、与えないほうが尿石症のリスクは低くなります。

猫に与えてはいけない食べ物

猫が食べると、中毒やケガ・病気を引き起こす危険のある食べ物をご紹介します。

ネギ類(ニラ・長ネギ・玉ねぎなど)

猫が食べてしまうと、ネギ類に含まれるn-プロビルジルスフィドという成分が赤血球を壊して、貧血や血尿を引き起こします。刺激臭があるため通常猫は生では食べませんが、ハンバーグやカレー、すき焼きなど調理された状態でも中毒症状が見られることがあるので注意しましょう。

カカオを含むお菓子(ココア・チョコレートなど)

チョコレートやココアに含まれるカカオの中の成分であるテオブロミンは、猫の中毒の原因になります。中枢神経、心臓や腎臓にも影響を与え、嘔吐、下痢、頻尿、興奮、けいれんなどを起こすことがあり、最悪の場合、死に至ることもあります。カカオが含まれるお菓子類はどれも同様です。

カフェインの入った飲料(コーヒー・紅茶・緑茶など)

カフェインが作用して、中毒を起こすリスクがあります。これらの飲み物に含まれるカフェインも、猫が口にするとチョコレートやココアに含まれるテオブロミンと同じように中枢神経、心臓や腎臓に影響を与え、嘔吐・下痢・頻尿・興奮・けいれんなどの中毒症状を起こします。とくに茶葉の状態のものは液体よりもカフェイン濃度が高いので摂取すると、さらに危険です。

エビ・カニ・タコ・イカなど

生のエビ・タコ・イカ・カニ・魚の内臓などはビタミンB1分解酵素を含むため、猫が口にすると急激にビタミンB1欠乏症になる可能性があります。けいれんなどの神経症状を起こして、死に至ることも。ただし、完全に加熱処理してあれば問題ないでしょう。
完全に火が通っていなかったり、調理中に捨てた生の内臓類を猫が食べたりすると危険なので、加熱処理と取り扱いには十分注意してください。

酒(アルコール類)

大量に飲むと死に至る危険もあります。アルコールが猫の血液中に吸収され許容量を超えると、脳に作用して嘔吐や下痢をはじめ、神経症状や呼吸困難・ふるえを生じ、さらには昏睡状態に陥り、最悪の場合には死に至ることもあります。

魚の骨・エビの尻尾・鶏肉の骨など

猫の食道や胃腸に刺さったり、詰まったりして傷つけるおそれがあります。特に加熱した鶏の骨は裂けてとがりやすく危険です。おいしそうなニオイに誘われ、盗み食いされる可能性もあるので、しっかりフタつきのゴミ箱に捨てましょう。

そのほか猫に与えてはいけない食べ物

ほかにも人の食べ物で、猫に危険なものはたくさんあります。少量でも与えないようにしましょう。

  • 生の青魚(黄色脂肪症の原因になる)
  • レーズン・ぶどう(腎毒性)
  • キシリトール(人工甘味料)(肝毒性)

猫に与えないほうがいい食べ物

さくらちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫に食べさせると、肥満や病気などのリスクが高まる食べ物をご紹介します。

塩分が多いもの(パン・ハム・かまぼこ・カニカマ・チーズ・スモークサーモン・干物など)

塩分の多い食べ物を与えていると腎臓に負担がかかり、泌尿器系の病気にかかる可能性が高まります。そのときどきはたったひと口でも、繰り返せば内臓の負担が大きくなり、寿命を縮めることにもつながります。

ミネラルやアクが多い食べ物 (ほうれんそう・かつおぶし・だしをとったにぼし・たけのこ・なす・いんげんなど)

マグネシウムやカルシウムなどのミネラルは結石のもとになります。オシッコの中にミネラルが増えると結石ができやすくなり、泌尿器系の病気、とくに膀胱炎や尿石症などにかかるリスクが高まります。中でも結石が尿道に詰まって排尿できなくなる尿道閉塞になると最悪の場合、死に至ることもあります。
結石ができやすくなるという点で、アクの強い野菜も基本的にはNGです。アクの成分は食材によって異なりますが、結石の生成につながるシュウ酸なども多く含まれています。胃や腸など内臓に負担をかけることもあるので控えてください。また塩分同様、泌尿器系の病気の猫には与えないでください。

脂肪分が多い食べ物

脂肪分が多い甘いお菓子などは、飼い主さんが食べている最中につい猫にも与えてしまいがちですが、脂肪分を多く摂取すると肥満につながることもあります。
肥満は万病のもとといわれるように、関節や消化器系に負担がかかるだけではなく、あらゆる病気を招く可能性があります。糖尿病など完治が難しく、ずっと付き合っていかなければならない病気にかかるおそれもあります。

また、脂肪分が多いわけではありませんが、生クリームなどの原料である牛乳を好む猫もいます。しかし、人用の牛乳に含まれる乳糖を分解できない猫が下痢をするおそれもあるので、与えるのは控えましょう。

炭水化物が多い食べ物

猫はもともと肉食動物ですが、炭水化物がまったく必要ないわけではありません。野生に暮らしていた祖先は、獲物の体内にある炭水化物だけで十分だったようです。飼い猫の場合は総合栄養食のフードを食べていれば問題ありませんが、総合栄養食にも炭水化物が含まれているので、過剰に摂取すると肥満につながります。

また食パンやうどんなど、粉からつくられた食品には塩分も意外と多く含まれているので、与えないようにしてください。
このほか、生の卵白・香辛料・生肉・蜂蜜なども避けたほうがよいでしょう。

日ごろから、猫が人のものを口にするクセをつけないようにすることが重要です。万が一、愛猫が危険な食べ物を食べてしまったと気づいたら、その時点ですぐに動物病院へ行きましょう。

監修/長谷川諒先生(きたじま動物病院)
文/ねこのきもちWeb編集室
参考&画像・イラスト出典/「ねこのきもち」本誌、ムックより

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る