1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】1粒でも危険!?猫×チョコレートの致死量とは?

【獣医師が解説】1粒でも危険!?猫×チョコレートの致死量とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「チョコレート」は、人間にとっては甘くておいしいスイーツですが、猫には絶対に食べさせていはいけない危険な食べ物です。今回は、チョコレートが危険な理由と誤食した際の症状、さらに食べた場合の対処法や致死量などを詳しくご紹介します。

猫がチョコレートを食べてはいけない理由

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「チョコレート」はマイルドな口当たりが心地よく、独特な風味が癖になる、人間には定番のお菓子ですよね。大好物で家に常備しているといった方も多いのではないでしょうか。しかし人間にとってはおいしい食べ物でも、猫にとっては「毒」とも言える危険な食べ物なんです。

チョコレートの原料であるカカオには、覚醒作用や興奮作用がある「テオブロミン」という成分が含まれています。私たち人間はチョコレートを食べても、テオブロミンを体内で代謝分解することができます。しかし猫はテオブロミンを代謝する能力がとても低いため、体内に長くとどまってしまいます。その結果、猫の体にとって害となり、中毒症状が出てしまうのです。

猫がチョコレートを食べた場合、注意すべきなのは中毒症状が出るタイミング。前述した通り、猫はテオブロミンを代謝する能力が低いがために、中毒症状が出るまで時間がかかります。チョコレートを食べた数時間後から、遅いと翌日に中毒症状が出ることもあるので、食べてすぐ異変が出ないからといって、油断してはいけないのです。

猫がチョコレートを食べた時にでる中毒症状

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫がチョコレートを食べてしまった場合に出る中毒症状の種類は、1つや2つではありません。嘔吐/下痢/発熱/けいれん/脈の乱れ(頻脈・不整脈など)/頻尿/血尿/失禁/昏睡など、多岐に渡ります。

症状によっては、食あたりや風邪などと勘違いしてしまう場合もありますが、勘違いしたまま何の対処もしないとかなり危険です。食べてしまったチョコレートの量が多ければ多いほど危険ですし、最悪の場合は突然死もあり得ます。誤食のおそれが少しでもあるのなら、念のため動物病院を受診することをおすすめします。

チョコレートの致死量とは?チョコレートの種類でも異なるの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

チョコレートが危険なことはわかりましたが、許容量はどの程度なのでしょうか。チョコレートによる中毒症状が出るのは、猫1kgにつきテオブロミン90〜100mg、致死量はテオブロミン250〜500mg程度だと言われています。つまり4kgの猫の場合は、1000~2000mgのテオブロミンを摂取してしまうと死の危険があります。

一般的なミルクチョコレート1枚(約50g)の場合、カカオの含有量は約30%で、テオブロミンの量は80mg程度です。ミルクチョコレートの板チョコの場合は、10枚以上食べないと致死量には届かないというわけですね。しかし「猫がそんなに食べるわけないから大丈夫だね!」と安心してはいけません。

これはあくまでも、カカオの含有量30%のミルクチョコレートの場合です。最近は高カカオチョコレートも増えてきていますよね。一般的なビターチョコレートは、カカオの含有量が70%なので、その分テオブロミンの量も跳ね上がります。高カカオのブラックチョコレートだと、板チョコ1枚でテオブロミンの量はなんと1000〜1200mg!4kgの猫の場合、ブラックチョコレート1枚で致死量に達してしまうのです。また、シュガーレスのチョコレートパウダーや高カカオのココアパウダーなどは、もはやカカオそのもの。少量で死に至るおそれがある、と言っても過言ではありません。

上記したチョコレートに含まれるテオブロミンの量はあくまでも目安ですので、商品によって異なります。致死量も一般的な量なので、個体差があると考えておいてください。また、腎不全などの持病がある場合はさらに少量でも症状が出たり重症化する可能性もあります。致死量より少量でも中毒症状が出て猫が苦しい思いをするのは変わらないので、少量と言えど食べさせないようにしましょう。

チョコレート以外にも「テオブロミン」が含まれている!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

チョコレートやココアなど、カカオに含まれるテオブロミンについて詳しく記載してきましたが、実はカカオ以外にもテオブロミンを含む食材があるんです。代表的なものとしては、マテ茶やチャノキ、コーラにガラナ、コーヒーノキなどが挙げられます。カカオと同じく、主に植物に多く含まれています。この中でも特にマテ茶は市販されているので、取り扱いには注意が必要です。

ちなみに「コーラ」は飲み物のコーラではなく、コラノキ属の植物全般のことを指します。昔はこのコーラが飲料のコーラの原材料だったようですが、現在のコーラにはほとんど使われていないそうです。ただし飲料のコーラにはカフェインや砂糖が多く含まれているので、猫に与えてはいけないことは変わりません。

猫がチョコを食べてしまった!そんなときの対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

目の前で猫がチョコレートを食べてしまった場合、すぐに吐き出させるのがベストです。口の中にチョコレートが残っているなら指でかき出し、飲み込んでしまっていたら綿棒を口に入れ、下の奥を押して刺激すると吐かせる方法もありますが、噛まれてケガをする可能性もありますし、難しくて現実的ではないかもしれません。その場合はすぐに受診しましょう。

・猫がチョコレートを食べたかどうかはわからないが、食べてしまったかもしれない…。
・体調が急に悪化した。症状がどうもチョコレートを食べた際の中毒症状に当てはまる…。

やはり、こういった場合もすぐに動物病院を受診しましょう。原因がわからない以上、無理に吐かせるのは危険です。吐かせるのは摂取後数時間ほどたっていても効果があるとされているので、まずは落ち着いてかかりつけの病院に電話しましょう。テオブロミンが膀胱から再吸収しないために、尿道にカテーテルを挿入するという処置がとられることもあります。

上記した2つのケースのいずれも、個体やチョコの種類によって致死量が異なるので、すぐに動物病院へ行って処置してもらうことが大切です。受診する際は、どのくらいの量を食べたのか、どんな種類のチョコレートを食べたのかなどを詳細に説明しましょう。嘔吐物や排泄物があれば、スマホなどで写真を撮っておくと治療の参考になりますよ。

チョコやココアの取り扱いには要注意

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

チョコ菓子やココア粉末、お菓子作り用のチョコレートパウダーなどが常備されている家庭も多いかと思います。猫が誤食をしないよう、チョコレートやココアの取り扱いには十分に注意する必要がありますね。基本は、猫の生活圏内にチョコレートを置かない、チョコレートを食べないことです。置いておくのは言わずもがなですが、猫の前で食べるのもご法度。気付かずに落としたチョコレートを食べてしまうかもしれませんし、チョコレートに興味をそそられて盗み食いをするおそれがあります。

そして盲点なのが高い所。ここなら届かないだろうという場所でも、身軽な猫にとっては行動範囲内かもしれません。飼い主さんが「登っているところを見たことがない」という場所でも、実は飼い主さんの不在時に行き来している可能性もあります。高い所の戸棚も同じくです。猫は器用なので、簡単に開けてしまうこともあります。

おすすめの保管場所は冷蔵庫です。冷蔵庫の扉を開ける猫というのは聞いたことがありませんし、普段締めておく場所なのでうっかり開けっ放しにしておく心配もありません。しかし、ココアパウダーなどを気付かないうちにこぼしているおそれもあるので、念のためキッチンの出入り自体をできないようにするとベストですね。キッチンの入り口には、侵入防止用のフェンスやゲートを取り付けておくと安心でしょう。

チョコレートは、少量でも愛猫の命を脅かすおそれのある危険な食べ物です。誤食させないようにするのが基本中の基本ですが、万が一食べてしまった時は慌てずに対処し、速やかに動物病院を受診しましょうね。

出典元/『ねこのきもち』「猫に与えてOK?NG? 食べ物図鑑」(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高崎一哉先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/higarina
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る