1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 寒い季節の猫のお留守番対策と暖房器具の取り入れ方・注意点について

寒い季節の猫のお留守番対策と暖房器具の取り入れ方・注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サバンナ出身の猫は暑さより寒さが苦手です。特に飼い猫はノラ猫に比べて寒暖差が苦手で順応する力が弱いため、冬支度は寒くなる前にするのが望ましいのだそう。

今回は、寒い季節のお留守番対策についてご紹介します。暖房器具を使わないエコな方法もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

暖かいくつろぎスペースを作ろう

高いところにくつろぎスペースを

高いところに居場所を作る

暖かい空気は上の方にたまるので、猫タワーや家具の上など、高い場所に猫のくつろげるスペースを作れば暖がとりやすいでしょう。天井に近いほど暖かさはアップしますよ。

毛布やもこもこクッションをプラスする

リビングでくつろぐT・Yさんと猫

いつもくつろぐソファやイスに、毛布を1枚かけるだけでも暖かさがアップして、猫のお気に入りスポットに。特に冬は猫が静電気をためがちなので、帯電防止加工が施されているものがおすすめです。

また、クッションもあったか素材に替えると暖かさがさらにアップします。毛足が長いもこもこ素材は繊維が湿気を保ち、加湿効果も期待できます。乾燥しがちな冬は多めに置くと◎。

晴れの日は日向ぼっこ

日向ぼっこ

冬でも、南向きの窓からの日差しはかなりの暖かさをもたらします。日の入る窓のカーテンを開け、猫が日向ぼっこできるよう、くつろぎスペースを作ってあげましょう。ただし、日が沈むと冷え込んでくるので、帰宅が遅くなる場合は薄手のカーテンを閉めておいてくださいね。

暖房器具の取り入れ方・注意点

こたつでくつろぐ猫

暖房器具を使えば効率よくカンタンに部屋を暖められますが、お留守番中に使うと予期せぬトラブルに繋がるおそれがあるので注意が必要です。

なるべく短時間で賢く使う

暖房器具の留守中の使用は、なるべく短い時間ですむように工夫しましょう。以下の使い方を参考にしてみてください。

・こたつやホットカーペットは“強”で温めておいて、出かける直前に電源を切る。
・エアコンや床暖房は、タイマーで夕方からつくように設定する。

特に気をつけたい3大事故

・やけど
ヒーターやストーブへの接触によるやけどには特に注意が必要です。猫が近づかないよう囲いをするなどの対策をしていても、人目のないお留守番どきの使用は避けましょう。

・感電
猫がコードを噛むことで起きる感電に注意。お留守番どきは、コンセントが必要な暖房器具の使用は避け、普段からコンセントやコードには感電防止のカバーをしましょう。

・脱水
猫は暑くなれば自分でこたつから出るものですが、寝続けた場合などに脱水状態になることも。留守にするときは使用を避けましょう。

・そのほか
湯船のフタの上は温かいので、猫が乗ってしまうことがあります。何かの拍子に落ちて溺れるキケンがあるので、浴室のドアは閉めておきましょう。ドアに鍵がかけられない場合は、お湯を抜いておいてください。

暖房器具を使わないエコな対策

こたつ風防寒スポットでくつろぐ猫

お留守番どきに暖房器具を使わず暖まれるスペースがあると安心安全ですよね。カンタンに手作りできるものをご紹介します。

こたつ風防寒スポット

こたつ風防寒スポット

ラグマットの上に小さめのテーブルを置き、上面にふわふわの布をかけます。猫が出入りしやすいように、大きめの洗濯ばさみなどで1カ所たくし上げて留めれば完成!中に猫ベッドを置いておくとさらに暖かさがアップしますよ。

カンタン猫ベッド

カンタン猫ベッド

お留守番どきに飼い主さんのニオイ付きのものがあると猫は安心できます。そこで、飼い主さんが着ていたふわふわ素材のウェアをベッドの代わりにすれば、暖かさと安心の両方を感じられますよ。

猫ベッドの作り方

作り方はカンタン!まず、襟元を背中側に折ります。

猫ベッドの作り方

次に、丸くカーブするように袖を整えます。

猫ベッドの作り方

袖口を合わせて折り返したら完成!

お部屋や愛猫に合った対策を考えるのも楽しそうですね。ぜひ本格的な寒さがやってくる前に、愛猫が快適に過ごせる環境を整えてあげてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2017年11月号『部屋ごとに寒さ対策しよう 私と猫の冬ごもり計画』(監修:モノカどうぶつ病院院長 小林清佳先生)
文/Richa

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る