1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 〈PR〉猫がうれしい部屋づくりの工夫って?

〈PR〉猫がうれしい部屋づくりの工夫って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるでサバンナにいるみたい!? 「縦横無尽」な部屋をDIYで

伊東武志さん @graphica_ito

カメラマンでもある伊東さんは、数年前に購入したマンションをリフォームし、奥様と元保護猫のミニョンちゃん、ビケくん、そしてカメやイグアナなどのエキゾチックアニマルと暮らしています。カメラマンらしいクリエイティブな空間は、伊東さん自らも施工。現在も、動物たちの快適を追求して進化を続けています。

流木の支柱がインパクト大な猫タワー

「いかにも」な既製品のデザインが好みでなかったため、手作りしたという猫タワー。右側のタワーの支柱となっているのはなんと流木。「海外のサイトを見漁って情報収集しました。部屋の中に木が生えていたらかわいいなと思って。海で拾った流木は車に乗らなくて、2つにカットして持ち帰りました(笑)」

左のタワーは2×4材を梁と床に突っ張らせ、そこに棚を打ち込んだそう。「いつでも構成が変えられるよう、壁に穴を開けない方法を選びました」。一般的な猫タワーは水平な棚が多いですが、箱になっているので猫が安心できそうですね。

LDKを縦横無尽に巡れるキャットウォーク

こちらも手作りのキャットウォーク。壁に沿わせるのではなく、天井に巡らせています。冷蔵庫→お酒の棚→キャットウォークという流れで、猫が自由にLDKを駆け巡られる動線を意識した作りに。天板には軽めの集成材を使用し、表面には滑り止めを施したそう。

「最初に苦労して作った吊り橋は、猫たちはグラつきを怖がって使ってくれず・・・・・。仕方なく棚板にしましたが、猫はそういうものだと思っているので、作り直しは苦ではない、というか、猫のDIYはそういうものだと思っています」。

猫も子どもも快適・安全に暮らせる部屋づくり

*ごまむぎきび*さん @gomamugi_kibi

やんちゃ盛りの3人の男児と3匹の猫たちがともに暮らす*ごまむぎきび*さん宅。生活の変化に伴ってよく模様替えをするというお部屋は、猫が元気に、また小さな子どもと猫が楽しく安全に暮らすためのアイデアにあふれています。

トイレ砂に「触らせない」ためのトイレカバー

小さなお子さんがいる*ごまむぎきび*さんは、ハイハイを始めたお子さんがトイレ砂に触れてしまうのを防ぐために、手作りでカバーを設置しようと思ったそう。

「たまたまIKEAで購入していたミニデスクがトイレのサイズにピッタリでした。ミニデスクの下にトイレを収め、ホームセンターで購入したプラスチックダンボールで三方を囲み、出入り口はアクリル版をくり抜いて作りました」。

材料を白に統一することで、インテリアにも馴染み、すっきりした印象になっています。

こちらはリニューアル後。状況に合わせて気軽に補修、リニューアルできるのもDIYのいいところですね。

猫それぞれの健康状態に合わせて分けられる食事スペース

複数の猫がいる場合、それぞれの猫に食べ物を指定して与えるのは簡単なことではありません。*ごまむぎきび*さん宅の場合、茶トラのごまちゃんが尿路結石を患っていたとき、同居猫のむぎちゃんんがごまちゃんの療法食を食べたり、療法食を食べてほしいごまちゃんがむぎちゃんの通常食を食べてしまったそう。

それを少しでも防げるよう、IKEAで購入していた棚で2階建ての食事スペースを制作。「その後、今年新入りのきびちゃんも加わって、みんな違うゴハンを食べている時期があったので、とても助かりました」。

猫と暮らすために建てた家

maru_homeさん @maru_miagorale

共働きご夫婦と、こたろーくんが暮らすmaru_homeさん宅は、2016年に新築。家を建てたら猫を迎えることを決めていたそうで、猫が暮らす前提で家造りをしたのだとか。随所に猫が喜ぶ工夫が見られます。

吹き抜け空間に設置された箱型キャットウォーク

吹き抜けリビングの壁には箱型のキャットウォークがあり、猫がそのまま2階に行ける構造に。家を作るときに最優先したのが、このキャットウォークなのだそう。「飾り棚としても機能させたかったので箱型にしました」

猫を飼っているとなかなか雑貨などが飾りにくい面がありますが、これなら落とされる心配もなさそうですね。

夏は猫の “避暑地”になる土間

夏は猫が涼をとれるように、シューズクロークを土間に。玄関ホールも扉で仕切れるようにし、脱走対策も万全です。ほかにも、2階の窓から外が見られるように窓辺に棚板を設置してもらったり、人の食べ物を食べないよう、キッチンの背面収納は扉付きにしたりと、随所に注文住宅ならではの工夫が凝らされています。

いかがでしたか?
“ルームメイト”ともいえる猫たちと末永く楽しく暮らすためには、ちょっとした心がけでできる住まいの工夫がたくさんあります。できることから取り入れてみたいですね。

猫も人も幸せでいられる“未来”を実現する家を建てよう!「ねこと私の家」プロジェクト
特設サイトはこちら>

提供/タマホーム「ねこと私の家」プロジェクト with ねこのきもち

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る