1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. ちょっと待った! その寒さ対策、猫にはストレスかも!?

ちょっと待った! その寒さ対策、猫にはストレスかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の寒さ対策、きちんとできていますか?

猫ベッドの猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は寒さに敏感な動物です。ですから冬は寒さ対策が大切ですが、ときに、よかれと思って飼い主さんがしたその寒さ対策が、猫の負担になることも。

今回は、寒さ対策に欠かせない暖房器具の正しい使い方について、ご紹介します。

こんな寒さ対策は、じつはNGです!

みなさんは、間違った暖房器具の使い方をしていませんか?
イラストと合わせて、NGな使い方と、その理由を見てみましょう。

イラスト/ツキシロクミ

●温度を28℃に設定している
夏は冷房を28℃に設定するのが理想です。
しかし、暖房で28℃に設定すると、部屋が暖まり過ぎて猫が暑がる可能性があります。

●暖房器具を複数使っている
いくつもの器具を併用すると、やはり部屋が暖まり過ぎてしまう可能性が。

●全部屋で暖房をフル稼働している
すべての部屋を暖めると、猫が暑いと思ったときに涼める場所がなくなってしまいます。

猫のための、正しい暖房器具の使い方って?

飼い猫といえど、もとは外で暮らしていたため、ある程度は自分で防寒できる動物です。
熱中症や低温やけどなどのトラブルも起こり得るほか、暖房器具を巡って、同居猫や飼い主さんとの関係を悪化させてしまう可能性も。

そういったストレスを与えないよう、暖房器具を使うときは、次のように、猫の「快適さ」を意識&工夫できるといいでしょう。

「点」よりは「面」が暖まる器具を使う

イラスト/ツキシロクミ

猫に使うなら、暖房やホットカーペット、オイルヒーターなど、部屋全体を温める器具の方がベター。
暖まるまでの時間も「じんわり」なので、猫への負担も少ないでしょう。

暖房器具を使わない部屋もつくる

イラスト/ツキシロクミ

暖房が効いている部屋と、少しひんやりした部屋を猫が行き来できるようにすると○。
部屋ごとに室温を変えれば、猫が好みの温度の部屋を選ぶことができます。

室温は基本23℃前後に

暖房の設定温度は、猫が快適と感じる22~24℃が目安。
とくに夜は冷え込むので、帰宅がふだんより遅くなるときなどは、タイマーを設定してもいいでしょう。




そのほか、猫は冬になると飲水量が減ったり、トイレを我慢してしまうことも。
ですから、食事やトイレ環境もしっかりと配慮することが大切です。

水を飲む猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
参考/「ねこのきもち」2018年12月号『冬のストレス、大丈夫?』(監修/獣医師 藤井仁美先生)
イラスト/ツキシロクミ
文/Monika

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る