1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 便秘や粗相の原因に!? やりすぎNGな猫の「トイレのお世話」3選

猫と暮らす

UP DATE

便秘や粗相の原因に!? やりすぎNGな猫の「トイレのお世話」3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛猫のために!」と思い、過剰なお世話をしてしまう……心当たりのある飼い主さんはいませんか?

でも、やりすぎなお世話は愛猫の健康や、飼い主さんとの関係性を悪化させてしまうことがあるみたいなんです。

そこでこの記事では、やりすぎると危険なお世話【トイレ編】について解説します!

①ウンチをしたあと、毎回お尻を拭く→やりすぎお世話!

やりすぎると危険なお世話
イラスト/おぐらなおみ

猫の性格にもよりますが、捕まえられてお尻を拭かれることにストレスを感じる猫は少なくないでしょう。

とくに、ウンチのあとすぐにお尻を拭かれる経験を繰り返していると、「トイレでウンチをすること」と「お尻を拭かれること」を結びつけて覚えてしまう可能性も!

その結果、ウンチを我慢して便秘になるなど健康を害したり、トイレ以外の場所で隠れてウンチをするようになることもあるようです。

【こうすればOK】長毛で汚れやすいなら、毛をカットしてあげて

やりすぎると危険なお世話
参考/「ねこのきもち」2017年2月号

猫は通常、とてもキレのよいウンチをします。また、自分で舐めてきれいにするので、拭く必要はありません。

長毛の猫でお尻周りの毛が汚れやすい場合は、トリミングの際にお尻周りの毛をカットしてもらいましょう。

高齢の猫や病気の猫であれば、汚れが付いている場合のみ、湿らせたコットンなどで優しく拭いてあげて。

②排泄の様子を観察しようと、トイレの近くでジッと見たり声をかける→やりすぎお世話!

やりすぎると危険なお世話
イラスト/おぐらなおみ

人が見ている前で排泄することを何とも思わない猫もいますが、「嫌だな」と感じる猫も少なくありません。

排泄中の猫はとても無防備な体勢になるので、他者が近くにいると本能的に落ち着かない気分になるようです。

その結果、そのトイレで排泄しなくなる可能性も。

【こうすればOK】落ち着ける場所に猫トイレを設置。観察するなら、離れてさりげなく

やりすぎると危険なお世話
参考/「ねこのきもち」2017年2月号

猫トイレは、なるべく人が通らず、猫が落ち着いて排泄できる環境に設置しましょう。

もし猫の排泄の様子を観察するときは、猫に気づかれないよう少し離れたところから、さりげなくチェックするよう心がけてあげてくださいね。

③猫トイレのニオイが気になるからと、人用の香りの強い芳香剤を使う→やりすぎお世話!

トイレをするブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は、ニオイにとても敏感です。人用の香りの強い芳香剤は、人にとってはいい香りでも、猫には不快な場合があるのです。

また、トイレは猫にとって大切な場所なので、少しでも不快に感じる要素があると「その場所では排泄したくない」と感じ、粗相の原因になることも。

【こうすればOK】まずはトイレ掃除をこまめに。それでも気になるなら、消臭タイプのものを使って

まずは、ニオイがこもらないよう、トイレ掃除をこまめに行い、キレイ・清潔を保つことが大切です。

そのうえでニオイが気になるなら、芳香成分が入っていない脱臭・消臭成分のみのものや、ペット専用のものを使うようにしましょう。

容器のお手入れや砂の入れ替えもこまめに!

トイレをするサバトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

東京都新宿区にある聖母坂どうぶつ病院獣医師の鵜飼佳実先生に、猫トイレのニオイが気になる場合のアドバイスを教えてもらいました!

「猫トイレから漂うニオイは、排泄物そのものだけでなく、容器やトイレ砂に原因があることも。月に1〜2回は容器をお手入れ(丸洗い・消毒)し、砂を総入れ替えすることでニオイが軽減する場合もあります」

見つめるラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

トイレは、猫にとってとても大切です。お世話をやりすぎていないか、愛猫のためにも飼い主さんはチェックしてみてくださいね!


参考/「ねこのきもち」2017年2月号『よかれと思ってやっていることが、健康や関係性に影響することも やり過ぎると危険なお世話』
(監修:東京都新宿区にある聖母坂どうぶつ病院獣医師 鵜飼佳実先生)
イラスト/おぐらなおみ
※一部の写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る