1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 憧れ! 愛猫とハイタッチできる猫とのコミュニケーション法

猫と暮らす

UP DATE

憧れ! 愛猫とハイタッチできる猫とのコミュニケーション法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人同士で行うハイタッチは挨拶にも使われますが、喜びを分かち合うシーンで使われることも。
このハイタッチを愛猫ともしてみたいと思いませんか?

今回は、猫に「ハイタッチ」や「腕タッチ」を覚えてもらう方法をご紹介します。

「タッチ」を教えるために使うものは2つ

タッチ
「ねこのきもち」2016年10月号

猫が好きなおやつ

「タッチ」が成功したら、ご褒美に「おやつ」を与える用に好きなおやつを用意してくださいね。小さくカットして、成功したら1つずつ与えます。

カチッと音がするもの

猫のトレーニングに使用するアイテムとして、カチッという音を出す「クリッカー」というものがあります。こちらはペットショップなどで購入できますが、なければノック式のボールペンを用意してくださいね。「タン!」と舌でクリック音を出してもいいですよ!

合図とおやつのタイミング

呼んだ?
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

コミュニケーショントレーニングの前に、ここでひとつお約束。

愛猫とタッチができた瞬間に、タイミングよくおやつを与えるのは難しいものです。そのため、成功した瞬間にカチッと音を鳴らす、そしておやつを1つ与える、という順番にするのがポイントです。

この行動を繰り返すうちに、猫は「カチッと音がすれば成功」と理解するようになりますよ。

「ハイタッチ」は、よく前足を出す猫におすすめ

飼い主さんがおやつやフードを持つ手を、ふだんから前足で触ってくる猫なら、「ハイタッチ」を覚えるのが早いでしょう。

ハイタッチを教える方法

ハイタッチ1
「ねこのきもち」2016年10月号

①おやつが見えるように持った手を、猫の顔の高さに出します。

ハイタッチ2
「ねこのきもち」2016年10月号

②飼い主さんの手に猫が前足を付けたら成功です。カチッと音を出してから、おやつを与えてください。

ハイタッチ3
「ねこのきもち」2016年10月号

③つぎに、おやつを持っていない手を軽く握って猫の前に出します。猫が前足を付けたら成功。音を鳴らし、おやつをあげてください。

ハイタッチ4
「ねこのきもち」2016年10月号

④軽く握っていた手を徐々に開き、手のひらを見せていきます。その手に猫が前足を付けたら「ハイタッチ」の成功です。音を出しておやつをあげてください。

「腕タッチ」は、よく後ろ足で立ち上がる猫におすすめ

ふだんから後ろ足で立ち上がることが多い猫には、「腕タッチ」を教えるのがおすすめです。

腕タッチを教える方法

腕タッチ1
「ねこのきもち」2016年10月号

①猫が座っているとき、鼻先に指を出します。

おやつ
「ねこのきもち」2016年10月号

②猫が指を見たら、そのまま上を向くように誘導しましょう。このとき上を向いたら、一旦成功として音とおやつをあげてもOKです。

腕タッチ2
「ねこのきもち」2016年10月号

③猫が上を向いたら、ゆっくりと指先を上へあげていきます。このとき、猫を引っ張り上げるイメージで行うといいでしょう。両前足を浮かせた時点で一旦成功として、音を出しおやつをあげてもOKです。

腕タッチ3
「ねこのきもち」2016年10月号

④猫が後ろ足で立ち上がるポーズになったら、見せている指先と反対の腕を、猫の前足の下に入れます。猫が腕に前足をかけたら「腕タッチ」の成功です。音を出しておやつをあげてください。

ふだんから行うしぐさの延長線なら成功しやすいので、早く覚えてくれるでしょう。少しずつ何回かに分けて覚えてもらうのがコツですよ。

参考/「ねこのきもち」2016年10月号『猫がワクワク “手”の動きと“音”で通じ合う コミュトレ(コミュニケーショントレーニング)やってみよう』(監修:愛玩動物飼養管理士 坂崎清歌先生)
文/HONTAKA
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る