1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 〈PR〉動物行動学の専門家に教わる猫が幸せに暮らせる環境づくりーHappy Life & Home 講座

猫と暮らす

UP DATE

〈PR〉動物行動学の専門家に教わる猫が幸せに暮らせる環境づくりーHappy Life & Home 講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫目線に寄り添って、猫も人もハッピーな家をつくる計画「『ねこと私の家』プロジェクト」。 今回は、行動学にくわしい専門家・藤井仁美先生が猫にとって幸せな室内環境づくりを学術的に解説します。

藤井先生
講師:藤井仁美先生
獣医師、獣医行動診療科認定医、ペット行動カウンセラー。東京都の代官山動物病院と自由が丘動物医療センターで、行動診療を行う。愛猫は小春ちゃん(メス・13才)

猫が求める5つの「こんな風に暮らしたいなぁ」

近年では完全室内飼いが一般的になり、飼い猫にとって「家」とは、「一生をそこで過ごす場所」になりました。つまり、快適でストレスのない環境は、猫の心と体の健康を保つほか、生きがいそのものにも影響します。猫の欲求を理解し、猫目線に立った環境を整えて、飼い主さんも愛猫もずっとハッピーに暮らしましょう!

※このページでは、米国と欧州の獣医師・動物行動学の専門家たちによって2013年に発表された「猫が健康で快適に過ごせる環境についてのガイドライン」の5つの柱を、藤井先生のアドバイスをもとにわかりやすく再構成しています。

1.安心できる居場所が欲しいなぁ


猫は本来、木の上に登っていた習性から、周囲を見渡せる高さのある場所を好みます。また、岩穴などで休息していた名残で、身を隠せる狭くて暗い場所でも安心感を得ます。よって、これら2つの居場所を用意しましょう。キャリーケースを猫ベッド代わりに置くのも◎。通院や、災害時に避難する際にも、猫が中でストレスを感じにくく安心できます。

2.グッズや居場所は自由に決めたいなぁ


排泄場所の近くで食事したり、食事場所の近くで水を飲むことを嫌う猫もいます。猫トイレやフード・水飲み容器など、猫が室内で暮らすうえでの必需品は、こうした習性を考えて置くと理想的です。また、猫ベッドや爪とぎ器なども、猫によって素材や形状の好みが分かれます。種類の違うものを複数個用意し、猫自身が選べるようにしましょう。

3. “狩り”みたいなことしたいなぁ


猫は肉食動物で、野生では自力で獲物を捕まえていました。室内暮らしでも、おもちゃで遊んで狩りの体験をさせてあげましょう。短い時間でもいいので、遊びの回数を多くして。とくにドライフードを活用すると、猫の捕食本能を満たしてあげられます。転がすと中からドライフードが出てくる知育おもちゃなら、猫だけでの留守番中も遊べます。

4.好きなときに人と関わりたいなぁ


室内飼いによって、飼い主さんと猫との関係はより密接になっています。しかし猫はもともと単独行動で「自分で決めたい」性質をもつので、できる限り猫本位の関係性を築くことが大切です。強制的なスキンシップや、猫が予測できず驚くようなことをするのは避けて。猫から近寄ってきたときが、スキンシップのチャンスです。

5.好きなニオイで満たされたいなぁ


なわばりを重視する猫にとって「ニオイ」は重要な情報。壁や家具に顔や体をこすり付けたり、爪とぎをしたりする「マーキング」で、周囲を自分のニオイで満たし安心します。人が外から持ち込むニオイに強く反応することも。とくに香水などの人工的な刺激臭や、猫トイレに残ったニオイは苦手なので、取り除くことが大切です。

愛猫も飼い主さんもともにハッピーに暮らせる家づくりを考えよう!「ねこと私の家」プロジェクト絶賛進行中!
特設サイトはこちら>


提供:タマホーム「ねこと私の家」プロジェクトwithねこのきもち

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る