1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 〈PR〉猫のためにできる、住まいの防災対策は?

猫と暮らす

UP DATE

〈PR〉猫のためにできる、住まいの防災対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫との暮らしの中で、地震などの災害が起こってしまう可能性はゼロではありません。そのときに愛猫の安全を守るため、あらかじめできる住まいの防災対策を紹介します。

家具や猫グッズを固定して転倒・落下を防ぐ

震災時、倒れた家具や落下物でケガをしないよう、家具の固定をしておきましょう。猫の落下を防ぐため、猫ベッドの下に滑り止めシートを敷くのもおすすめです。また、万が一家具が倒れてしまったとき、中のものが飛び出さないよう開き戸用ロックをつけるなどの対策もしておくと安心です。

キャリーケースなどで避難場所をつくる

愛猫が安心して逃げ込める場所として、ふだんからキャリーケースを部屋に置いておくと、もしもの災害のときに逃げ込んだ愛猫をすみやかに運び出して避難することができます。可能なら、各部屋に1つ置いて、どの部屋にも避難場所をつくっておきましょう。

Lightspruch/gettyimages

留守番時には猫の通路の確保を

飼い主さんの不在時に災害が起きたときでも、猫が閉じ込められることがないような工夫をしましょう。ドアは猫の頭が通る幅は最低限開けて、ストッパーで固定しておくと、もしものときに猫の逃げ道になります。

ふだんの生活でケージを活用する

猫はもともと囲まれた場所が好きなので、うまく慣れさせれば、ケージの中で安心して過ごすことができます。そして、もし避難生活の際、ケージで過ごすことになったときもストレスがかかりにくいでしょう。

いざというときのために猫との生活環境を見直そう

いざ大災害が発生してからでは、できることはほとんどなくなってしまうもの。災害が起きた時のことをイメージし、もしものときに愛猫を守れるよう生活環境を見直してみましょう。

愛猫も飼い主さんも幸せに暮らせる家を考える「ねこと私の家」プロジェクト!
特設サイトはこちら>


提供:タマホーム「ねこと私の家」プロジェクトwithねこのきもち

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る