1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 一人暮らしで猫を飼う! 確認しておきたい6つのポイント

猫と暮らす

UP DATE

一人暮らしで猫を飼う! 確認しておきたい6つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「猫を飼いたいけど、一人でも飼えるかな?」「仕事の間、お留守番させても大丈夫?」など、一人暮らしで猫を飼うには不安を持つ人も多いかもしれません。

家族として猫を迎え入れるかどうか検討する際に、必ずクリアしておきたい6つのポイントをご紹介します。

1. 住んでいる(住む予定の)住居の条件

ティッシュの箱がお気に入り♪ノルウェージアンフォレストキャットのとらきち
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

持ち家であれば問題ないのですが、住居が「猫可」の物件であるかどうかは、非常に大切なポイントです。「ペット可」の物件でも、「小型犬のみ」という場合もあります。必ず「猫可」であることを確認しましょう。

2. 猫が病気にかかったら?

ペットホテルにて、MIX白のレオ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「仕事から帰ったら猫の具合が悪い」「病院へ連れて行きたいけど仕事の休みが取れない」といったことがよくあります。
そういった場合を想定して、夜間救急対応をしている動物病院を探しておいたり、家族・友人などに病気の際の通院を手伝ってもらえるよう、あらかじめ頼んでおいたりしましょう。

3. 費用について

お小遣いゲット!MIX黒×白のプリン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫を飼うには費用がかかります。猫の食事やトイレをはじめ、ワクチンなどの疾患予防や避妊・去勢手術、予期せぬ病気など、意外と支出も多いもの。

そういった費用を用意することができるのかを確認しておくことも必要です。

4. 猫の運動量を確保できるか

ジャーンプ!MIXキジトラの七味
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

もちろん個人差はありますが、一人暮らしだと部屋があまり広くない場合が多いですよね。
部屋が狭いと運動量が減ってしまいがちなので、その分たっぷり遊ばせてあげることで猫の運動量を確保するお部屋の工夫も必要です。

猫は高い所を好む習性がありますので、キャットタワーを設置してあげるのもおすすめです。

5. 誰かと同居することになったら?

一緒だとあったかい。ペルシャのかぼす
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

今は一人暮らしでも、この先誰かと同居することになるかもしれません。その際、同居する人は猫に理解を示してくれるか、といったことも考える必要があります。

6. 一生責任を持って飼えるのか

両腕だらーん、スコティッシュフォールドのゆきち
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

これは今まであげたポイントの中で、最も重要なことです。猫を最後まで責任を持って飼うことができるのか。
もしかしたら、自分が病気になるかもしれない、仕事が忙しくなるかもしれない、転勤になるかもしれない……など。人生には、どんな転機があるか分かりません。

厳しいことを言うようですが、そんな転機が訪れたときに「自分の都合だけで猫が飼えなくなる」ようであれば、猫を飼うべきではありません。
猫も人と同じく大切な命なのです。最後まで責任を取ることができる人だけ、猫を飼うようにしてください。

この6つのポイントを確認して、問題なく飼えると思うのであれば、一人暮らしでも猫を飼うことはできます。
きちんとお留守番の準備をしていれば、猫はちゃんとあなたの帰りを待っていてくれます。
「好き」だけではなく、本当に飼えるのかどうか事前にしっかり確認しておきましょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「一人暮らしでも、猫が飼いたい! 絶対に押さえておきたい6つのポイント」

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『一人暮らしでも、猫が飼いたい! 絶対に押さえておきたい6つのポイント』(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
文/gyo
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る