1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の鳴き声がいつもと違って変! 考えられる3つのケースとは

猫と暮らす

UP DATE

猫の鳴き声がいつもと違って変! 考えられる3つのケースとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛猫の鳴き声がいつもと違う気がする……」


そんなとき、飼い主さんは不安になってしまうでしょう。

今回は、猫の鳴き声がふだんと違うときに考えられる3つのケースについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫のいつもの鳴き声を把握しよう

鳴く猫
getty

猫の鳴き声にもバリエーションはありますが、「ニャー」という声で、大きさや長さ、高さなどを組み合わせて猫の気持ちをあらわしています。

落ち着いている猫や、人と1対1で暮らしているようなお世話が行き届いている生活環境では、あまり鳴かない猫も。

一緒に生活をしている猫の鳴き声がふだんはどのような声で、またどのような状況下で鳴いているのかを、飼い主さんは把握しておくとよいでしょう。   

猫の鳴き声がいつもと違うときに考えられる3つのこと

見つめる猫
getty

猫がふだんとは違う鳴き声をするときに考えられるものとしては、以下の3つのようなことがあります。

①発情

性的に成熟した猫は、発情シーズンになると交尾の相手を求めて独特な声で鳴くようになります。

オスは太めで低く、メスは高めと声にも違いがあります。鳴き声で相手を呼んだり、自分の存在をアピールしたりします。

②喉の炎症

見上げる猫
getty

喉に炎症がある場合にも、鳴き声に異変が見られます。炎症の原因としては……

  • 環境の変化や、飼い主さんが長時間にわたっていないなどの状況下で、長時間鳴き続ける
  • 感染症などにより喉に炎症が起こっている


上記のようなケースでは、声が出なかったり、かすれることがあります。

③尿石症

排尿時の激しい痛みにより、つらそうに唸るように鳴くことがあります。また、鳴きながら震えたり、うずくまってしまう猫もいます。

診察を受ける猫
getty

愛猫がいつもと違う鳴き声をしたときには、まずは愛猫の状態を確認しましょう。鳴き声だけではなく、ほかの症状がないかどうかもチェックしてください。

違和感や心配なことがあれば動物病院に相談したり、受診することをおすすめします。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る