1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫カゼに注意! 軽く考えていると重症化のおそれも…

猫と暮らす

UP DATE

猫カゼに注意! 軽く考えていると重症化のおそれも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くしゃみや鼻水などの症状がある猫を「風邪かな」と軽く考え、放っておいてはいけません。
「猫カゼ」は重症化や再発のおそれもある、やっかいな病気です。そうなると、猫自身も大変つらい思いをすることになってしまいます。

今回は、猫カゼの原因や症状、予防法などをご紹介します。

猫カゼの原因とは

カメラにポーズ、スコティッシュフォールドのモカ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫カゼは、細菌やウイルスに感染することで引き起こされる病気です。
「ヘルペスウイルス」の感染による「猫ウイルス性鼻気管炎」や、「カリシウイルス」の感染による「カリシウイルス感染症」などがあげられます。
また、「クラミジア」という細菌も原因のひとつとされています。

猫カゼの主な症状

くしゃみ

普段よりもくしゃみの回数が多くなります。ウイルス感染による猫カゼのくしゃみは、鼻水をともなうことが多いようです。

鼻水

猫カゼになった初期のころは水っぽい鼻水ですが、その後、細菌感染を引き起こすと黄色や緑色の粘り気のある鼻水に。
その鼻水が次第に固まりだし、鼻腔内にとどまって鼻づまりを起こしてしまいます。鼻づまりによって呼吸がしにくくなると味覚も鈍くなり、食欲低下へとつながることも。

発熱

一般的な猫の平熱は38度台ですが、発熱すると40度を超えるケースもあり、猫の体に負担がかかります。普段よりも熱っぽいと感じたら、動物病院を受診しましょう。

目の周りの症状

猫カゼから「結膜炎」や「角膜炎」を引き起こすおそれもあります。
結膜炎になると、目の充血やかゆみ、涙や目ヤニの量が増えるといった症状が見られます。
角膜炎は、目の痛みが強く出ることがあり、目をしばしばさせたり開けられなくなったりすることも。悪化する前に、早めの受診が必要です。

口の症状

「口内炎」や「舌炎」を起こすことがあり、その場合は口の中に痛みがあるため食欲が低下したり、よだれが出たりすることも。

のどの症状

のどが腫れて、痛みや乾いたせき、声がかすれて出ないなどの症状も見られます。

猫カゼを放っておくと重症化することも

へそ天、ブリティッシュショートヘアのもも
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫カゼの原因となるウイルスや細菌が混合感染をすると、さまざまな症状におそわれ長期化するおそれも。特に、抵抗力の弱い子猫や高齢の猫の場合、さらに危険な事態に陥る場合も考えられます。

ウイルスは体内に残っている

猫カゼから無事回復したと思っても、完全にウイルスが排出されるわけではなく、猫の体内に潜伏しています。
そのため体力が低下したり、免疫力が弱まったりすると、たとえ回復後であったとしても、猫カゼの症状が再発することがあります。

猫カゼ対策にはワクチン接種が効果的

日なたぼっこをするブリティッシュショートヘアのにかの
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫カゼへの対策としては、その他の病気と同じくワクチン接種がとても効果的です。
3種混合、または4種混合のワクチンを定期的に接種することで、猫ウイルス性鼻気管炎とカリシウイルス感染症、両方の抗体がつくられます。

ワクチンの接種時期・回数は?

ワクチンの接種は、生後1才あたりまでに2~3回、成猫になった後は年に1回のペースで定期的に接種するのが理想です。
ワクチン1回あたりの費用は、3種混合で4~5千円ほどになります。

人の風邪が猫にうつることも、猫カゼが人にうつることもありません。
しかし、猫カゼにかかると、重症化や再発などのおそれがあるため、ワクチン接種などの対策で予防できれば理想的です。
もし、先述したような症状が見られる場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE|【獣医師解説】あなどれない「猫風邪」早期治療が安心のカギ!

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師解説】あなどれない「猫風邪」早期治療が安心のカギ!』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/gyo
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る