1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師解説】あなどれない「猫風邪」早期治療が安心のカギ!

【獣医師解説】あなどれない「猫風邪」早期治療が安心のカギ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

くしゃみや鼻水が出ている猫ちゃんをそのままにしていませんか?人間の風邪と違って、猫の風邪は重症化する可能性もある、決してあなどれない病気です。猫風邪の症状の詳細や自宅での対処法、動物病院へのかかり方と予防法をご紹介します。

猫の風邪「ほうっておけば自然に治る」は危険です

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫風邪とは?原因と症状

猫風邪は、ウイルスや細菌が単独、または混合感染して引き起こされます。原因となるウイルスは2つです。1つはヘルペスウイルスの感染による猫ウイルス性鼻気管炎という病気で、くしゃみや鼻水、発熱、結膜炎や角膜炎による涙や目やになどの症状があらわれます。発症すると長期化することがあります。
2つ目は、カリシウイルスの感染によるカリシウイルス感染症です。症状は猫ウイルス性鼻気管炎と同様、くしゃみや鼻水、発熱のほか、口の中にできる潰瘍、肺炎や呼吸困難をともなうこともある病気です。
また、クラミジアという細菌も原因のひとつです。症状はウイルスによるものと同様、くしゃみや鼻水、結膜炎などがあらわれます。
いずれも一見すると人の風邪症状と同じように感じますが、油断すると重症化することも。特に免疫力の弱い子猫や高齢の猫が、これらの病気になると命を落とす危険もありますので注意が必要です。

具体的な症状例

・くしゃみ
ウイルス感染による猫風邪のくしゃみは、鼻水も一緒に出ることが多いです。くしゃみの回数が普段よりも多くなります。

・鼻水 鼻づまり
猫風邪になったはじめの頃は水っぽい鼻水が、その後、細菌感染を起こすと黄色や緑色の粘りのある鼻水が出てきます。それが次第に固まってくるようになり、鼻腔内にとどまって鼻づまりを起こすようになります。鼻呼吸がしづらくなり味覚も鈍くなるため、食欲が低下することがあります。

・発熱
猫の平熱は38度台ですので、39度5分を超えると発熱していると考えられます。40度台まで上昇するケースもあり、その場合は猫の体に負担がかかりますので、普段より熱っぽいなと感じたら動物病院で診察を受けるようにしましょう。

・結膜炎や角膜炎など目の症状
結膜炎になると、目の充血や痒み、涙や目ヤニが増えるといった症状があらわれます。角膜炎は目の痛みが強く出ることがあり、その場合は目をしばしばしたり開けられない状態になります。掻きこわして悪化させるケースがあるため、早めの受診が必要です。

・口内炎や舌炎など口の症状
特にカリシウイルス感染症による猫風邪では、口内炎や舌炎などのトラブルが起こりやすいです。口の中に痛みがあるため、食欲が低下しよだれが出ることもあります。

・咳や声のかすれなど喉の症状
喉が腫れを起こし、乾いた咳や声がかすれて出ないなどの症状も見られます。喉には痛みが伴います。

猫風邪が危険なワケ

寝そべり
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

重症化する可能性がある

猫風邪と言っても人の風邪と違って、長期化したり重症化しやすく、油断できない病気です。原因となるウイルスや細菌が混合感染すると、様々な症状があらわれます。また症状が長期化することも多く、猫の体力を奪い重症化することもあります。
特に抵抗力がない子猫や高齢の猫にとっては、さらに危険な事態になる可能性もあります。

回復後もウイルスは体内に残る

猫風邪になって無事回復した場合でも、ウイルスは猫の体内に潜伏します。完全にウイルスが体内から排出される、というワケではないのです。そうすると、回復後も体力が低下したり免疫力が弱まった際に、猫風邪の症状が再発することがあります。
猫風邪は、人の風邪と違い注意が必要な病気です。症状が出たら、早めに動物病院を受診しましょう。

咳やくしゃみが続くなら動物病院を受診しよう

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

病院での検査内容は?

まずはどのような症状があるか、触診や飼い主さんへの聞き取りなどが行われます。その後、必要に応じて血液検査をすることもあります。

症状に合った薬で治療

治療方法は対症療法がメインとなります。鼻水や鼻づまりには点鼻薬、食欲が低下していたら注射で薬を投与したり、点滴による水和などを行います。薬を飲める場合は飲み薬による治療が進められます。処方される薬は、抗菌薬や解熱剤など、猫の症状に合わせて様々です。
症状が重症と診断された場合は、必要に応じて入院することもあります。費用は地域や動物病院ごとに差があります。

風邪の原因や症状、治療方法などまとめ

家でできる対処法と予防法

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

環境をととのえる

症状の出ている猫がストレスフリーでしっかりと体を休められるよう、生活環境をととのえてあげることが肝心です。室温や湿度を快適に保ち、季節に適した過ごしやすい環境づくりを工夫してみましょう。

食欲が落ちている場合は食事に工夫する

鼻水や鼻づまりになると、味覚が鈍って食欲も落ちてしまいます。また、口内炎による痛みで食べたがらない場合もあります。発熱もある場合、体が食べ物を受け付けないこともあるかもしれません。普段食べているものよりも「食べやすくて美味しいにおいのする食事」を意識してみると良いでしょう。
たとえば通常食べているフードがドライタイプのカリカリの場合、柔らかいウエットタイプに切り替えるのもひとつの方法です。それを温めたりお湯をプラスして、フードのにおいを立ち上らせ猫にわかるようにします。猫の鼻や口の周りにそのフードを少しだけ塗ってみると、ペロッと舐めてくれるはずです。それでも食べない場合は無理強いせず、獣医師に相談しましょう。

ワクチン接種が効果的!

猫風邪を含むその他の病気への対策として、ワクチン接種はとても効果的です。3種混合もしくは4種混合のワクチンを定期的に接種することで、猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症両方に対する抗体が作られます。
ワクチンの接種は、生後1才あたりまでに2~3回で、成猫になった後は1年に1回のペースで定期的に受けるのが理想です。ワクチン1回あたりの費用は3種混合で4千~5千円ほどになります。
猫風邪はかかってしまうと大変な病気ですが、ワクチン接種によってこれを防ぐ効果が期待できます。万が一かかったとしても症状が軽くて済むので、ワクチン接種で先手を打つのは賢い予防法と言えます。

人間の風邪は感染する?

人間の風邪が猫に感染するということはありません。また猫風邪が人間にうつることもありません。ただ、外出先から帰宅した人間が猫風邪の原因菌を持ち込んで、猫に感染するという可能性はあります。
多頭飼いで1匹が猫風邪になった場合、一緒に暮らす他の猫に感染する可能性は高いです。猫風邪になった猫の唾液や涙などに、ウイルスがたくさん含まれているためです。特にワクチンを接種していない猫の場合、集団感染してしまうので注意が必要となります。

早めの受診で猫の健康を守ろう

猫風邪は風邪と名前が付いているものの、実際は猫にとって辛い症状を引き起こす危険な病気です。予防にはワクチン接種がかなりの効果を発揮しますので、猫を飼い始めたら早めの接種がおすすめです。くしゃみや鼻水などの症状が見られたら、早めに動物病院を受診しましょう。

参考/ねこのきもちWEBMAGAINE「獣医師が教える猫風邪の原因・症状・ほかの猫&人との関わり方」
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/紺道ゆあん

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る