1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 動物病院の「夜間救急」の実態 受診の際のポイントも解説!

猫と暮らす

UP DATE

動物病院の「夜間救急」の実態 受診の際のポイントも解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、動物病院の「夜間救急」にどのようなイメージを持っていますか?

聞いたことはあるけれど、実際にかかったことがないからわからないという人も中にはいるでしょう。

この記事では、夜間救急の実態と受診する際のポイントについて、くわしく解説します。

そもそも「夜間救急」って?

「夜間救急」のウソ・ホント

動物病院が開いているのは通常日中ですが、その診療時間外に対応してくれるのが「救急動物病院」です。

救急動物病院は、「地域の獣医師が交代で、あるいは地元の獣医師会が夜だけ診療するタイプ」「24時間営業タイプ」「獣医師が飼い主宅に行って診察する往診タイプ」などいろいろあります。

この記事では、それらを総称して「夜間救急」としています。

獣医師に聞いた! 「夜間救急」のウソ・ホント

「夜間救急」のウソ・ホント

まずは、飼い主さんから「ねこのきもち」に多く寄せられた「夜間救急のイメージ」を4つピックアップしました。

飼い主さんたちが抱くイメージが合っているのかどうか、東京都江東区にある、ひがし東京夜間救急動物医療センターのセンター長・上野元裕先生の解説をもとに紹介します。

イメージ①:夜間救急に連れて行っても、応急処置しかしてくれないってホント?

体温をはかる猫
getty

→【ウソ】応急処置しかしないと決めているわけではない

夜間救急の役目は、翌日の受診につながる応急処置を施すことです。ですが、「応急処置のみ」と考えているわけではなく、病状によっては緊急手術をすることも。

「できるだけのことをして、その後の治療はかかりつけの動物病院で」と考えている施設が多いでしょう。

イメージ②:夜間救急で診療してくれるのは、新米の獣医さんだけってホント?

→【ウソ】必ずしもそういうわけではない

どのようなキャリアの獣医師が夜間の診療を担当するかは、動物病院によって異なるでしょう。新米の獣医師に任せる動物病院もあるかもしれませんが、経験のある獣医師を配置しているところも少なくありません。

心配であれば、あらかじめ尋ねてみるといいでしょう。

イメージ③:通常の動物病院より値段が高いと聞いたけど……それってホント?

布団にくるまる猫
getty

→【ホント】基本的に高いと考えていいかも

料金はそれぞれとはいえ、昼間に診療している動物病院と比べて、全体的に高いとはいえるでしょう。

夜間分をプラスする場合もあれば、もともとの診療費を高く設定している場合もあります。ふだんの猫の様子がわからない分、必要な検査が増えて料金がかさむことも。

イメージ④:保険が効かないイメージが……。それってホント?

→【どちらとも…】保険会社によるので、確認してみて

ペット保険が適用されるかどうかは、動物病院や保険会社によります。加入しているペット保険の規約を確認してみてください。

一般に、夜間(時間外)診療費として、診療費などに加算された料金には、適用されないケースが多いかも。

夜間救急を受診するときの手順

夜間救急のウソ・ホント

続いては、夜間救急を受診するときの手順・ポイントについて見ていきます。

いざというときのためにも、ぜひ知っておいてくださいね。

①夜間救急に電話をする

まずは、夜間救急に電話をかけましょう。そして、受診したい旨を一番に伝えるように。

その上で、異変を起こしている愛猫の様子(症状)をできるだけ具体的に伝えましょう。その際、電話口のスタッフの質問をよく聞き、できるだけ的確に答え、指示に従うことが効率、効果的です。

愛猫の命を救うことにもつながります。

夜間救急に電話をかけるときのポイント

電話をかけるのは、飼い主さんがやりましょう。病状によっては一刻一秒を争うので、ふだんの愛猫の様子を一番よく知っている飼い主さんが、電話口で説明するようにしてください。

また夜間救急には、命の危険がある猫の飼い主さんから、獣医師にとりあえず相談してみようと思う飼い主さんまで、さまざまな飼い主さんから電話がかかってきます。

受診を希望するなら、最初にその旨を伝えましょう。

②いざ行くことになったら準備を!

夜間救急のウソ・ホント

夜間救急に向かう際は、猫に負担をかけないためにも、キャリーケースを使いましょう。上面のトビラが開くタイプが受診時に猫を取り出しやすく、猫にも負担をかけずにすむのでおすすめです。

また、夜間救急では診察を担当する獣医師に猫のこと、とくに病歴をくわしく伝えることが大事です。

「過去に受診したときのデータ」「ふだん飲ませている薬」といった、診断の手がかりになる資料は必ず持っていくように。

資料を準備するときのポイント

夜間救急のウソ・ホント

●過去の病歴などがわかるもの

病歴や薬名がわかると、処置がスムーズになります。薬の場合、実物も参考にはなりますが、薬名の特定に時間がかかったり、特定できなかったりすることもあるので、薬名は必ず覚えておきましょう。

ふだんの受診時に、かかりつけの獣医師に病気や薬の名前を紙に書いてもらったり、人の「お薬手帳」のように、専用ノートを用意して書き込んでおくといいです◎

●排泄物や誤食物

血便や下痢、吐しゃ物などがある場合、また、誤食物の残骸がある場合、ポリ袋などに入れて持参を。持っていくことができないなら、スマホで撮影した画像だけでもOKです。

●動画

落ち着きがない、呼吸がおかしい、けいれんしているなど、動きに異変がある場合は動画を撮影しましょう。夜間救急に到着したときには症状がおさまっていることもあるので、参考になります。

※夜間救急に到着したら獣医師の指示に従い、後日、かかりつけの獣医師にも報告をしましょう。

いざというときのために、夜間救急を探しておこう!

夜間救急のウソ・ホント

かかりつけにしている動物病院の診療時間外に何かあったとき、どこの夜間救急に連れて行くかは、必ずシミュレーションをしておきましょう。いざというとき、それをしていたか否かが大きな「差」となります。

夜間救急を選ぶ基準はさまざまですが、猫の体への負担を考えると、一番優先したいのは自宅からの「距離」と「時間」でしょう。そのほか、気になることをチェックしておくと、より安心です。

よりよい夜間救急を探す手順

診察を受ける猫
getty

①かかりつけの獣医さんに相談

愛猫の体を一番知っているかかりつけの獣医師に、診療時間外に異変が起こったときどうすればいいか、相談してみましょう。信頼できる夜間救急を紹介してくれるかも。

また、持病がある猫なら、起こり得る異変も想定しやすく、いざというときの応急的な薬をあらかじめ処方してくれることもあります。

②ネットなどで検索してみる

自分で調べる場合、インターネット検索などをしてみましょう。最近は、夜間救急をまとめたサイトもあります。地域差はありますが、よりよい夜間救急を見つけるための選択肢のひとつにしてみてもいいでしょう。

③どうしても近くにないなら…それでも一番近い夜間救急を調べてみて

地域によっては、近くに夜間救急がないこともあるでしょう。その場合は、できるだけ近い夜間救急を選び、電話をかけて獣医師の指示をもらう方法もあります。

多少遠くても、動物病院に行かないとどうしようもないこともあります。

診察を受ける猫
getty

愛猫の命を守るためにも、ふだんからの備えが大切です。いざというとき慌てないように、夜間救急を探しておいたり、愛猫の病歴を把握しておくようにしましょうね。


参考/「ねこのきもち」2018年12月号『年末年始、かかりつけの診療時間外、いざというときのための夜間救急病院』
(監修:東京都江東区にある、ひがし東京夜間救急動物医療センターのセンター長、獣医師 上野元裕先生)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
イラスト/山村真代
文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る