1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【猫の毛柄】「サビ」や「ポイント」もバイカラー?知っておきたい猫豆知識

猫と暮らす

UP DATE

【猫の毛柄】「サビ」や「ポイント」もバイカラー?知っておきたい猫豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はさまざまな毛柄があるから不思議で面白いですよね。
今回はそんな多様な毛柄の中から、バイカラーに注目してみました。また、「サビ」や「ポイント」もバイカラーと呼ばれることがあるそうなので、その特徴もあわせて解説していきます!

バイカラーってどんな毛柄?

背中にハートマーク
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「黒×白」「グレー×白」「茶×白」「クリーム×白」などの毛色の猫を見たことがあるでしょう。このように、柄のない単色にもう一色が加わって構成される毛柄のことをバイカラーといいます。
単色と白色の組み合わせの場合、毛色を一色にする遺伝子に、毛色を白くする遺伝子が働くことにより、ユニークな柄になるのです。
性格はさまざまですが、たとえば「黒×白」なら黒猫など、白と組み合わさっている色の猫の特徴に似る傾向があるようです。

ミックス柄の「サビ」もバイカラーなの?

キャットタワーにいるモンちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

じつは、分け方によってはこの「サビ」もバイカラーと呼ばれることがあるんです。
サビといえば、黒とオレンジの2色が入り混じった毛色が個性的ですよね。
猫はお腹側に薄い色が出やすいのですが、サビ柄の猫はお腹も同じように黒とオレンジになります。また、顔は左右ではっきり2色に分かれることも少なくないようです。

サビ柄はメスっぽい性格?

サビ柄は、遺伝子的に大半がメスです。そのため、全体的に小柄な印象で、気ままでマイペースだったり、甘え下手だったりと、メスの特徴的な性格が見られることが多いといわれています。

体の先端に色がつく「ポイント」もバイカラー?

ピンクの首輪をした子猫のマシュちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「サビ」と同様、バイカラーのひとつとされることもある「ポイント柄」。鼻のまわりや耳の先、しっぽや足先など、体の先端が濃い色になっているのが特徴です。
毛色と目の色の関係ははっきりとはわかっていませんが、目は青っぽい色になりやすいといわれています。
性格は、シャムのフレンドリーさを受け継いでいる猫が多いようです。

ポイントは体を冷えから守っている?

ポイント柄の遺伝子をもつ猫は、全身真っ白で生まれるため、ほかの毛柄に比べて温度の影響を受けやすいのだそう。
そのため、母胎から出て冷たい空気に触れると、体を温めようとして冷えやすい体の先端に色がつき始めるといわれています。

猫の毛柄は、遺伝子の突然変異などを繰り返しながら世界各地で複雑に絡み合った結果、現在の多種多様な毛色や模様が生まれるようになりました。ちなみに、バイカラーでも「黒×白」がダントツに多く、「グレー×白」はミックスには稀な毛色なんだそうです。ぜひバイカラーの猫に注目してみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」セレクション『KEGARA図鑑』
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る