1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 留守番
  5. 暖房器具ナシでOK! 留守番のときも安心して猫が温まれる工夫3選

猫と暮らす

UP DATE

暖房器具ナシでOK! 留守番のときも安心して猫が温まれる工夫3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬は、暖房器具が大活躍。暖かいお部屋でぬくぬくできて、喜んでいる猫も多いことでしょう。でも、飼い主さんが外出するときはなかなか暖房器具が使えなくて、留守番中の寒さ対策で悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、暖房器具を使用しないで簡単に温まれる工夫をご紹介します。

お留守番どきの"エコな冬ごもり"の工夫3選

はんてんの袖から顔を出すキジトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

暖房器具を使用せず、簡単に実践できる3つのアイデアを見ていきます!

①晴れの日は南の窓のカーテンを開けて、日光で部屋をポカポカに

暖房器具を使用しないで簡単に温まれる工夫

冬でも日中であれば、南向きの窓からの日差しは相当な暖かさをもたらします。猫が日向ぼっこできるよう、日の入る窓のカーテンを開けておきましょう。

ただし、夕方以降になると冷え込んでくるので、帰宅が遅くなる場合は薄手のカーテンを閉めておいてくださいね。

②サイドテーブルを布で覆って、こたつ風の防寒スポットに

暖房器具を使用しないで簡単に温まれる工夫

部屋の中にあったかい逃げ場があると、「出かけるときは晴れていたのに、天候が激変」というときでも安心です。小さめのテーブルを使った「エコ・こたつ」を作ってみてください。

作り方はとっても簡単!

暖房器具を使用しないで簡単に温まれる工夫

ラグの上に小さめのテーブルを置き、上面にふわふわの布をかけましょう。猫が出入りしやすいように、1カ所を大きめの洗濯バサミなどでたくし上げて留めれば完成! 猫ベッドをインすれば、よりポカポカになります♪

③飼い主さんのふかふかウェアをベッド代わりにすれば、「あったか+安心スペース」に

暖房器具を使用しないで簡単に温まれる工夫

お留守番どきに飼い主さんのニオイ付きのものがあると、猫は安心します。飼い主さんが着ていた暖かい洋服を、猫ベッド仕様にして置いておけば、喜ぶ猫は多いはずです。

作り方はとっても簡単!

①襟元を背中側に折る
暖房器具を使用しないで簡単に温まれる工夫
②丸くカーブするように袖を整える
暖房器具を使用しないで簡単に温まれる工夫
③2つの袖口を合わせて折り返せば完成!
暖房器具を使用しないで簡単に温まれる工夫

暖房器具を使うときは、なるべく短時間で賢く使いこなして!

口を開ける猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

暖房器具を使えば部屋を効率よく暖められますが、お留守番どきに使うとなると、思いもよらない事故につながる恐れも……。なるべく留守中の使用時間が短くすむような工夫をしましょう。

下記の使い方をぜひ参考にしてみてくださいね♪

暖房器具のおすすめの使い方

●こたつやホットカーペットは、"強" で温めておき、出かける直前に電源を切るようにする

●エアコンや床暖房は、夕方からつくようにタイマー設定する


お留守番で気をつけたい3大事故とは

猫ベッドでくつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ちなみに、お留守番のときに注意したい事故で多いのは次の3つです。

①やけど

とくに気をつけたいのが、ヒーターやストーブへの接触によるやけど。たとえ猫が近づかないように囲いをするなどの対策をしていても、人目のないお留守番どきの使用は避けましょう。

②感電

猫がコードを噛むことで起こる感電にも注意が必要です。お留守番どきは、コンセントが必要な暖房器具は使用せず、日頃からコードやコンセントには感電防止のカバーをするようにしてみてください。

③脱水

猫は暑くなるとこたつから自力で出るものですが、寝続けた場合などに脱水状態になる危険が…。留守にする際は、こたつの使用を避けるのが正解です。

そのほかにも…

温かい場所といえば、湯船のフタの上。猫が上がって何かの拍子に落ちて溺れる恐れが…。浴室のドアの鍵がかけられる場合はかけて、かけられない場合はお湯を抜いておきましょう。

ぬくぬくする三毛猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

まだまだ寒い冬は続きます。解説を参考に、愛猫が留守番するときも快適に過ごせるよう、飼い主さんはしっかりと対策を行ってくださいね!


参考/「ねこのきもち」2017年11月号『部屋ごとに寒さ対策をしよう 私と猫の冬ごもり計画 お留守番どきの備えも』
(監修:東京都杉並区にあるモノカ動物病院院長 小林清佳先生)
※一部の写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る