1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 引っ越しは猫にはストレスに…負担軽減のために飼い主さんが配慮したいことは?

猫と暮らす

UP DATE

引っ越しは猫にはストレスに…負担軽減のために飼い主さんが配慮したいことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新生活に向けて、これから愛猫と一緒に引っ越しをしなければいけない人もいるでしょう。そのとき、愛猫の負担を減らすために、飼い主さんが配慮してあげたいことがいくつかあります。

この記事では、引っ越し準備・新居に移り住んでから愛猫のために気をつけたいポイントについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

引っ越しは猫にとって大きなストレスに

こちらを見つめる猫
getty

猫は縄張り意識が高く、環境に左右されやすい動物なので、その環境の変化は大きなストレスになりかねません。愛猫とともに引っ越しを考えている飼い主さんは、以下のポイントをチェックしてみてください。

キャリーバッグやケージを使おう

引っ越し準備の最中は、掃除や荷造りで騒がしく、さらに当日は引越し作業による大きな物音や見知らぬ作業員が出入りするので、猫のストレスは計り知れません。飼い主さんがなんの配慮もしない場合、猫が物陰に隠れて出てこなくなったり、開け放ったドアや窓から逃走してしまったりすることが考えられます。

猫のストレスを軽減するためには、短時間ならキャリーバッグ、長時間なら少し広めのケージに入れておくといいでしょう。ケージは、引越し先でも使えるので用意しておくと便利です。

引っ越し作業の間は、動物病院やペットホテルへ預けてみるのも一案

また、引っ越しが落ち着くまで猫を動物病院やペットホテルに預ける、という方法もあります。外泊をしたことがない場合には、事前に練習をしておくのもよいでしょう。

新居に慣れるまでは行動範囲を制限しよう

部屋の中を歩き回る猫
getty

引っ越し後、猫をいきなり広いところへ出すと、どこかへ隠れてしまったり逃走したりすることがあります。新居に慣れるまでは、猫の生活範囲を狭めておくほうが安全です。

最初は一部屋だけ閉め切って少し広めのケージ(中にトイレと食器、寝床を置けるくらい)を用意し、そこで過ごすとよいでしょう。ケージで過ごすことに慣れていない猫は、事前に慣らしておく必要があります。

次に、慣れてきたと思ったころにケージから出して、今度はその一部屋だけで生活するようにします。そうやって少しずつ行動範囲を広げていきながら、慣らしてあげるのがおすすめです。

新居にはニオイのついたトイレ砂や寝床を持っていこう

トイレの砂や寝床には、前の家から持ってきた古くてニオイのついたものを入れておくと、猫は安心します。

食べ慣れているフードを十分に用意しておこう

また、引越し先でいつもと同じキャットフードがすぐに購入できるとは限らないので、事前に十分な量を用意しておきましょう。

ストレスを感じた猫に見られる症状とは?

飼い主さんに撫でられる猫
getty

ストレスを感じた猫に見られる異変についても、飼い主さんは知っておきましょう。猫がストレスを感じているときには、下記のような症状が見られることがあります。

  • いつもと比べて食欲がない
  • 排泄を我慢している
  • 嘔吐や下痢といった消化器症状などが表れる


また、持病が悪化してしまうこともあるので、注意が必要です。

体調以外の変化も

体調以外だと、次のような異変が見られることもあります。

  • 好きなおもちゃで遊ばなくなる
  • 毛づくろいの回数が減る
  • 家の隅に隠れるようになる
  • 鳴き声を発さなくなる


引越しの前後は、猫の体調と行動が今までと違っていないか、よく注意して見てあげるようにしてくださいね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る