1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護猫
  5. イチゴを初収穫した看板猫 華麗なもぎ方で「さすが農家の息子!」などと反響

猫と暮らす

UP DATE

イチゴを初収穫した看板猫 華麗なもぎ方で「さすが農家の息子!」などと反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫と共に過ごす時間は、かけがえのない大切な時間ですよね。一緒に過ごすなかで、愛猫が「初めて○○した!」という瞬間に立ち会えたときなどは、きっと嬉しくてたまらないことでしょう。

飼い主さんに抱っこされるコタローくん
@DAYS31612434

こちらは、Twitterユーザー@DAYS31612434さんの愛猫・コタローくん。飼い主さんのおうちはイチゴ農園で、コタローくんはそこの看板猫なのだそう♪ コタローくんはとある日、イチゴを初収穫したようなのですが、その様子が可愛すぎるんです。

イチゴを見つめるコタローくん

イチゴを見つめるコタローくん
@DAYS31612434

飼い主さんに抱っこされて、目の前のイチゴを見つめるコタローくん。

ガシッと掴み…

イチゴを掴むコタローくん
@DAYS31612434

するとコタローくんは、狙いを定めてイチゴをガシッと両手で掴みました!

えいっ♪

イチゴをゲットしたコタローくん
@DAYS31612434

そして、えいっと自分のほうにイチゴを引き寄せて、見事イチゴをゲット♪

「初収穫ニャ♪」

イチゴをゲットしたコタローくん
@DAYS31612434

イチゴを初収穫し、大事そうにイチゴを抱えるコタローくん。表情もなんだか満足気に見えますよね♪ でも、収穫したのはまだ青い実だったようだけど…(笑) それもまたご愛嬌ですね♡

この日の出来事まで、コタローくんはイチゴを見ても片足でつつくくらいで、イチゴには無関心だったよう。コタローくんがイチゴを初収穫する瞬間を目撃した飼い主さんは、「今まで興味を示さなかったのに、いきなり両足でイチゴを掴みもぎ取る様に大変驚き『農家猫ならでは』だと感心し、嬉しく思いました。同時に、まだ青い実だったので『もったいない!!』という生産者としての気持ちもありました」と、当時のことを振り返ります。

このコタローくんの姿を見たTwitterユーザーさんからは、「上手♡ めっちゃお利口さんですね!」「さすが農家の息子! 華麗にもぎましたね」「収穫のお手伝い、エラいぞ」「可愛すぎて撫でたくて撫でたくて手がムズムズします♡」「農園の猫らしくなってきましたね」「おおすごい! 次は赤いイチゴに挑戦!」などと反響のコメントが寄せられているようでした♪

動画はこちら↓

https://twitter.com/DAYS31612434/status/1227045254563414017

農園の看板猫になる前は、捨て猫だった

おなかを出すコタローくん
@DAYS31612434

イチゴ農園の看板猫として人気のコタローくん。初収穫の瞬間も本当に愛らしかったですよね。そんなコタローくんは、元々「捨て猫」だったのだそうです。そこで今回ねこのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さんにコタローくんとの出会いなどについて、お話を聞いてみました。

コタローくんとの出会い

ーーTwitterの投稿で、コタローくんは元々捨て猫だったと拝見しました。コタローくんとはどのようにして出会ったのでしょうか?

@DAYS31612434さん:
「Instagramのストーリーで『子猫5匹拾ったけど、数日のうちに保健所へ…誰かもらってください!!』という投稿を見たんです。タイミング的に農園での相棒がほしかったことなどもありましたし、なにより子猫たちの写真を見て惹きつけられました。

そして実際に会いに行ったとき、一目で『この子!!』と思ったのがコタローでした。コタローを抱き上げると、しっぽが曲がっており『隣のしっぽのまっすぐな子に…』と思ったりもしたのですが、不思議となぜかそのままコタローを引き取りました。

のちに『鍵しっぽ』で縁起のいい猫だということがわかり、これも一つの運命なのかなと思い、さらに愛着が増していきましたね」

ーーコタローくんとは、運命の出会いだったのですね!

現在は看板猫として大活躍♪

飼い主さんに抱っこされるコタローくん
@DAYS31612434

ーー飼い主さんから見て、看板猫・コタローくんのお仕事ぶりはどうですか?

@DAYS31612434さん:
「イチゴ狩りに来られるお客様の中には、猫アレルギーをお持ちの方もいらっしゃるので、コタローは普段は別ハウスにいます。でも、Twitterやローカルテレビに出演(数秒ですが)したことなどにより知名度が上がって、イチゴ狩りのお客様から『コタローを抱っこしたい!!』というお申し出がかなり増えました」

ーーコタローくん、ご指名が入っちゃうこともあるのですね!(笑)

@DAYS31612434さん:
「幸いなことに、コタローは抱っこしても嫌がらない猫なので、ご希望の方には別ハウスからコタローを連れてきて、抱っこしていただくようにしています。みなさん普通に抱っこできることに大変驚かれ、コタローの可愛いしぐさや表情がお客様から好評を博しています」

ーー以前ねこのきもちWEB MAGAZINEで、コタローくんが抱っこされる様子を取り上げましたが…飼い主さんと美人JKとでコタローくんの態度が露骨に変わる様子に、思わず笑ってしまいました(笑) あんなふうに抱っこさせてもらえたら、お客さんも喜びますよね♪

▼コタローくんの過去記事

美人JKと飼い主さんで態度が違う猫 「ネコかぶる姿」が露骨すぎた…

@DAYS31612434さん:
「コタローは、小さいお子さんからの人気もかなり高く、イチゴ狩りそっちのけでコタローを撫でる場面も多々あります。現在『イチゴ狩り+抱っこできる猫がいる農園』として認知されつつあり、看板猫として十分な働きぶりを見せてくれていますね」

ーーイチゴもとってもおいしそうで、可愛い看板猫がいて…これは行きたくなってしまいます♪

イチゴを見つめるコタローくん
@DAYS31612434

イチゴ農園の看板猫になり、毎日楽しそうに暮らしているコタローくん。飼い主さんと出会えて本当によかったね!

コタローくんの日常の様子は、ぜひ飼い主さんのTwitterでご覧くださいね♪

参照/Twitter(@DAYS31612434
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る