1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. お手入れ
  4. 猫にシャンプーは必要? 水なしでもできる簡単お手入れとは?

猫と暮らす

UP DATE

猫にシャンプーは必要? 水なしでもできる簡単お手入れとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンプーを嫌がる猫は多いですが、愛猫の体が汚れてしまったときは、きれいにしてあげたいですよね。今回は、そんなシャンプーが苦手な猫の体をきれいにするときにおすすめしたい、水なしでできる「なでなで全身拭き」の手順をご紹介します。

そもそも猫にシャンプーは必要なの?

風呂蓋の上に乗る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は毛づくろいによって全身を清潔に保つことができるため、室内で飼っている場合、基本的にシャンプーする必要はありません。愛猫の体が汚れてしまったときなど、必要に応じてシャンプーすればOKです。

ただし、いくら体の汚れが気になるとはいえ、嫌がる猫に無理やりシャンプーをするのはNG。この場合、水を使わずにできるお手入れで工夫してあげるといいでしょう。

今回ご紹介する「なでなで全身拭き」は、シャワーやドライヤーを使わずにお手入れができるので、シャンプーが苦手な猫はもちろん、子猫や高齢の猫、怖がりの猫などでも安心です。汚れが気になったらその都度やってあげるといいですね。

まずは準備しよう!

タオルを持つ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

準備するもの

・ドライシャンプー(洗い流さないペット用シャンプー) ※泡タイプと液体タイプがありますがどちらでもOKです。
・フェイスタオル

下準備

タオルにドライシャンプーをかけておく

2つ折りしたタオルの表面に、ドライシャンプーを軽くしっとりする程度にまんべんなく吹きかけてください。猫に直接かけないようにすることで、怖がりにくくなります。

事前にスキンシップすると◎

お手入れする前に、飼い主さんが床やソファに座り、ひざにのせてなでなでしながらスキンシップをとりましょう。抱っこが嫌いな場合は、ひざにのせなくてもOKです。

「なでなで全身拭き」の手順をご紹介♪

タオルにくるまれる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

顔周りのお手入れ

半分に折ったタオルのあいだに手を通し、ドライシャンプーを吹きかけた面で顔や頬を拭いていきます。このとき、タオルごしの手でもみもみしながらマッサージするのがポイント。
愛猫が気持ちよさそうにしているか確認しながら拭いていきます。

体のお手入れ

体はふだんのスキンシップのように、なでなでしながらやさしく拭きましょう。猫に嫌がる様子が見られたら、すぐに中止することが大切です。
長毛猫の場合は、仕上げにスリッカーを使うと、毛のもつれがなくなりふわふわになりますよ。

足のお手入れ

足を拭くときは嫌がる猫も多いので、素早くおこなうのがコツ。ドライシャンプーをつけた面に猫の足をのせ、タオルで軽く挟んでもみもみしながら汚れを拭き取ります。

なお、長毛猫は肉球が毛で覆われていると滑ったり、排泄のときに汚れがついたりすることも。ペット用のバリカンを使ってお手入れするか、それが難しい場合は動物病院などに任せましょう。

お手入れが苦手になると、猫はお手入れのたびにストレスを感じ、どんどん嫌がるようになってしまうことも。なるべく愛猫の心や体に負担にならない方法で、きれいにしてあげられるといいですね。

参考/「ねこのきもち」2018年2月号別冊『猫に負担がかかりにくい方法でいつもきれいで健康に!丸ごとハッピーお手入れBOOK』(監修:聖母坂どうぶつ病院 獣医師 鵜飼佳実先生)
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る