1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. それ、頑張りすぎかも? 飼い主さんも猫も負担になりがちなお手入れ

猫と暮らす

UP DATE

それ、頑張りすぎかも? 飼い主さんも猫も負担になりがちなお手入れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で猫のお手入れするときに、「嫌がってはいるけど必要だから」とやりすぎてしまう飼い主さんもいるかもしれません。そこで、この記事では「頑張りすぎな猫のお手入れ」をご紹介します。正しいお手入れのやり方もご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

綿棒で奥の方まで耳そうじ

ハウスに入る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

耳の奥が気になって綿棒で耳そうじをすると、耳の中を傷つけて炎症を引き起こすおそれが。耳の奥が汚れていたり、ニオイが気になったりするときは、外耳炎や耳ダニが原因かもしれません。その場合は自宅でケアせず、動物病院で適切な治療をしてもらいましょう。

耳の汚れはやさしく拭き取る

耳の汚れ具合には個体差がありますが、飼い主さんが見て汚れていないようなら、とくにケアは必要ありません。汚れているときは、濡らして絞ったコットンや、ペット用のウェットシートを人差し指に巻きつけて、やさしく拭いてあげましょう。市販の猫用イヤークリーナーを使うのも◎ ただし、拭き取るのは見える範囲に留めるようにしてくださいね。

嫌がっている猫にシャンプーをする

鈴をつけたマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は自分で毛づくろいをして、清潔な体を保っています。そのため、シャンプーは必ずしも必要なケアではありません。猫が気持ちよさそうにしたり、喜んだりするのならシャンプーをしてもいいですが、嫌がっているのであればストレスになるのでやめましょう。
ただし、皮膚トラブルなどでシャンプーが必要な場合は、主治医の指示に従ってくださいね。

湿らせたガーゼで拭く

もし、猫の汚れが気になるのなら、お湯に浸して絞ったガーゼやペット用のお手入れシートで体を拭いてあげましょう。排泄物などがついて汚れやニオイが気になるときは、ドライシャンプーを使うのもいい方法です。

爪を短く切り過ぎる

ねこ鍋なマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の爪の根本近くには、神経や血管が通っているので、短く切りすぎると痛かったり、出血したりすることがあります。また、こうしたイヤな体験は、猫の爪切り嫌いを助長させるおそれがあるので、注意が必要です。

日常生活に困らない範囲を切る

自宅で猫の爪を切るときは、先端の尖った部分だけを切るようにしましょう。人を傷つけたり、物に引っかかったりしない最小限のラインでOKです。また、一度に全部を切ろうとせず、1日1~2本ずつ切るなどの方法も◎ 猫が寝ているときなどに、サッと切るといいでしょう。

つい頑張りすぎてしまいがちな猫のお手入れ。健康維持のために必要なお手入れもありますが、無理に行うのはNGです。今回ご紹介した例のなかに、ご自身の行動に当てはまるものがある場合は、お手入れ方法を見直してみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2017年2月号『よかれと思ってやっていることが、健康や関係性に影響すること もやり過ぎると危険なお世話』(監修:聖母坂どうぶつ病院 獣医師 鵜飼佳実先生)
文/pinoco
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る