1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 猫にも「繊細なタイプ」のコがいる! 飼い主が注意したいNG行為2つ

猫と暮らす

UP DATE

猫にも「繊細なタイプ」のコがいる! 飼い主が注意したいNG行為2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫にもいろんな性格のコがいますよね。性格によっては、接し方に注意したいこともあるかと思います。

今回は、繊細な猫への接し方などについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました。

繊細なタイプの猫はいるの?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫にも「繊細なタイプ」のコがいるのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「いますね。繊細な猫の特徴は、下記のようなものになります。

  • 知らないものを見たとき→目にした瞬間に逃げる
  • 人が近づいてきたとき→威嚇する
  • フードを食べるとき→知らない人がいると食べない
  • 知らない場所に来たとき→隠れて出てこようとしない

言い換えると、『神経質なタイプの猫』とも言えますね」

繊細な猫がストレスに感じる飼い主さんの行動2つ

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー繊細ということは、飼い主さんの些細な行動にも敏感に反応してしまうような印象がありますが…

獣医師:
「そうですね。繊細な猫にストレスになる可能性のある飼い主さんの行動は、次のようなものです」

①いたずらをしたときに怒る

獣医師:
「猫が何かいたずらをしたときに注意をする(怒る)と、繊細な猫は落ち込むというより怖がってしまいます。

繊細なタイプの猫には、いたずらをしてから注意をするのではなく、いたずらをする前に大きな音で気をそらしたり、いたずらができないような環境づくりをするようにして対応しましょう」

②猫の慣れないことをする

獣医師:
「たとえば、繊細な猫を無理に抱っこしようとするとストレスになったりします。さらには、飼い主さんとの信頼関係も壊れてしまうので、ちょっとだけ背中に触るなどから始めて、時間をかけて練習しましょう」

ーーなるほど…どちらも無意識にやってしまいそうなので、飼い主さんは注意してあげたいですね。

繊細な猫が快適に暮らせるための工夫は?

ヘソ天する猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー最後に、繊細な猫が家で快適に暮らせるように、飼い主さんが配慮したいことを教えてください。

獣医師:
「繊細な猫に対して、飼い主さんは下記のことを心がけてあげるとよいでしょう。

  • 嫌がることをできるだけ避けてあげる
  • 喜ぶことをたくさんしてあげる

また、自分のいる環境に警戒しているような猫もいると思います。飼い主さんが猫と穏やかに接してあげることで空気も穏やかになりますし、猫が安心して過ごせるような環境になるので、ぜひ意識してあげてくださいね」


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る