1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 猫が食べると危険な食べ物
  5. 食欲の秋は食べ物に要注意! 猫が一口でも食べると「危険な食べ物」

猫と暮らす

UP DATE

食欲の秋は食べ物に要注意! 猫が一口でも食べると「危険な食べ物」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旬の食材が多く、食欲が大いにそそられる秋。食卓にはさまざまな食べ物が並ぶと思いますが、人の食べ物のなかには猫が一口でも食べると危険なものもあるので注意しましょう。この記事では、猫が口にすると危険な食べ物についてご紹介します。

貧血や血尿を引き起こす「ねぎ類」

お皿と猫
getty

長ねぎや玉ねぎ、ニラなどの野菜には、猫の赤血球を壊す成分が含まれており、猫が口にすると重度の貧血や血尿などを引き起こすおそれがあります。

また、この成分は調理しても無害になることはないため、食材そのものの取り扱いはもちろん、これらの野菜が含まれる加工食品も猫の口に入らないように注意してください。

下痢や嘔吐の症状が心配な「生のイカ・貝類」

子猫
getty

猫が生のイカを食べてしまうと、皮膚炎を起こしたり、下痢や嘔吐といった中毒症状が出たりすることがあります。

また、貝類は内臓に毒素を蓄積している場合があるため、猫が口にすると毒素が体内に入り、皮膚が薄い耳などにかゆみが生じるおそれも。猫が誤って食べないよう十分気を配りましょう。

病気の引き金にもなる「生の青魚」

覗き見猫
getty

秋が旬のサンマなど、生の青魚は酸化が早く、酸化の原因となる「不飽和脂肪酸」は「黄色脂肪症(おうしょくしぼうしょう)」という病気を引き起こすおそれがあります。また、生の青魚には寄生虫が付着している場合もあるので、どうしても猫に魚を与えたいときは、必ず加熱調理し、ごく少量にとどめましょう。

なお、魚を調理する際は、シンクの三角コーナーなどに骨を放置しないようにしてください。猫の歯は咀嚼に向かないため、食べ物を丸飲みする傾向があります。万が一、魚の骨を口にしてしまうと、食道や胃、腸を傷つけてしまうおそれがあるため大変危険です。

その他、猫が注意したい食べ物

たそがれ猫
getty

ほかにも、ぶどう・キシリトール・アルコール・お茶・コーヒーなども、猫が口にすると危険です。ぶどうは腎臓に悪く、キシリトール(人口甘味料)は肝臓に障害が出るといわれています。

また、アルコールは猫の脳や体の細胞を破壊し、最悪の場合は死に至ることもありますし、お茶やコーヒーなどのカフェインが含まれた飲み物は、心臓や神経系の異常を引き起こすおそれも。

これらは誤食の事例も多いので、取り扱いには細心の注意を払いましょう。

猫が口にすると危険な食べ物を紹介しました。食欲の秋はおいしいものにも目がいきやすいですが、猫が間違って口にしないように注意しましょう。

参考/「ねこのきもち」2017年2月号『獣医師さんがジャッジ!与えてよかった?人の食べ物』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高崎一哉先生)
文/pinoco
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る