1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. しっぽ
  5. 名前を呼んだら、しっぽの先だけパタパタ…なぜ? しっぽの動きでわかる猫の心理を専門家が解説!

猫と暮らす

UP DATE

名前を呼んだら、しっぽの先だけパタパタ…なぜ? しっぽの動きでわかる猫の心理を専門家が解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の名前を呼んだどき、振り向いてくれないし来てもくれないけれど、なぜかしっぽの先だけ動かしている…そんな経験はないでしょうか?

この記事では、しっぽの動きでわかる猫の心理について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します!

名前を呼んだときに、しっぽだけ動かす猫の気持ちは?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫の名前を呼んだときに、しっぽだけがぴくぴく動かして、まるで返事をしているかのように見えることがあると聞きます。このとき、猫のどういう心理が考えられるでしょうか? 

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「名前を呼んだとき、しっぽの先だけちょっとだけ動かすことはよくありますが、『声で返事をするのは面倒だけど、聞いているよ』など、わかっていることを伝えているのではないかと考えられます」

ーーやはり猫なりに反応してくれてるんですね!

しっぽの動き・状態でわかる猫の気持ち

箱に入るノルウェージアンフォレストキャット
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫のしっぽの動きや状態を見て、そのときの心理などを読み取ることができるのでしょうか?

獣医師:
「できますね。いくつかわかりやすいものを紹介します」

しっぽをだらんと下に垂らしているとき

獣医師:
「しっぽをだらんと下に垂らしているときは、しょんぼりした気分のときや、体調が悪い場合もあります」

しっぽ全体を下に垂らした状態で左右に振るとき

しっぽを動かすブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「しっぽ全体を下に垂らした状態で左右に振るようなときは、獲物に飛びつこうとしているときなどに見られます」

しっぽ全体を素早くパタパタ振るとき

獣医師:
「しっぽ全体を素早くパタパタ振るようなときは、イライラとしていて機嫌が悪い気持ちを表しています。撫でているときに猫がしっぽを素早く振り始めたら、かまうのをやめましょう」

しっぽをまっすぐピンと垂直に立てるとき

しっぽを立てる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「しっぽをまっすぐピンと垂直に立てるのは、親しみの感情を表しています。仲間の猫がしっぽを立てて近づいてくると、それに対して同じようにしっぽを立てる行動が見られるため、仲間同士の挨拶の意味もあると考えられます」

しっぽを膨らませているとき

獣医師:
「しっぽが膨らんでいるときは、とても興奮し怖がっていることを表し、自分を大きく見せて危険を撃退しようとしています」

しっぽをしまいこんでいるとき

獣医師:
「しっぽを体の下にしまいこんでいるのは、恐怖や不安(服従)のサインです。何かの理由で、猫が神経質になっています」

ごはんを食べる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

体調が悪いサインだったり、イライラしているサインだったり、挨拶のサインだったり…しっぽからいろいろな猫の感情が読み取れるようです。飼い主さんは、ぜひ覚えておきたいですね!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る