1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 「異変のサイン」の場合もあるから要注意! 猫が早朝に飼い主さんを起こすワケ 

猫と暮らす

UP DATE

「異変のサイン」の場合もあるから要注意! 猫が早朝に飼い主さんを起こすワケ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝のまだ早い時間帯に、愛猫が起こしにくることがありませんか? 困ってしまう飼い主さんもいるかと思いますが、猫が早朝に起こしにくるのには理由があります。

この記事では、「猫が飼い主さんを朝早く起こすワケ」について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説。いつも起こしにこない猫が急に起こしにくるようになった場合、注意が必要なこともあるようです。

猫が朝早くに飼い主さんを起こしにくる理由

見つめるペルシャ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー愛猫が朝早く飼い主さんを起こしにくることがあるようです。なぜなのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「毎朝のように、子猫や健康な猫が飼い主さんを起こしにくるのは、猫の薄明薄暮性という行動パターンに関係しています。猫は薄暗い明け方と夕方などに活発に行動しやすい動物なのです。

薄暗い時間帯は獲物の小動物や小鳥の動きが鈍くなるので、野生時代の猫は捕まえやすかったのでしょう」

ーーそうした野生時代の名残が、飼い猫になった今も習性として残っているのですね。

獣医師:
「そうですね。野生時代からの習性が身についているので、人がまだ寝ている朝早い時間帯に遊びたくなったり、お腹が空いて活動し始めるのは、仕方がないことだといえるのです」

「ごはんがもらえた」「遊んでもらえた」という経験から

見つめるノルウェージアンフォレストキャット
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「また、猫は『こうするといいことがあるんだ』と学習すると、その行動を繰り返しおこないます。

たとえば、お腹が空いたときや退屈なときに飼い主さんを起こしたら、ちゃんと対応してもらえたとします。すると、猫はそのことを覚えていて、『飼い主さんを起こせばごはんがもらえるんだ』『遊んでもらえるんだ』と、早朝でも飼い主さんを起こしにくるように。これは、猫の習性と学習の結果なのです」

飼い主さんを朝早く起こしがちな性格の猫も

見つめるラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー朝早くに飼い主さんを起こしにくる猫には、性格などの特徴も見られますか?

獣医師:
甘えん坊の性格の猫は起こしにくる傾向にあるでしょう。また、ふだんから遊びが好きなタイプの猫で、『もっと遊んでほしい!』と思うと起こしにくるでしょうね」

愛猫に朝早く起こされたときの飼い主さんの対応

見つめるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー愛猫に朝早い時間に起こされてしまったとき、毎回対応してあげたほうがいいのでしょうか? それとも、叱るなどしたほうがいいのでしょうか?

獣医師:
朝起こしにくるのは猫の習性が関係しているので、叱っても止めさせることはできません。叱ることによって飼い主さんとの関係を悪化させる恐れもあるので、決してしないようにしてください。

もし止めさせたいのであれば、愛猫が飼い主さんになにを求めて起こしにくるのかを理解して、それに対応することが大切です」

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーーごはんやトイレなどの要求に対しては、飼い主さんを起こさないで済むような工夫があればいいですよね。

獣医師:
「そうですね。たとえば、ごはんの要求に対しては、下記のような対策ができると思います。

  • 朝お腹が空いたらいつでも食べられるように、寝る前に多めにフードを置いておく
  • 自動給餌器を利用する
  • 朝早くお腹が空かないように、食事時間を決めて与える

などですね。トイレの場合は、もし汚れているのを嫌がって起こしにくるようなら……

  • トイレの数を増やす
  • システムトイレを利用してみる

なども効果的でしょう」

ーー遊びの要求に対してはどうしたらいいでしょうか?

獣医師:
「遊んでほしい、甘えたいなども、猫にとっては当然の要求です。朝早く起こしにきて要求される前に、昼間に遊んだり構ってあげたりして、上手にコミュニケーションをとるようにしましょう」

猫の要求に応えすぎるのはやめよう

見上げる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫の要求には適切な方法で、飼い主さんも無理なく対応してあげられるといいですね。

獣医師:
「そうですね。覚えておきたいことは、これらの猫の要求を満たしたうえで朝早くに起こしにきたときは、猫の要求に応えないようにすることです。

飼い主さんが要求に応えすぎてしまうと、『起こせば要求が通るんだ』と学習して、ずっと起こし続けるようになります」

ーー毎回起こされてしまっては、飼い主さんも困ってしまいますよね…。

獣医師:
「名前を呼んだり、うっかり撫でるといったことも、猫の要求を受け入れたことになってしまうので、しないようにしましょう。

飼い主さんからの反応がないと、猫も徐々に諦めます。さらに、生活リズムを飼い主さんに合わせるようになることもあります」

猫が急に起こしにくるようになった場合は、ストレスやホルモンの病気が関係していることも

抱っこされる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーーふだん飼い主さんを起こすことがなかった猫が、急に起こしにくるようになった場合もあるかと思います。なにか異変のサイン…ということもあるのでしょうか? 

獣医師:
「猫がなにかストレスを感じていて、そのために起こすようになることがあります。また、ホルモンの病気のせいで食欲旺盛になったり、活発になったりするため、以前より頻繁に起こされることもあります」

ーー病気が原因で起こしにくることもあるのですね。

獣医師:
「もし猫の行動に変化を感じたら、歳のせいかもと安易に考えずに、獣医師に相談しましょう」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る