1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫飼い初心者さんがやりがちな「NGお世話」 犬飼い経験者に見られがちな傾向も

猫と暮らす

UP DATE

猫飼い初心者さんがやりがちな「NGお世話」 犬飼い経験者に見られがちな傾向も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を飼うのが初めてな人は、最初はわからないこともたくさんあると思います。この記事では、猫飼い初心者さんに見られがちなNGお世話について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫飼い初心者さんがやりがちなNGお世話

ぬいぐるみを抱く猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫を飼うのが初めてな人がやりがちなNGお世話には、どのようなものがありますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「猫飼い初心者さんといっても、大きく2パターンに分かれると思います。『まったく動物を飼うのが初めてで猫を飼った人』『犬を飼っていて、その後に猫を飼った人』です。この違いによって、やりがちなNGお世話にも差が出てきます」

動物を飼うのが初めての猫飼い初心者さんにありがちなNGお世話

ビールの箱に入るサイベリアン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師:
「まず、動物を飼うこと自体が初めてな人は、猫を飼うときもペットショップや獣医師からの指導をよく守る傾向にありますが、臨機応変に対応するのは難しいかもしれません。

たとえば、猫のごはんに関してですが、ライフステージや状況に応じて変化します。与える回数や量などを徐々に増やすこともあれば、フードの種類を変えたほうがいい場合もありますが、そのときにうまく対応できないこともあるようです。

ほかには、遊び方なども猫の個性によって楽しめるものを考えてあげる必要がありますが、そのコの個性に合ったものを見つけてあげることが少し難しいと感じる人もいるようです」

ーーごはんは、子猫の頃からずっと同じ与え方でいいわけではないので、切り替えのタイミングは難しいかもしれません。猫によって性格も好みも違うので、遊び方はそのコが好きなものを見つけてあげたいですね。

獣医師:
「そうですね。動物を飼うこと自体初めての人は、最初はわからないことも多いと思います。そういう人の場合は、特にかかりつけの先生に何でも質問して教えてもらうことが、解決につながります」

犬を飼った経験のある猫飼い初心者さんにありがちなNGお世話

見上げる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー犬の飼育経験のある飼い主さんに見られる猫のNGお世話とは、どんなものでしょうか?

獣医師:
「犬の飼育経験があって初めて猫を飼う人がやりがちなのは、犬のしつけ方法や生活環境をそのまま猫に当てはめてしまって上手くいかないことがあります。

たとえば、犬の場合だとごはんはきっちり朝と夜の2回しか与えない場合もありますが、猫はちょこちょこ食べることが多いので、ある程度ごはんは置いておく必要があります。まとめて与えたり、食べないからとすぐに下げてしまうのは、猫には好ましくありません」

ーー「ごはんを残している=お腹がいっぱい」とも限らないんですね。

獣医師:
「そうですね。猫と犬では飼育方法が異なるので、犬の飼い方に慣れていたとしても猫の性質に合った飼い方も学ぶ必要があるでしょう」

おもちゃをくわえる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫を飼うのが初めてな人は、お世話でわからないことがあるのは当然です。もし不安なことがあればかかりつけの動物病院で相談してみるなどして、改善に努めましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る