1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. グッズ
  4. キャリーバッグ
  5. 【2021年版】専門家おすすめの猫用キャリーケース 選び方のポイントは

猫と暮らす

UP DATE

【2021年版】専門家おすすめの猫用キャリーケース 選び方のポイントは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を連れて移動する際に不可欠な「キャリーケース(キャリーバッグ)」。しかし、キャリーケースを苦手とする猫は少なくないようです。そこで今回は、ペットライフコンサルタントの薬師寺康子さんに、猫のキャリーケースを選ぶポイントや、移動手段別のおすすめ商品について教えていただきました。

※商品を使用した感想や使い方は、ご紹介した個人のものです。
商品のご購入、ご利用については、商品メーカーの情報のもと、ご自身でご判断ください。

この記事の監修

薬師寺 康子 さん

 ペットライフコンサルタント
 株式会社クララ代表

●経歴:
不動産会社で新築住宅の販売業務に携わった後、ペット関連会社にて店舗・商品開発を行う。
両方の経験をもとに(株)クララを設立、ペット共生住宅のコンサルタントやペット用品の商品開発を展開。
企画設計コンサルティングをおこなった猫専用賃貸マンション1階に、猫専門ショップ「ねこままホテル」を開店。
キャットホテルやシッターで、さまざまな猫と飼い主さんと接した経験から、猫の飼育に関するアドバイスや商品プロデュースをしている。
そのほか、セミナー講演やメディアでの執筆活動など。

●書籍:『いぬのこころ、ねこのこころを考えたマンションライフ』住宅新報社

続きを読む

移動手段別 猫用キャリーケース5選

キャリーケースに入るサバトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫専用ホテルや猫用品店などを運営しているペットライフコンサルタントの薬師寺康子さんは、猫のキャリーケースを選ぶ際、以下のポイントに注目しているといいます。

少しでも猫が安心できるものを選ぶ

猫にとってキャリーケースは、自分の縄張りから外に出るという不安を連想するもの。
「うちのホテルを利用される飼い主さんからは、『愛猫がなかなかキャリーケースに入らなくて困った』というお話も聞かれます。そのため、猫が少しでも安心できるキャリーケースを選びたいですね」(薬師寺さん)

飼い主さんの移動手段にマッチするものを選ぶ

また、移動手段によっても、求められるキャリーケースの種類は変わってくるので、猫のキャリーケースを選ぶときは、飼い主さんのふだんの移動手段についても考えたいところです。

「例えば、車の場合はハードタイプがおすすめ。電車や自転車移動ならリュックや肩掛けタイプ、徒歩の場合はカートタイプが便利でしょう。ちなみに、キャリーケースを嫌がる猫の場合は、出入り口が上部にあるキャリーケースだと、出し入れがスムーズになりますよ」(薬師寺さん)

機能面にも注目すると◎

そのほか、注目したいポイントとしては、脱走防止、通気性、安定性、持ち運びやすさなどだそう。キャリーケースは何度も買い替えるものではないので、しっかりと吟味して選びたいですね。

ではさっそく、薬師寺さんおすすめのキャリーケースを見ていきましょう!

1、車移動に便利なクレートタイプ

【Amazon】リッチェル キャンピングキャリーダブルドア Mサイズ 小型犬・猫用 ライトピンク 価格5,400 円 (税込) ※2021年1月の記事制作時

車での移動が多いかたにおすすめいただいたのは、こちらのハードタイプのキャリーケースです。
「Mサイズは少し大きいように感じるかもしれませんが、猫は移動中、伏せの姿勢をとることが多いので、少し余裕があるとリラックスできる場合もあるようです」(薬師寺さん)

こちらは、シートベルトでケースを固定できるので、走行中も安心◎ また、前方と上部にドアがついているので、猫を出し入れしやすいなど、利便性にも優れています。使用しないときはコンパクトに収納できるので、場所をとらないのもうれしいポイントですね。

2、両手が開くリュックタイプ

【Amazon】エミューズ オリジナルリュックキャリー(S)価格9,980円 (税込) ※2021年1月の記事制作時

電車や自転車での移動が多いかたには、リュックタイプのキャリーケースがおすすめだそう。
「リュックタイプだと両手が空くので、電車の切符を買ったり、ハンドルを握ったりするときなどに便利ですね」(薬師寺さん)

こちらは、上部の窓や入口部分など、すべてのチャックが中からは開けられない「安全設計」になっているのがポイント。さらに、しっかりしたハードタイプなので安定感もあり、シートに固定できるので、車での移動にも適しています。

3、電車や徒歩での移動におすすめの肩掛けタイプ

【Amazon】ラガーコーポレーション スリーピーポッドアトム 価格15,400円 (税込) ※2021年1月の記事制作時

こちらは、電車や徒歩での移動に便利な肩掛けタイプのキャリーケースです。上部が大きく開くので、猫の出し入れがしやすいのがうれしいポイント。カラーバリエーションも豊富なので、おしゃれを楽しみたい飼い主さんにもいいですね。

「肩掛けのキャリーケースは、ソフトタイプが多く、床に置いたときに自立しないことがあるのですが、こちらのキャリーはしっかりとしているので、床に置いても倒れません。使用しないときは折りたたんで収納できるのも便利ですね」(薬師寺さん)

4、状況によって変えられる4wayタイプ

【楽天】4way ブロッサムリュックキャリー キルティングブラック Mサイズ 価格25,200円 (税込) ※2021年1月の記事制作時


4way ブロッサムリュックキャリー キルティングブラック Mサイズ/ バックパック キャリーカート ショルダーバッグ 小型犬用 猫用 コロコロ付き 通院 耐荷重10kg 4571210453499 #w-143939 防災セット オーエフティー

徒歩での移動や、大きめの猫を連れての移動におすすめいただいたのが、こちらのリュック、カート、手さげ、肩掛けとして使用できる4wayタイプのキャリーケースです。7~8キロもあるような大きめの猫の場合は、カートがあるととても便利ですね。

「こちらは、ファスナーが中から開けられない仕様になっているので安心。窓にはブラインドがついているので、怖がりな猫なら閉めてあげたり、好奇心の強い猫なら開けて外の景色を見せてあげたりと、猫の性格によって使い分けられるのもうれしいポイントです」(薬師寺さん)

5、大き目の猫や2匹以上の移動に便利なカートタイプ

【楽天】4輪ペットカート  価格24800円(税込) 2021年1月記事制作当時


最後にご紹介するのは、徒歩での移動におすすめいただいた、こちらのキャリーカート。キャリーカートは定位置が高いため、猫とメッシュ越しに視線を合わせることができるので安心ですね。
こちらは、バスケット部分がカートから簡単に取り外しできるほか、すべてのドアがチャックでしっかり閉まり、脱走防止も万全。カート部分は折りたたんで、コンパクトに収納できます。

「他のキャリーカートに比べメッシュ部分が少なく、サイドの窓にはブラインドがついているので、怖がり猫には◎。2匹一緒に入ることができるサイズ感なので、多頭飼いにもいいかもしれません」(薬師寺さん)

今回は、ペットライフコンサルタントの薬師寺康子さんに、猫のキャリーケースを選ぶポイントやおすすめ商品について、お話を伺いました。猫用キャリーケースを探しているかたは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

お話を伺った人/薬師寺康子さん(ペットライフコンサルタント)
取材・文/ハセベサチコ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る