1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 居場所
  5. 猫の脱走ルートは主に3つ! 気をつけたい場所と脱走対策

猫と暮らす

UP DATE

猫の脱走ルートは主に3つ! 気をつけたい場所と脱走対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の飼い主さんにとって、絶対に防ぎたいトラブルのひとつが猫の脱走。しかし猫の行動をコントロールすることは難しいため、ふとした瞬間に脱走が起こることも珍しくありません。そこで今回は、猫の脱走防止策を、3つの脱走ルートに注目して解説します。

猫の脱走ルート(1)玄関

玄関先でゴロゴロするももちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

玄関は猫の脱走ルートとしてもっとも多い場所。飼い主さんの外出時や帰宅時、宅配のやり取りをしている間などに、出ていってしまうケースが多いようです。

そのため、まずは玄関の開け閉めのやり方を見直しましょう。例えば、帰宅時に一気にドアを開けると、待ち構えていた猫が飛び出してしまうこともあるため、まずは少しだけ開けて近くに猫がいないかを確認してください。バッグなどで足元をガードしながら入ると、より安心です。

また、猫がドア付近に近づけないように、脱走防止柵を設置してしまうのも手。置くだけの簡易なものから、廊下に取り付けて二重構造にできるものなど、さまざまなタイプがあるため、自宅の環境と猫の性格にあったものを選んでみてください。

猫の脱走ルート(2)窓

アメリカンショートヘアのリヴァイちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

玄関に次いで多いのが、窓からの脱走です。猫が自分で網戸を開けてしまったり、網戸を爪などで破ってしまったりと、網戸の使用中は特に注意が必要でしょう。

猫が網戸を開けてしまう場合は、網戸ストッパーや突っ張り棒を使って、開かないように固定するのがおすすめ。また、網戸を破ってしまうときは、強度の高いペット用の網戸を用いるか、網戸の内側にワイヤーネットを取り付ければ、破られる心配はありません。

なお、網戸がない状態で窓を開けてしまい、そこから猫が脱走するケースもあるため、開け閉めは慎重に行いましょう。

猫の脱走ルート(3)ベランダ

ベランダぼっこするみいちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

3番目に多いのが、ベランダからの脱走です。ベランダの柵の上やすき間から、猫が脱走してしまうケースが多いといいます。

ベランダの柵のすき間は、人から見れば狭くて猫でも通れないように思いがちですが、猫は顔の横幅さえ入ればすり抜けることができる動物。そのため、油断せずに日よけシェードやすだれなどを使って、すき間をふさいでおくのがおすすめです。

また、飼い主さんがベランダを開けるときは猫を別の部屋に入れておくなど、ベランダ自体に出さない工夫も取り入れましょう。

猫の脱走は、思いもよらないタイミングで起こるもの。そのため、常日頃から対策して備えておくことが大切です。下記の記事もあわせて、参考にしてみてくださいね。

参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『【獣医師監修】猫は脱走したら帰ってくる?防止法・探し方・捕獲方法』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
※猫の脱走ルートの多い順については、2013年に「ねこのきもち」で実施した読者アンケート結果に基づきご紹介しています。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る