1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 飼い主の後を追ったり待ち伏せしたりする猫 行動からわかる心理3つを解説!

猫と暮らす

UP DATE

飼い主の後を追ったり待ち伏せしたりする猫 行動からわかる心理3つを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんが歩く後を追いかけてきたり、飼い主さんがくるのを待ち伏せしていたり——一見ストーカーのような猫の行動を見たことがある人もいることでしょう。

こうした猫の行動にはどのような心理が隠れているのか、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫が飼い主さんの後を追ったり、待ち伏せする心理

待ち伏せする猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんの後を追ったり待ち伏せしたりする猫には、次のような心理があると考えられるでしょう。

①甘えている

子猫が親猫に甘えるような気持ちから、飼い主さんのそばにいたくて後追いをする場合があります。

②「飼い主さんのそばにいると楽しいことがある」と期待している

特に室内飼いの猫において、何か愛猫にとって好奇心を刺激されたり、楽しいと感じることが起きる際には、そのきっかけに飼い主さんが関わっていることが多いです。

たとえば、遊んでもらったり、撫でてもらったり、何かおいしい物をもらったりなどの経験から、「飼い主さんのそばにいると楽しいことがある」と期待する気持ちで、積極的について回る場合もあるかと思います。

③好奇心の気持ちから

おもしろいことを探そうとする好奇心や、飼い主さんを直接遊びに誘いたい気持ちなどから、飼い主さんについて回ったり待ち伏せしたりする行動をする場合もあるでしょう。

飼い主さんの後を追ったり、待ち伏せする猫の特徴

見つめるアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

もともと甘えん坊な気質の猫や、若くて好奇心旺盛で刺激をほしがっている気質の猫などは、飼い主さんの後をついて回る行動をとる傾向があります。特に好奇心からついて回る行動をするのは、高齢な猫より比較的活動的な若い猫に多い印象です。

飼い主さんの後を追ったり、待ち伏せする猫への対応について

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

本来、ごはんをくれたり遊んでくれたりと、愛情をかけてお世話をしてくれる飼い主さんに対し、愛猫が頼って甘える気持ちを持つのは、自然なことだと言えるでしょう。

そういった気持ちから、愛猫が飼い主さんの後を積極的に追ったり、待ち伏せしたりなどの行動をしても、無理もないことかと思います。

愛猫との距離を置く時間を意識してみることも大切に

くつろぐマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ただ、愛猫にとって「飼い主さんがいつもそばにいて当たり前」な状況になりすぎるのは、よくありません。いざ別々に過ごす時間の際に、愛猫の不安感が過剰に増してしまう心配があるためです。そういった点に対する配慮として、日頃から愛猫との距離を置く時間を意識して持つようにするとよいでしょう。

飼い主さんと一緒にいられない時間を愛猫が穏やかに過ごすためには、そもそも一緒にいない時間を実際に経験させることがとても大切です。時間は長くなくてもよいので、一日の中でお互いの姿が見えない環境で、別々に過ごしてみましょう。

たとえば、愛猫が自由に出入りできない部屋などがあれば、そこで飼い主さんだけで過ごす時間を持ってもよいですし、それだと愛猫が鳴いて呼び続けるなどかえって落ち着かない様子なら、飼い主さんだけ外出し、少しの時間お散歩に出かけるなども、ひとつの対応です。

そのうえで、一緒に過ごすときには愛猫の“ストーカーのような”行動も、飼い主さんの生活の負担にならない範囲で、あたたかく受け入れてあげるとよいでしょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る