1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 豆知識
  5. 見分けが難しい! 似ている猫種「バーマン」と「ラグドール」

猫と暮らす

UP DATE

見分けが難しい! 似ている猫種「バーマン」と「ラグドール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

似ている猫種のひとつとしてよく取り上げられる「バーマン」「ラグドール」。みなさんは、見分けることができますか?

バーマンとラグドールの見た目をチェック!

見つめるバーマン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ここで、「ねこのきもち投稿写真ギャラリー」に投稿されている可愛いバーマンとラグドールの写真を見てみましょう。

▼バーマンがこちら

じゃらしを抱えるバーマン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
箱の中に入るバーマン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
見つめるバーマン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
ヘソ天するバーマン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

▼ラグドールがこちら

伏せをするラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
見つめるラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
くつろぐラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
くつろぐラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

写真を見てみると、雰囲気が似ていてすぐに答えるのは難しいかもしれません。

ということで、今回はバーマンとラグドールの特徴について、「見た目」「性格」「毛」のポイントごとに解説します。両者の体の「ある部分」を見てみると、比較的簡単に見分けることもできるようなんです!

バーマンってどんな猫?

くつろぐバーマン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

  • 原産国:ミャンマー(旧ビルマ)
  • 毛種:長毛種
  • 体重:4~7kg

バーマンという名前は、原産国のビルマ(Burma)が由来に。ビルマの寺院での伝説にも登場し、ビルマの「聖なる猫」とも呼ばれています。

1919年、ビルマを訪れたフランス人がバーマンのつがいを手に入れ帰国するも、オスは長旅に耐えられず死んでしまったそう。しかし、残されたメスは奇跡的に妊娠していたのだそうです。

その後、バーマンの繁殖はフランスで進むことに。1925年には猫種として公認され、ヨーロッパ各地やアメリカで紹介されるようになりました。

バーマンの見た目の特徴

じゃらしで遊ぶバーマン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ボディが長くがっしりしているバーマンは、大型のサブスタンシャルに分類されます。全身の淡いクリーム色の被毛にポイントカラーで色がつき、美しいブルーの瞳をもつ点はラグドールに似ています。

しかし、四肢の色を見ると両者には違いが! バーマンの見た目の大きな特徴といえるのが、四肢の先の“白いグローブ”。この白いグローブは、キャットショーの審査の際にも重要視されている部位なのだとか。

ラグドールでも白いグローブがあるコもいるので、確実な判別方法とはいえませんが、ひとつの判断基準にはできるでしょう。

バーマンの性格

バーマンは温和で優しい性格をしており、辛抱強さも兼ね備えています。心のバランスが取れていて、飼い主にも忠実なのだとか。一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人や、スキンシップが好きな人が飼うのに向いているでしょう。

バーマンの毛の特徴

バーマンはポイントカラーで、色は多数認められています。ラグドール同様、バーマンは美しく長い体毛が魅力のひとつ。

ただ、毛がもつれやすく毛玉ができやすいので、美しい毛並みを保つには、毎日のこまめなブラッシングが欠かせません。

ラグドールってどんな猫?

くつろぐラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

  • 原産国:米国
  • 毛種:長毛種
  • 体重:4.5~8kg

ラグドールは、現在知られているなかでも比較的新しい猫種。ラグドールの起源については諸説あるものの、1963年にカリフォルニア州リバーサイドでその歴史が始まったことは、確かだといわれています。

ブリーダーのアン・ベイカーが、「バーマン」に似たポイントカラーの猫と、ターキッシュアンゴラ風の長毛の白猫とを交配させ、オスとメスの子猫たちをもうけます。

その猫を交配させて産まれたポインテッドの子猫2匹が、翌年にNCFA(全米愛猫協会)で初めて「ラグドール」として登録されました。

ラグドールの見た目の特徴

上を見るラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

白くてふわふわした長毛と、輝くブルーの瞳が印象的なラグドール。ふっくらとした頬やふさふさのしっぽなどが、優美さを感じさせます。ラグドールは猫種の中でも最大といわれるほど体が大きく、全体的に筋肉質でがっしりとした体つきが特徴です。

ラグドールの性格

心優しく、人懐っこい性格が多いラグドール。猫種名は英語で「ぬいぐるみ」を表す言葉からきており、穏やかで人に抱かれるのが大好きです。一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人や、スキンシップが好きな人が飼うのに向いているでしょう。

体が大きく体重もあるたくましい猫種ではありますが、じつは狩りには不向き。ほとんど興味を示さないのだそうです。

ラグドールの毛の特徴

くつろぐラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ラグドールの毛色には、シール(こげ茶)、チョコレート、ブルー、ライラックなどがあります。規定されている毛柄が豊富で、以下のようなものが特徴に。

  • 耳や顔、足の先端、しっぽだけが濃い毛色をしている「ポイントカラー」
  • ポインテッドで、足の先や鼻、あごに白色が入っている「ミテッド」
  • 白×有色(ソリッド、リンクス、スモーク、パーティカラーなど)の「バイカラー」

ラグドールは生まれた直後は全体的に白いですが、少しずつ遺伝子がもつ本来の毛色とパターンが現れてきます。毛質は全体的に柔らかくなめらかで、美しい毛が魅力的です。

長さがあるわりに毛はもつれにくく、抜け毛も少なめなので、長毛種ですがお手入れは比較的ラクだといわれています。

お座りするバーマン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

見た目や性格がよく似ているバーマンとラグドール。どちらともふわふわな毛並みが特徴的ですよね。

ぜひ、機会があれば見比べてみてください!


参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『ラグドールの特徴と性格・飼い方・価格相場など|猫図鑑』(監修:CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー ヤマザキ動物専門学校 高野八重子先生)
ねこのきもちWEB MAGAZINE『バーマンの特徴と性格・飼い方・価格相場など|猫図鑑』(監修:CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー ヤマザキ動物専門学校 高野八重子先生)

※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/宇都宮うたこ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る