1. トップ
  2. 猫図鑑
  3. 長毛種
  4. 飼い方
  5. バリニーズの特徴と性格・飼い方・価格相場など|猫図鑑

長毛種

UP DATE

バリニーズの特徴と性格・飼い方・価格相場など|猫図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バリニーズ

英語名
Balinese
原産国
アメリカ
公認団体
CFA・TICA・FIFe・GCCF
毛種
長毛種
  • バリニーズ
  • バリニーズ
  • バリニーズ

この記事の監修

高野 八重子 先生

シャム猫(サイアミーズ)の長毛種で、シャム猫と同じ4種類のポイントカラーの毛色をもつバリニーズ。とても甘えん坊で人なつっこい性格をしています。絹のように細いセミロングの被毛をまとう華麗な猫、バリニーズの特徴や性格についてご紹介します。

バリニーズの特徴

バリニーズは、シャム猫(サイアミーズ)から極めてまれに生まれてくる長毛の猫。シャム猫と同じおしゃれな4種類のポイントカラーの被毛をもち、とても甘えん坊で人なつっこい性格をしています。バリニーズという名前は、猫たちの動きがバリ島のダンサーの流動的で華麗な踊りをイメージさせることに由来しています。

バリニーズの飼いやすさ 各項目の数値が大きいほど飼いやすい傾向

※文中のグラフは、『猫の教科書』(高野八重子・高野賢治著、緑書房刊)の記述を元に編集室で作成。これらはあくまで目安ですので、飼育環境や状況、個体により異なることがあります。

バリニーズの性格

シャム猫と同じくとても甘えん坊で、つねに飼い主さんのそばに寄り添い、遊んでもらうことを好みます。肩やひざにのってコミュニケーションを図り、存在感をアピールします。ちょっぴりわがままな一面ももっています。

バリニーズの大きさと体型

バリニーズ

被毛の長さ以外はシャム猫と同じで、体重2.6~4.5kg程度。骨格が細く、優美ですらりとした体型です。長い円筒形の体は筋肉質で引き締まっています。顔はくさび型です。

体重:2.6~4.5kg

バリニーズの毛色の種類

バリニーズ

バリニーズの毛色は、シャム猫と同じポイントカラー(耳、顔、四肢、尾など体から飛び出した部分に濃い色が入る)です。ポイントカラーには、薄いクリーム色の体に黒褐色が入る「シール・ポイント」、アイボリーの体にミルクチョコレート色が入る「チョコレート・ポイント」、青みがかった白の体に深みのある青灰色が入る「ブルー・ポイント」、寒色寄りの白の体にかすかにピンクの混じったグレーが入る「ライラック・ポイント」の4種があります。目はシャム猫と同じ濃いブルーです。
毛の長さはセミロングで、絹のように細く、下毛が少ないため垂れ下がっています。

バリニーズの心配な病気

・心臓の大動脈弁の周囲が狭くなり血流に異常が起こる「大動脈弁狭窄症」
・網膜が徐々に劣化して失明する「進行性網膜萎縮症」
・血液中の糖分をうまく体内に取り込めなくなる「糖尿病」
・リンパ組織の細胞に腫瘍ができる「リンパ腫」

バリニーズの迎え入れ方と価格

バリニーズは国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。

バリニーズの飼い方

バリニーズ

ポイント(1)スキンシップが好きな人向き

バリニーズは、とっても人懐っこく甘えん坊。スキンシップが大好きなので、一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人楽しい遊びに付き合ってあげられる人などが向いているでしょう。

ポイント(2)誤食につながるものは片付けて

猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。猫は基本的に薄明薄暮性の動物で、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。
また、バリニーズはアクティブな猫種で、上下運動を好むので、猫タワーを設置したり、上っても大丈夫な場所を部屋に作ってあげたりするといいですね。
留守番をさせるときは、入ってほしくない場所には行けないよう制限し、誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。

ポイント(3)年齢と目的に応じたフードを与えて

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。

猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。

ポイント(4)コミュニケーションを兼ねてブラッシングを

長毛種に分類されるものの、短めのセミロングで下毛が少ないので、お手入れは楽です。定期的にブラッシング・コーミングをしてあげましょう。バリニーズは飼い主さんとのコミュニケーションが大好きなので、ごほうび代わりにブラッシングを行ったり、飼い主さんの手のひらで優しく体をなでてあげたりすることも喜びます。

バリニーズに似た猫の種類

バリニーズの歴史や背景

バリニーズの基礎は、シャム猫から極めてまれに生まれてくる長毛の猫です。これは、シャム猫の祖先に紛れ込んだ長毛の猫の劣性遺伝子が現れたもので、一種の“先祖帰り”です。1950年代にアメリカでシャム猫の両親から誕生し、1958年にCFAで公認されました。現在、バリニーズの繁殖には、バリニーズ同士を交配するか、シャム猫と交配します。
猫種名は、猫たちの動きが、バリ島のダンサーの踊りをイメージさせることに由来するもので、発祥とは関係ありません。

監修: 高野八重子先生ヤマザキ動物専門学校
参考:『猫の教科書』(緑書房)

CATEGORY   長毛種

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「長毛種」の新着記事

新着記事をもっと見る