1. トップ
  2. 猫図鑑
  3. 短毛種・長毛種
  4. 飼い方
  5. スコティッシュ・フォールドの特徴と飼い方 可愛い画像いっぱい|ねこのきもち 猫図鑑

短毛種・長毛種

UP DATE

スコティッシュ・フォールドの特徴と飼い方 可愛い画像いっぱい|ねこのきもち 猫図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スコティッシュ・フォールド

スコティッシュ・フォールド

英語名
Scottish Fold
原産国
英国(スコットランド)
公認団体
CFA・TICA
毛種
短毛種・長毛種
  •  スコティッシュフォールド その1
  •  スコティッシュフォールド その2
  •  スコティッシュフォールド その3
  •  スコティッシュフォールド その4
  •  スコティッシュフォールド その5
  •  スコティッシュフォールド その6
  •  スコティッシュフォールド その7
  •  スコティッシュフォールド その8
  •  スコティッシュフォールド その9
  •  スコティッシュフォールド その10

高野 八重子 先生

ちょこんと前向きに折れ曲がった不思議な耳が印象的なスコティッシュ・フォールド。丸みを帯びた体型や、遊びが好きともいわれる愛らしいスコティッシュ・フォールドの特徴や性格、歴史やかかりやすい病気について、ご紹介します。

スコティッシュ・フォールドの特徴・性格・毛色

健康的な骨格で、動きもしなやか。長毛と短毛があり、毛色もさまざまなスコティッシュ・フォールドはアメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘアとの異種交配も可能で、愛らしい表情が人気を集めます。

スコティッシュ・フォールドの飼いやすさ 各項目の数値が大きいほど飼いやすい傾向

※文中のグラフは、『猫の教科書』(高野八重子・高野賢治著、緑書房刊)の記述を元に編集室で作成。これらはあくまで目安ですので、飼育環境や状況、個体により異なることがあります。

スコティッシュ・フォールドの歴史や背景

スコティッシュ・フォールド
tankist276/gettyimages

スコティッシュ・フォールド(通称「スコ」)は、1961年にスコットランドの農場で見つかった白いメス猫「スージー」が起源になっています。スコティッシュ・フォールドは英語で「スコットランドの折れ曲がり」を意味しているとおり、突然変異で耳が折れた子猫でした。

その後、ブリーダーや遺伝学者の協力を得て試験交配を重ねた結果、折れ耳は単独の優性遺伝子によることが判りました。つまり両親のどちらかは必ず、折れ耳であるということです。*

*遺伝子の2つの型のうち特徴が現れやすい遺伝子を「優性」(「顕性」)、現れにくい遺伝子を「劣性」(「潜性」)と呼んでいます。優れている、劣っているという意味ではありません。

とても愛らしい猫ですが同型接合性障害(垂れ耳や近親同士を購買させることで現れる骨格障害)を理由に、英国の猫種登録協会では公認されていません。

研究が進むにつれ、折れ耳同士の交配は骨格異常が出ることが確認され、現在はブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアとの異種交配もしくは立ち耳のスコティッシュ・フォールドとの交配が原則とされています。これにより、健康な骨格の猫が増えて愛好者が増え、1978年にCFAで公認されました。

また、初代のメス猫「スージー」は長毛の遺伝子を持っていたため、後の世代に誕生し、今では短毛と長毛どちらも人気を集めています。

スコティッシュ・フォールドの性格

photo by Volchanskiy/gettyimages
スコティッシュ・フォールド

外見同様にとても穏やかな性格で、傾向として、おとなしく、あまり激しく動き回る性格ではありません。また、飼い主さんに対しては、すぐすり寄ってくる、甘えん坊な一面も見られます。

人懐っこく愛情深いので、赤ちゃんや猫、他の動物とも良好な関係を築けることができ、協調性や順応性が高いといわれています。

スコティッシュ・フォールドの大きさと体型

折れ耳同士の交配は骨格異常が出ることが確認されているため、遺伝性の病気を懸念して異種交配がされるので、立ち耳のタイプもいます。また、折れ耳で生まれても耳が立つ場合があります。

耳以外にも、スコティッシュ・フォールドはまん丸な目や、ふっくらとした頬や口元がとても愛らしく特徴的です。

※注意:スコティッシュ・フォールドを迎え入れる際は、しっぽが長くて尾椎の関節がしなやかかどうか確認しましょう。

体重:2.7〜4.7kg

スコティッシュ・フォールドの毛色の種類

スコティッシュ・フォールドの毛は、柔らかで厚みがあり、ビロードのような触り心地が特徴です。長毛にいたっては、その分全体がふんわりとゴージャスな印象になります。しっぽと首回りの毛はとくに長くなります。

基本的にすべての色が認められます。傾向としては、アメリカンショートヘアと交配される場合は、タビー柄(縞模様/渦巻き模様)が出ることがあります。

スコティッシュ・フォールド
Thomas Leirikh/gettyimages

スコティッシュ・フォールドの心配な病気

・軟骨の発生障害で四肢や脊椎に発生し、重度になると痛みで歩けなくなることもある遺伝性の病気「骨軟骨異形成症」
・骨形成不全による変形性の関節疾患で、動作時に困難と痛みを伴う。主に中年期から高齢期に見られるが、若年層でも発症することがある「進行性変形性関節症」
・尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」
・心臓の筋肉が厚くなりすぎて、心臓に十分な血液を送り出せなくなる「肥大型心筋症」
・腎臓にたくさんの嚢胞(のうほう/水がたまった袋)ができ、腎臓の働きが徐々に低下し、やがて腎不全になる「多発性嚢胞腎」
・耳の中でダニが繁殖してしまい、激しいかゆみを引き起こす。折れ耳のタイプは耳の中の通気性が悪いので起こりやすい「耳ダニ症」
・折れ耳タイプは湿気が耳の中にこもりやすいため、細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」

●「スコ座り」は遺伝的な骨格異常の表れのことも

スコティッシュ・フォールドの特徴である「折れ耳」は、前述したとおり遺伝的な特徴です。しかし「折れ耳」は、骨軟骨形成不全症の症状のひとつといわれており、足などに関節に痛みがでる場合があります。いわゆる「スコ座り」といわれる座り方も、変形した関節による痛みを緩和するため、負担のかからない体勢をとっていることもあると言われています。

重度になると痛みで歩けなくなることもありますので、スコティッシュ・フォールドと一緒に暮らしている方や、これから迎え入れようと思っている方は、この猫種の遺伝的な背景やかかりやすい病気などを知り、愛猫の様子や健康状態をより念入りにチェックしてあげてください。

スコティッシュ・フォールドの価格相場(2022年)

愛猫の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護猫などさまざまな方法があります。例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格18万円~

※ペットショップ・ブリーダーのウェブサイトを編集部で調査(2022年1月)

スコティッシュ・フォールドの飼い方

ポイント(1)ストレスを与えないよう気配りを

落ち着いた性格で甘えん坊なので、猫とコミュニケーションをたくさん取りたい人向き。飼いやすいので、複数飼いをする人も多いようです。

やや神経質な傾向もありますので、大きな音が出る掃除機やドライヤーなどを使用する際は、ストレスを与えないよう別の部屋に移動させるなどの工夫をしましょう。

ポイント(2)誤食につながるものは片付けて

猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。猫は基本的に薄明薄暮性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。留守番させるときは、入って欲しくない場所には行けないよう制限し、誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。

ポイント(3)年齢と目的に応じたフードを与えて

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。

猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。

ポイント(4)1日に5~10分は遊びの時間を

穏やかな性格ではありますが、人とのコミュニケーションは大好き。お気に入りのおもちゃを使うなどして、1日に最低でも5~10分以上は集中して遊んであげましょう。

また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。猫ができるだけ自由に活動できるよう、ねこタワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。

ジャンプが得意なスコティッシュフォールドではありますが、足は短いので、ある程度の年齢になったら、よく上る場所にはステップを付けてあげるなどするといいですね。

ポイント(5)耳のケアも忘れずに

短毛の場合はブラッシングがスムーズにできるでしょう。長毛の場合は、毛が絡みやすいので1日1回、コームやピンブラシで被毛を整えてあげ、耳の中の掃除も週に一度はしてあげましょう

飼い主さんとのコミュニケーションを求める傾向にあるスコティッシュフォールドにとって、ブラッシングもまるでご褒美のような感覚かもしれません。

スコティッシュ・フォールドに似た猫の種類

スコティッシュ・フォールドに関連する記事

スコティッシュ・フォールドの飼い主さんのQ&A 

スコティッシュ・フォールドのかわいい画像や動画の記事

寝顔がかわいいスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
クッションで休むスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

監修: 高野八重子先生ヤマザキ動物専門学校
参考:『猫の教科書』(緑書房)

写真選定協力:石原さくら
猫写真家として、「ねこのきもち」表紙他多数で活躍するほか、メディアの出演・講演も多数。著書・共著に「てらねこ 毎日が幸せになる お寺と猫の連れ添い方」(KADOKAWA)、「かわいいかわいい ねこのかぶりもの」(パルコ)など。愛玩動物飼養管理士1級。A級キャットグルーマー。デボンレックスとシンガプーラのブリーディングの経験もあり、猫の品種についての造詣も深い

CATEGORY   短毛種・長毛種

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「短毛種・長毛種」の新着記事