1. トップ
  2. 猫図鑑
  3. 短毛種・長毛種
  4. ラパーマの特徴と性格・価格相場|猫図鑑

短毛種・長毛種

UP DATE

ラパーマの特徴と性格・価格相場|猫図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、「美猫」として知られる希少な猫「ラパーマ」の歴史や特徴、性格などをご紹介します。

猫種名ラパーマ
英語名Laperm
原産国アメリカ
公認団体CFA ・ TICA ・ GCCF
毛種短毛種・長毛種

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ラパーマの魅力

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「ラパーマ」という猫を、皆さんはご存じでしょうか。日本ではあまり馴染みのない猫になりますが、「美猫」として世界中で人気のある猫です。特徴はカールした毛並に、凛とした表情。自信満々に佇む姿からは、上品さまでも伺えます。実は公認されてからの歴史は浅く、これから人気が高まることも予測できるでしょう。

わたあめのようなふわふわの毛並は柔らかく軽やかで、息を吹きかけるだけでフワッと流れるほど。シングル・コートである被毛は密度も低く、なで心地も最高です。被毛は長毛と短毛があり、モジャモジャな見た目は「ジプシーシャグ」と呼ばれています。

※文中のグラフは、『猫の教科書』(高野八重子・高野賢治著、緑書房刊)の記述を元に編集室で作成。これらはあくまで目安ですので、飼育環境や状況、個体により異なることがあります。

性格

利口そうなイメージ通り、ラパーマの性格は温厚なので、飼い猫としても育てやすいと言えるでしょう。また、明るく快活な一面も持ち合わせており、犬のような忠実さも見てせくれます。美しい姿に穏やかな性格、世界中の人々を魅了するのもうなずけますね。

なお、見た目以上に、被毛は絡まりにくいので、普段のお手入れも、1日1回程度のブラッシングで問題ありません。ただし、長時間のブラッシングはカールが弱くなってしまうことがありますので、短時間のブラッシングをこまめにしてあげるのがおすすめです。

大きさ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

毛色の種類

あらゆる毛色が認められています。

迎え入れ方、価格相場

愛猫の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護猫などさまざまな方法があります。例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格15万円~
※2018年7月編集部調べ、生後3カ月前後の個体の価格です(ペットショップA)

ラパーマの気をつけたい病気

・体重が増えやすい「肥満症」

ラパーマの飼い方

ポイント(1)一緒にいる時間をつくってあげられる人向き

遊ぶことが大好きなので、一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人や、遊びに積極的に付き合ってあげられる人などは向いているでしょう。またスキンシップが好きな人にもおすすめです。

ポイント(2)誤食につながるような細かいものは片付けて

猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。猫は基本的に夜行性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。

また、猫は上下運動を好むので、猫タワーを設置したり、上っても大丈夫な場所を部屋に作ってあげたりするといいですね。

留守番させるときは、入って欲しくない場所には行けないよう制限し、誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。

ポイント(3)年齢と目的に応じたフードを与えて

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。

猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。

ポイント(4)1日に5~10分以上は遊んであげて

お気に入りのおもちゃを使うなどして、1日に最低でも5~10分以上は集中して遊んであげましょう。

また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。猫ができるだけ自由に活動できるよう、猫タワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。

まとめ

1982年、米国オレゴン州の農家で飼われていた猫が、耳がピンと大きく、全く毛の無い子猫を産みました。この出来事が、ラパーマの歴史の始まりです。他の猫と比べても、かなり新しい猫だということが分かりますね。農家に生まれた無毛の猫は、「カーリー」と名付けられました。カーリーは成長していく過程で被毛が生えてきて、4ヵ月も経つと、フワフワのカーリーヘアへと変貌します。つまり、ラパーマは交配によって誕生したものではなく、突然変異によって生まれたものでした。

TICA(米国の猫種登録協会。日本をはじめ世界中に支部がある。)ではすでに公認済みでしたが、2008年5月よりCFA(米国で設立された猫種登録協会)でも公認されました。ラパーマの歴史は、まだ始まったばかりと言えますね。なお、長毛と短毛の家庭猫での異種交配は認められています。

ちなみに、ラパーマの大きな特徴であるカーリーヘアは、優性遺伝であり、同じくカーリーヘアの「デボン・レックス」や「コーニッシュ・レックス」の遺伝子とは異なることが分かっています。

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ラパーマに関する記事

猫の性別・猫種・毛柄による違い~猫の心と体(6)


監修
高野八重子先生

CFAオールブリード国際審査員。

サンフラワーキャットクラブセクレタリー、
ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。
著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。
ヤマザキ動物専門学校

CATEGORY   短毛種・長毛種

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「短毛種・長毛種」の新着記事