1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. ブドウ膜炎[ぶどうまくえん]

UP DATE

ブドウ膜炎[ぶどうまくえん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブドウ膜炎の症状と治療、予防方法

解説

目にある虹彩や毛様体、脈絡膜などに炎症が起こる病気。ひっかき傷など外傷が原因の場合と、猫エイズ、猫伝染性腹膜炎、トキソプラズマ症などの病気が原因となることもある。とくに猫伝染性腹膜炎の場合は重症になることが多いので、早期の治療が必要になる。

原因

ひっかき傷など外傷が原因の場合と、猫エイズ、猫伝染性腹膜炎、トキソプラズマ症などの病気が原因となることもある。

症状

涙や目やにの量が増えたり、結膜炎などがみられることがあります。角膜の裏側が濁ったように見えて、前房出血が認められることがあります。

診断

白目の充血、瞳孔の縮小、眼圧の低下、スリット検査などから診断します。

ブドウ膜炎の治療

ブドウ膜炎を発症するきっかけになっている原疾患の治療と並行して、目そのものの炎症や細菌感染などに対する対症治療を行います。

ブドウ膜炎の予防

予防は困難。目を気にするそぶりや羞明(まぶしいものを見たときのように目を細めるしぐさ)、涙の量が過剰に増えるなど、目の炎症を疑う症状に気づいたら、速やかに受診をして早期発見に努めましょう。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事