1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 「そんな猫はいないよ!(笑)」 片倉家猫ズの「ゴロゴロ」音を分析してみた。 担当編集が選ぶ『ペン太のこと』至極の1話 vol.24

猫が好き

UP DATE

「そんな猫はいないよ!(笑)」 片倉家猫ズの「ゴロゴロ」音を分析してみた。 担当編集が選ぶ『ペン太のこと』至極の1話 vol.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金太の「ゴロゴロ」音が聞きたくなる至極の1話。

『ペン太のこと』担当編集S岡です。花粉症の時期はなるべく外出を控え、特に天気の良い休日は家で猫たちとゴロゴロしてます。これはこれで至福のひと時です。もちろん強がりではありません。

「ゴロゴロ」といえば、猫の「ゴロゴロ」音は、猫によって鳴り方が全然違うんですよね。
片倉家の猫ズはどんな音なのか、今回の至極の1話「ゴロゴロ音」で、その全貌が明かされます。

ゴロゴロ音

我が家の上の猫は、はむやんと同じ典型的な「ゴロゴロ」音で、下の猫はまったく「ゴロゴロ」音を鳴らしませんでした。
「この子はゴロゴロ鳴かないんだ」と思っていたのですが、ある日、「撫でて撫でて」と甘えてきたので、首回りをなでて上げると、のどの下あたりでわずかに振動が感じられました。耳をくっつけて聞いてみると「ブーブー」音が! ポン太さんと一緒でちゃんとこの子なりの「ゴロゴロ」音を鳴らしていたのです!
それからはいつも首回りを触って「ブーブー」音を堪能しております。

次回は、久々の登場! ペン太にまつわる至極の1話をお届けします!

絵本『ねこがくれた5571日』(著・片倉真二)
ただ今、絶賛発売中!
主役は『ペン太のこと』でもおなじみのはむやんです。

『ねこがくれた5571日』 片倉 真二 (著)|Amazon

『ムギのころ』が読める「コミックDAYS」はこちら

©片倉真二/講談社

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る