1. トップ
  2. 猫が好き
  3. エンタメ
  4. あるある
  5. 猫の下僕になった飼い主の実態。ハハーッと猫様の要求に応えている毎日…

猫が好き

UP DATE

猫の下僕になった飼い主の実態。ハハーッと猫様の要求に応えている毎日…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛猫のために…!」とお世話をがんばったり、愛猫に喜んでもらうために必死になっている飼い主さんも多いですよね。そんな自分の姿に、「自分は愛猫の下僕なのでは…」などと思ったりすること…ありませんか?(笑)

以前のアンケート調査では…

ねこのきもちWEB MAGAZINEアンケート vol.52 アンケート調査結果
ねこのきもちWEB MAGAZINE

ねこのきもちWEB MAGAZINEでは以前に、飼い主さん1,044名に「猫様の下僕になっていると思う瞬間があるか」どうか、アンケート調査を実施していました。その結果、約6割の飼い主さんが、「猫様の下僕になっている」と実感していることが判明したのです。

そこでこの記事では、猫飼いさんなら「その気持ちわかる!」「わたしも同じだ!」と共感してしまいそうな、「猫の下僕あるある」を紹介します♪

催促されたら断れない

気持ちよさそうに眠るスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

まずは、「愛猫に催促されたら断れない」という飼い主さんたちの声から見ていきましょう。

  • 「『遊べ』と言われたら飽きるまで遊ばせていただきます! 『撫でろ』と言われれば飽きるまで撫でさせていただきます!」

  • 「あの眼力で見つめられると何でも従います」

  • 「どんなに眠いときでも、顔に猫パンチされ強引に起こされ、ご飯の準備をさせられるときなど(笑)」

  • 「ニャーンと鳴くたびにハハーッと猫様の要求に応えている毎日」

  • 「甘えた鳴き声でおやつを貰えることを覚えたみたいで、毎晩決まった頃に鳴かれる。従わざるを得ない」

愛猫に「ごはんがほしい」「遊んで」「ナデて」などと鳴いて催促されたら、断れない飼い主さんが多いみたいですね。なかには、じっと睨まれたら従わざるを得ないという声も…(笑)

自分の優先順位は最下位

かばんに入るブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫を飼うと「自分の優先順位は最下位」になってしまうみたい?

  • 「忙しいときでも面倒くさいときでも、お猫様優先にしてしまうとき」

  • 「朝起きたらまず猫様のお世話からします。会社から帰ってもまず猫様のお世話です」

  • 「ご飯は必ず猫様が先に食べます。お父さんはトイレ掃除など、すべてが終わらないと食べられません」

  • 「自分のことがすべて後回しになっている」

朝起きたときや、忙しいとき、帰宅してすぐなどでも、「まずは愛猫のお世話」を。終わってからようやく、飼い主さんたちは自分のことができるみたいです。猫を飼って、生活が「猫中心」に変わったという飼い主さんが多いのかもしれませんね。

自分の寝場所がない

爪とぎでくつろぐキジトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫と一緒に寝ると、「自分の寝場所がなくなる」という現象が起こるみたいです(笑)

  • 「寝ようとベッドに行くと、先にど真ん中で枕に頭を置いて寝ている。仕方ないのでそっと横に小さくなって寝ている」

  • 「ベッドを奪われてしまうと、隅っこで起こさないように寝ている自分がいます」

  • 「整えたベッドの真ん中に猫が寝て、私はその端にお邪魔させていただいてる」

  • 「ウチは6頭の多頭飼いというのもあり、お布団を占領されて空いてる隙間で縮こまって寝ることもよくあります。そういうときは、猫たちが気持ちよく寝てるならわたしは床でもいいって気持ちになります」

「飼い主さんのベッド=猫のもの」になってしまっているよう…(笑) ベッドを愛猫に占領されてしまうので、飼い主さんはごくわずかなスペースを見つけて寝ているみたい。気持ちよく寝ている愛猫を踏んだり起こしたりしないように、寝返りも打てずに縮こまって寝ている飼い主さんが多いようですね(笑)

愛猫の下僕になれて幸せ♡

くつろぐマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫のお世話をすることが生きがいになっているという声もありました。

  • 「猫様のお世話をさせていただくことが嬉しくて仕方ない」

  • 「いつもこの子たちのために!って思ってしまう」

  • 「『仕方ないなぁ~』とか言って猫の言いなりになってしまうとき(顔はニヤニヤ)」

  • 「猫中心の生活・猫のために働いているという事実」

「下僕になっている」と言いつつも、愛猫の下僕になれて喜びや幸せを感じている飼い主さんも(笑) 大変なことやツラいことがあっても、愛猫の存在のおかげで「がんばろう」という気持ちになれる飼い主さんもいるのかもしれませんね。

「猫の下僕あるある」をいくつかご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 「猫の下僕だ…」と自虐はしてみるものの、どの飼い主さんも満更でもなさそうでしたよね(笑) 

みなさんも、共感できる下僕エピソードはあったでしょうか?

『ねこのきもちWEB MAGAZINEアンケート vol.52』
参照/ねこのきもちWEB MAGAZINE『「猫様の下僕になってる」と思う瞬間を調査 すごいエピソードの数々が…!
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る