1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 「イマドキ」は違う?野生では見られない飼い猫の行動4選

猫が好き

UP DATE

「イマドキ」は違う?野生では見られない飼い猫の行動4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を飼いはじめると、飼う前に抱いていたイメージとギャップがある! と感じる飼い主さんは多いようです。「なんだか猫らしくないかも?」という行動は、実は人との生活の中でするようになったものなのだとか。
今回は、そんな「イマドキ」な飼い猫独自の行動を4つご紹介します。

1、「イマドキ」は目が合うとじっと見つめる

キジトラの粒こしょうちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

野生の猫にとって見つめ合うことは「敵意」の証です。母猫やきょうだい猫など血縁関係にある猫に対して、細目で見つめて親愛の気持ちを示すことはありますが、本来はほかの猫と目が合ってもすぐにそらします。

しかし飼い猫は、飼い主さんをじっと見つめ返すことがあります。これは、見つめることで飼い主さんが食事を用意してくれたりなでてくれたり、自分の「願い」を叶えてくれると分かっているから。その嬉しさを覚えていて、見つめることを繰り返していると考えられます。

2、「イマドキ」は仰向けでお腹を見せる

スコティッシュフォールドのあずきちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

お腹には大切な臓器が集まっているため、猫の急所ともいえる部分です。そのため野生の猫は岩穴などに入り体を丸め、お腹を隠した状態で休みます。

それに比べ飼い猫は「どんな姿勢でも攻撃されない」という安心感から、ごろーんと仰向けになりお腹を見せてくつろいでいる姿がよく見られます。安全な環境や飼い主さんへの信頼からくる行動といえるでしょう。

3、「イマドキ」は排泄物を隠さない

サバトラのハロちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

野生の猫は「ニオイ」に気をつけています。縄張りにニオイを残すことで敵に自分の居場所が特定されるからです。そのため排泄したあとは地面に穴を掘って排泄物を隠します。

しかし飼い猫は、排泄物をそのままにして立ち去ることがあります。これは飼い主さんにすぐ片付けてもらえることや、ニオイがしても悪いことが起こらず気にならないからと考えられます。

4、「イマドキ」は人の体に乗ってくる

レオくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

本来、野生の猫は単独で行動します。母猫やきょうだい猫など血縁関係がある場合は例外ですが、ほかの猫と体をくっつけ合うことはありません。

それなのに飼い猫が人の体に乗ってくるのは、飼い主さんに自分の存在をアピールして甘えたいから。いつもお世話をしてくれる飼い主さんは母猫のような存在なので、大きくなっても子猫気分で甘えたいのかもしれませんね。

野生の猫では見られない「イマドキ」な飼い猫の行動を4つご紹介しました。野生の猫と違って、安心しきっていることがよく分かります。このような行動は、人との生活で育まれた信頼の証といえるのかもしれませんね。

参考/「ねこのきもち」2018年5月号『「本来の猫」とのギャップがすごい!イマドキ飼い猫の真実』(監修:哺乳動物学者 川崎市環境影響評価審議会委員 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/えむら若奈
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る