1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 「猫は孤独を好む生き物」だけど、孤独を感じてしまうコも…飼い主が意識したいことを解説

猫と暮らす

UP DATE

「猫は孤独を好む生き物」だけど、孤独を感じてしまうコも…飼い主が意識したいことを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はマイペースでひとりが好きなイメージが強いかもしれませんが、なかには孤独を感じてしまうようなコもいるようです。

今回、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

孤独を感じる猫もいるの?

カゴに入る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫は孤独な気持ちになることがあるのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「そういう猫もいるでしょう。猫はもともと孤独を好む生き物といわれていますが、なかには甘えん坊のコもいます。そういうコの場合、飼い主さんがあまり相手をしてくれないと、孤独を感じてしまうでしょう。

猫が自分から近づいてきたときには、『かまってほしい』のサインかもしれません。遊びに誘ったり、スキンシップを試みてください。

また、『かまわれすぎたらイヤ』と思う猫が多いのですが、飼い主さんがテレワークなどで一日中家にいるのに、まったく愛猫に関心が向かないなどの場合は、孤独を感じてしまうかもしれません。

適度な距離感を保ちつつ、お互いの存在が意識できるくらいがちょうどよいのかもしれません」

猫を孤独な気持ちにさせないような工夫をしよう

見つめるマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

——猫を孤独な気持ちにさせないように、飼い主さんが意識したいことはなんでしょうか?

獣医師:
「愛猫のふだんの生活をよく観察してみましょう。そうすれば、どういったタイミングで愛猫が飼い主さんに近づいてくるか、わかるようになると思います。

たとえば、昼間はとにかくゆっくりのんびり、ひとりで寝ていたいコもいれば、お腹がすいたタイミングで甘えてくるコもいるかもしれません。

愛猫の生活リズムを把握したうえで、お腹が満たされて1時間ほどしたら遊びに誘ってみるなど、そのコに合ったコミュニケーションをとってあげましょう。

飼い主さんが愛猫の生活リズムを知ることで、愛猫を孤独にさせないような工夫をしてみてください」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る