1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 猫の寒さ対策は全国共通ではなかった!『地域別』対策と注意点

猫と暮らす

UP DATE

猫の寒さ対策は全国共通ではなかった!『地域別』対策と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫に必要な寒さ対策は、地域ごとに異なります。なぜなら、地域によって冬の天候や寒さには違いがあるから。今回は日本を8つのエリアに分けて、各地域の特徴に合わせた猫の寒さ対策を解説します。お住まいの地域にぴったりの寒さ対策をみつけてくださいね。

【北海道】寒さ対策の「やりすぎ」に注意

こたつから出てきたルルくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

北海道の冬は、最高気温が0℃を下回る「真冬日」がほとんど。寒さが厳しすぎる土地柄ゆえに、住宅の防寒対策は万全です。

人によっては半袖で過ごせるほど暖かい室内では、猫の寒さ対策のやりすぎはNG。暖かくしすぎると、熱中症や脱水症状を引き起こす心配もあります。

猫が暑さを感じたときに自由に飲めるように、暖房器具のそばに新鮮な水を用意しておくなどしましょう。

【東北】太平洋側は乾燥への対策も

加湿器とこたろうくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

本州の中でも北部に位置する東北の冬は、日本海側・太平洋側を問わず厳しい寒さです。猫が過ごす室内全体を、エアコンなどで一日中暖かくしてあげる必要があります。

雪や雨の多い日本海側に比べて、太平洋側は空気の乾燥も気になります。乾燥した空気はウイルスの蔓延にもつながり、猫の体調不良の要因にも。加湿器などを使って、部屋の空気に潤いを与えましょう。

【関東・甲信】朝晩の冷え込みに注意が必要

窓辺で眠るラブくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

冬でも晴れる日が多く、日中は比較的暖かく過ごせる関東・甲信。陽の光が心地よい日には、猫ベッドを暖かな窓辺に置いて日向ぼっこをさせてみては?

注意したいのは、朝晩の極端な冷え込みです。特に内陸部では、気温が-10℃程度にまで下がるなど、昼間との寒暖の差が激しいことも。猫ベッドは窓辺に置きっぱなしにせず、夕方以降は忘れずに片付けて。

【東海】雪の多い地域では充分な寒さ対策を

こたつから顔を出すがんちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

晴れの日が多い関東寄りの地域(静岡県など)では、暖かい日を選んで猫に日向ぼっこをさせてあげましょう。また、空気の乾燥対策もお忘れなく。

一方、雪の多い飛騨地方(岐阜県)、強い北風の影響を受けやすい美濃地方(岐阜県)・愛知県・三重県では、暖房器具を活用して部屋の中を暖め続けることが必要です。

【北陸】猫の寝床は窓辺から離して

寝起きのもなかちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

雪深く、雨の多い北陸の冬。日本海から吹き付ける強い風の影響で、昼夜を問わず気温はほぼ一定。部屋を充分に暖めて、愛猫を寒さから守りましょう。

雷が多いことも北陸の冬の特徴。猫のストレス源となる雷の音や光を避けるため、寝床は窓辺から離れた場所に置いてあげて。身を隠せるソファなどの大型家具のそばがおすすめです。

【近畿】暖かなエリアでは日向ぼっこもおすすめ

日向ぼっこ中のヤマトくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

雪や雨の多い京都府や兵庫県の北部、朝晩の冷え込みが厳しい京都府や奈良県などの内陸部は、部屋をしっかりと暖めて寒さ対策を。

その他のエリアは、特に南側に近付けば近付くほど、晴天の日が多くなるでしょう。日向ぼっこは猫へのよい刺激になるため、よく晴れた日中にはぜひ取り入れてみて。

【中国・四国】寒気の流入に警戒を

テレビの前に座る猫たち
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

中国・四国エリアの冬に気を付けたいのは、年に数回起こる「中国大陸からの寒気の流れ込み」です。寒気がやってくると、日本海に面したエリアを中心に大雪が降り、急激に寒くなる心配があります。

充分な寒さ対策のためには、寒気の流れ込むタイミングを早めに把握することが大切。週間天気予報はこまめに確認を。

【九州・沖縄】気温の急低下に備えよう

毛布に包まれるとらくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

一年中温暖な沖縄を中心に、冬でも比較的暖かく過ごしやすい九州・沖縄エリア。エアコンをつけっぱなしにするといった入念な寒さ対策は不要です。

ただし、九州の内陸部は朝晩の冷え込みが厳しい地域。その他のエリアも、寒気の影響でガクンと気温が低下することもあります。天気予報をチェックし、寒くなる前には暖かな寝床や毛布をたくさん用意してあげましょう。

日本各地の気候に合わせた、猫の寒さ対策をご紹介しました。お住まいのエリアに適した寒さ対策で、愛猫と一緒に快適な冬を過ごしましょう!

参考/「ねこのきもち」2018年11月号『寒さは全国共通ではないから 「地域別」対策でこの冬を乗り越えよう』(監修:気象予報士 獣医師 (株)ライフビジネスウェザー所属 鈴木勝博先生)
文/藤真もとみ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る