1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. しぐさ
  4. しっぽで飼い主にタッチ、顔をスリスリ。猫のしぐさの理由と応え方とは?

猫と暮らす

UP DATE

しっぽで飼い主にタッチ、顔をスリスリ。猫のしぐさの理由と応え方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫同士でお互いの気持ちを伝えるための行動は、飼い主さんに対しても行われることがあります。今回は、動物看護士の小野寺温先生監修のもと、猫同士で見られるしぐさの意味と、それを飼い主さんにしてきた場合の対応について解説します。

猫同士でしっぽを絡ませ合うのはどうして?

仲良しな兄妹
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

母猫と子猫や、きょうだい猫など親密な関係性の猫同士の場合、しっぽを絡ませている姿を見かけることがあります。
じつは猫のしっぽは、あいさつ以外にも好きな気持ちを伝えたいときなどにも使われます。
しっぽの付け根の背中側には臭腺があり、ここを絡ませてニオイを交換することが親愛の印になるのです。

飼い主さんにしっぽをくっつけてきたら……?

ベンガルの天寅ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫が飼い主さんに意図的にしっぽをくっつけてくるのは、自分のニオイをつけて安心したいからと考えられます。
そのため、このしぐさをしてきたら、しっぽの付け根の背中側にある臭腺を触って刺激してあげましょう。その延長で、親指と人差し指で輪っかを作り、しっぽの先に向かってスッとスライドさせてあげるのもおすすめ。しっぽを握らないように注意してくださいね。

猫同士で顔をこすりつけ合うのはなぜ?

仲良しな2匹
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

仲のいい猫同士でよく見られる、通称「スリスリ」。
猫の顔や体には、先述した臭腺の集まる部位が複数あります。そこを何かに付けることでフェロモンを放出するため、とくに臭腺が多く、こすりつけやすい顔で相手にスリスリし、好きな気持ちを伝えているのだとか。なかには頭突きのように、激しくゴッチンとしてくる猫も。

飼い主さんに顔をこすりつけてきたら……?

スリスリする藍太郎ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

スリスリは、相手が飼い主さんになっても、猫同士の場合と同じです。顔から出ているフェロモンをつけて「自分のもの」と主張したい、いわゆる愛情表現のひとつ。
この場合、臭腺の集まる部位を刺激してあげると喜びます。指で頬やあご、耳のつけ根をカキカキしてみましょう。
また、飼い主さんの頭に、猫同士のようなスリスリやゴッチンをしたがる猫もいるため、その場合は頭を差し出してもいいでしょう。

言葉を使えない猫は、さまざまなコミュニケーションツールを用い、それを飼い主さんにも応用してきます。大切な愛猫からのサインだからこそ、その思いをくみ取って、気持ちにしっかりと応えてあげたいもの。今回ご紹介した内容もぜひ参考にしてくださいね。

お話を伺った先生/小野寺温先生(帝京科学大学講師 動物看護士)
参考/「ねこのきもち」2021年4月号「猫同士のコミュニケーションがお手本!」愛猫と気持ちを通わす"ネコメソッド"」
文/田山郁
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る