1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 生態・行動
  5. 気づいてあげたい!『不器用な猫』が見せる"控えめ愛情表現"|獣医師解説

猫と暮らす

UP DATE

気づいてあげたい!『不器用な猫』が見せる"控えめ愛情表現"|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫のしぐさや行動を見ていて、「うちのコって、もしかして不器用?」と感じることはありませんか? 猫にもいろんなタイプのコがいておもしろいですが、今回は「不器用な猫」が見せるしぐさや愛情表現について、ねこのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生が解説します。

控えめすぎて伝わらない? 不器用な猫が見せるしぐさ

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫にもいろいろな性格があり、「不器用」といわれるタイプのコもいます。不器用なタイプの猫は、おっとりした性格のコや、控えめなコ、臆病なコである傾向があるでしょう。

不器用な猫は表現が下手で、控えめすぎて飼い主さんに気持ちが伝わらず、スルーされてしまうような場面も多々あると思います。

また、多頭飼育をしている家庭では、ほかの猫の圧に負けておやつやおもちゃを横取りされてしまうコの姿を見かけることもあるのではないでしょうか。

不器用な猫が見せる愛情表現

不器用な猫が見せる愛情表現に、気づかない飼い主さんもいるかもしれません。たとえば、ゴロゴロ・スリスリなどのわかりやすい愛情表現よりも、近づくと逃げてしまうけれど、ひっそりと飼い主さんのそばにいてくれる…といったような、控えめな愛情表現であることが多いでしょう。

こうした不器用な猫の表現は、とても猫らしいともいえますね。

愛猫表現がストレート! 積極的な猫のしぐさ

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

一方で、ストレートに気持ちを表現してくるような積極的な猫もいます。そういうコは、声や動きが大きい傾向に。たとえば、「自分を優先してほしい」「自分を見てほしい」「自分をかまってほしい」と鳴いたりすり寄ったり、飼い主さんにくっついたりと積極的に自分をアピールします。

あくびをする猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫にも控えめなコとそうでないコがいますが、「気持ちを表現する猫」を「気持ちを受け取る飼い主さん」がしっかりと理解してあげようとすることが、愛猫との信頼関係を築くうえでとても大切になってくると言えるでしょう。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ
編集/ねこのきもちWeb編集室​

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る