1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【猫のいびき】人とは違うの?病気との関連や原因・対処法を解説!

【猫のいびき】人とは違うの?病気との関連や原因・対処法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫が寝ているときに、寝息が聞こえたことはありませんか?「スースー」や「ピーピー」など、かわいい寝息にキュンとしてしまう飼い主さんも多いはず。しかし寝息の音によっては、病気の危険が隠れているかもしれないのです。ここではいびきの聞き分け方や対処法をご紹介します。

猫もいびきをかくの?

ヘソ天寝のスコティッシュフォールドのくうちゃん♪
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫もいびきをかきますが、人のいびきとはメカニズムが異なり、猫の場合は鼻の内部の鼻腔が狭くなることによって起こります。ここでは、猫のいびきの種類と原因を解説します。

ただのいびき

寝息にしては大きいけれど、人のいびきと比べると音が小さいという場合は、鼻腔が狭くなったことにより起こる「通常のいびき」である可能性が高いです。このいびきの場合は心配しすぎる必要はありませんが、他に鼻水などの症状がある場合は、獣医師に相談した方が良いでしょう。

肥満によるいびき

猫も人と同じで、肥満傾向にあると脂肪が気道を圧迫し、いびきをかきやすいと言われています。もし愛猫が肥満傾向にある場合は、食事量や運動量などを工夫しながら、適正な体重を保つことが大切です。

アレルギーなどによるいびき

花粉やハウスダスト、たばこの煙などが鼻や目の粘膜に付着することで炎症が起き、いびきが酷くなることがあります。こうした外的刺激で鼻腔が狭くなりアレルギーが重症化した場合は、獣医師に相談するようにしてください。

先天性のものからくるいびき

気管虚脱や軟口蓋過長症などの生まれつきの障害も、いびきをかく原因となります。

病気の可能性のあるいびきの聞き分け方

ぬいぐるみとぐっすりな、さねすけくん♪
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

気持ち良さそうな寝息は大丈夫

「ピーピー」「プープー」「スースー」など、気持ち良さそうに寝息をかいている場合は、ほとんど心配する必要はありません。むしろ熟睡している証と言えるでしょう。

重低音でいびきをかく場合は要注意

猫が低くて大きな音で「ゴーゴー」などといびきをかきはじめた場合は、猫風邪、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻腔内腫瘍といった病気にかかっているおそれがありますので、注意が必要です。

もしいびきと関連する病気について不安がある場合は、いびきの原因をはっきりさせるために、動物病院での詳しい検査が必要になってきます。愛猫が睡眠中に大きないびきをかいたり、起きているときの呼吸に雑音が混じったりしていたら、早めに診察を受けましょう。

いびきをかきやすい猫種

スヤスヤ眠るエキゾチックショートヘアのぽーくん♪
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

近年人気のエキゾチックショートヘアやペルシャ、ヒマラヤン、スコティッシュフォールドのような鼻が低い猫種は、普段から鼻腔が狭くなりがちなので、いびきをかきやすいと言われています。ただし、呼吸ができている状態でのいびきは、特に健康などの問題はありません。また、病気にかかった場合は、他の猫種と同じように大きないびきをかきますので、症状が気になるときは獣医師に相談することをおすすめします。

大切な我が子が寝ている姿は微笑ましいものです。長く一緒にいられるように、寝息にも少し耳を傾けてみることが大切かもしれませんね。

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師が解説】猫のいびきに潜む危険とは|いびきの原因と対処法』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/Un
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る