1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. そんな本音が隠されていたなんて… 猫の“爪とぎ”の意外なワケ

そんな本音が隠されていたなんて… 猫の“爪とぎ”の意外なワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がバリバリ爪をとぐ意外な本音

猫にとって“爪とぎ”は、生きていくうえで必要な本能による行動のひとつ。
さて、その“爪とぎ”ですが、そもそもなぜするのかご存知でしょうか?

「爪のメンテナンスをしている」という声が多く聞こえてきそうです。

はい、正解です!
層になった爪をもつ猫は、外側の古い爪を剥がすことで鋭さを保っているとか。

とくに若い猫は爪の伸びが早いそうで、
頻繁にメンテナンスをするそうですよ。

「へぇーー」という声、いただけたでしょうか……。

さてさて、ここからは意外な理由をご紹介しましょう。


マーキングをしたいから

自分のニオイを付けて縄張りを主張するために
“爪とぎ”をすることもあるそうですよ。
ニオイが出る「臭腺」が足の裏にあるのだそう。

高い場所に爪跡を残したり、
その際に後ろ足で立ち上がるポーズも一種のアピールだという説もあるようですよ。

気持ちを落ち着かせたいから

人が、失敗すると頭を掻くのと同じで、
猫も気持ちを落ち着かせようと“爪とぎ”をすることがあるそう。
これは、猫の行動学では「転位行動」といわれいます。

気持ちは分かりますが、カーペットでは「やめて~~(涙)」ですよね……。

遊びの準備をしたいから

もし、飼い主さんを見ながら“爪とぎ”をしている場合は、
「飼い主さんと遊びたい」という気持ちでしていることが多いよう。
飼い主さんと遊ぶ気満々で準備運動をしているなんて、
気持ちに応えてあげたいですよね♡

猫の“爪とぎ”には、まだまだいろいろな気持ちが隠されているそうですよ。

猫の“爪とぎ”、奥深いですよね。

※写真の一部はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
参考/「ねこのきもち」2016年7月号『バリバリ爪とぎしたくなる! そのココロは?』、2018年6月号『毎日は猫からのニャモ~レに溢れてる!』
文/Betty

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る