1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. そんなこと思ってたの? 猫の“あるある”行動の裏には意外な本音が!

そんなこと思ってたの? 猫の“あるある”行動の裏には意外な本音が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉を話さない猫は、そのときの気持ちや「~してほしい」といった欲求を、しぐさや行動で人に伝えます。しかし、長年連れ添っていても「何を考えているんだろう?」と不思議に思うこともありますよね。今回は、猫のしぐさに隠された本音を探ってみましょう。

お手入れしてるの?「なめなめ」

ぺろーん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー



猫が前足を「なめなめ」するのは、毛づくろいをするためです。ザラザラした舌で、毛についた汚れを取り除き、体を清潔に保とうとしています。また、「なめなめ」にはニオイを消す役割もあります。もともと単独で狩りをしていた猫は、獲物に気付かれないよう、自分の体のニオイを消す必要があったのです。「なめなめ」をしているときの猫の気持ちは、リラックスした状態だといわれています。

「なめなめ」をする、もうひとつの理由

きれいにするにゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー



実は「なめなめ」には、もうひとつ理由があります。猫は何かに失敗して動揺したときにも、気持ちを落ち着かせるために「なめなめ」行動をします。自分でスキンシップをすることで、リラックスしようとしているのかもしれませんね。

ちなみに、ほかの猫や飼い主さんを「なめなめ」するのは、違うニオイをなめ取って安心するための行為と考えられています。

攻撃してるの?「猫パンチ」

猫パンチ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー



猫同士のケンカや遊びの最中などに、前足を振り上げて威嚇するしぐさを「猫パンチ」ということがあります。体や頭を後ろに引きながらパンチするのが、この「猫パンチ」の特徴です。一見怒っているようにも見えますが、おそるおそるパンチを繰り出すしぐさは、攻撃というよりも「ちょっと怖い……」という気持ちの表れだといわれています。

「猫パンチ」をする、もうひとつの理由

エィ!
ねこのきもち投稿写真ギャラリー



「猫パンチ」にも、もうひとつ理由があります。猫同士のケンカや遊びのとき以外に、ぬいぐるみやおもちゃに向かって、猫パンチをしているのを見たことはありませんか?これは、得体の知れないものに対しての警戒心からくる行動と考えられています。強気の攻撃なのかと思いきや、恐怖心から出た防御法だったのです。



このように、猫がよくするしぐさは、いろいろな意味をもっている場合があります。表面上はこう見えるけれども、実はこんな気持ちだった!ということは、人相手でもあることです。猫は話すことができないので、飼い主さんが上手に気持ちを汲み取ってあげてくださいね。





参考/「ねこのきもち」『愛猫の本音事典』(監修:動物関係のライター・エッセイスト 加藤由子さん)
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る