1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 室内飼いの猫だから安心…とは限らない!家で起こる4つの事故

猫と暮らす

UP DATE

室内飼いの猫だから安心…とは限らない!家で起こる4つの事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を家の中で飼っていれば安心……そう考える人もいるかもしれません。しかし、室内であってもあらゆる危険が潜んでいるのです。

室内飼いの猫がとくに注意したい4つの事故について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

室内飼いの猫が注意したい事故1:留守中の怪我

見つめる猫
getty

室内飼いの猫で多い怪我は、飼い主さんが見ていないとき、すなわち留守中に起こることが多いです。

よくある事例としては……

  • ドアや引き出しの間に足を挟み、その衝撃で爪が折れる
  • 高い場所に飛び移るときに失敗して落下し、関節をひねったりする


などが多いでしょう。

高層マンションで猫を飼っている場合は要注意!

最も危ないのは、高層マンションなどに住んでいる猫です。窓が少し開いていて、その隙間から飛び降りてうまく着地できずに落下し、気胸や出血、骨折などの重篤な状態になってしまうこともあります。

猫が怪我をしたときの飼い主さんの対応は

見つめる猫
getty

軽く足を挟んだりしただけであれば、猫に無理はさせず、行動に制限をかけて安静に。しばらく様子を見ましょう。

元気も食欲もあって、数日で落ち着くようであれば問題ありませんが、痛みが続き跛行が残ったり、様子がおかしいようであれば動物病院につれて行きましょう。

重症例の場合はすぐに病院に連れて行く必要がありますが、猫が痛がり、興奮して暴れる場合もあります。

その際は、大きめのタオルや毛布などで猫をそっと包み、箱型の入れ物などに猫を入れて病院へつれて行ってあげてください。

室内飼いの猫が注意したい事故2:誤飲・誤食

遊ぶ猫
getty

誤飲や誤食もよく起こる事故といえます。とくにお留守番中の誤飲・誤食には注意が必要です。

たとえば、キッチンに侵入した際に、そこに置いてあるものを誤って食べてしまうことも。また、部屋の中に観葉植物を置いている場合は、誤食の危険性もあります。

猫の誤飲・誤食を防ぐために

誤飲・誤食を防ぐには……

  • 猫が食べてはいけないものは出しっぱなしにしないor鍵付きの収納スペースに入れる
  • 猫がいる部屋には観葉植物を置かないようにする


などの対応をするのがいいでしょう。

室内飼いの猫が注意したい事故3:脱走

外に出る猫
getty

飼い猫でも、家から脱走したがる猫はいます。脱走の理由としては、以下の3つが考えられるでしょう。

①性衝動によるもの(とくに男性ホルモンによる)

とくに性成熟したオス猫は、メス猫を探すために外に出て歩き回ります。これは猫の本能によるものなので、対策をしなければ止めることはできません。

性衝動による脱走を防止するには、去勢手術(メスであれば不妊手術)を考慮しましょう。

②もともと外で長く生活をしていた猫

外にいる猫
getty

外で長く暮らしていた猫は、外にも自分の縄張りがあると認識しているので、縄張りを確認するために外に出たがる傾向があります。

また、自由に外に出ていた環境を恋しく思うこともあるので、脱走することがあるのです。

③アクシデント

アクシデントが引き金となり、脱走してしまうこともあります。たとえば……

  • 掃除機をかけるときに窓が開いていた
  • 移動中にキャリーケースが突然壊れた
  • 来客の際にドアが開いていた
  • ベランダから飛び降りた
  • 雷や地震などに驚いて外に出てしまった


などが原因となり逃げてしまうことも。

猫の脱走を防止するためには

座る猫
getty

脱走防止の柵などを設置

猫の脱走を防ぐには、物理的に脱走を防止するのが効果的です。たとえば……


  • 猫が脱走しそうな窓は開けない
  • 猫用脱走防止用の扉やパーテーションなどを利用する
  • ストッパー(網戸ストッパーやドアストッパーなど)をつける


などをしてみてください。

猫が飽きない環境づくり

遊ぶ猫
getty

家の中で猫が飽きないような工夫をすることも、脱走対策になります。

たとえば……

  • 縦の空間を使って遊べるキャットタワーやキャットステップなどの設置
  • 飼い主さんがおもちゃを使って猫と遊んであげる
  • 猫が安心してくつろげる場所を作ってあげる


などをするといいですね。

飼い主さんのちょっとした心がけ

飼い主さんと猫
getty

ほかにも……

  • キャリーケースなどは使用する前に壊れていないか確認する
  • 猫が通る場所の窓を開けない


など、人間側も猫の脱走に注意を払うようにしましょう。

室内飼いの猫が注意したい事故4:熱中症

見つめる猫
getty

とくに夏の暑い時期は、締め切った部屋での熱中症などにも注意が必要になります。

猫の熱中症を予防するには

熱中症予防にはエアコンを利用して室温管理をしっかりと行い、水も十分に飲めるようにしておきましょう。とくにお留守番をさせるときは注意したいですね。

猫が快適に感じる温度は、一般的に27℃前後だといわれています。エアコンのない部屋にはひんやりグッズを置いてあげるなど、工夫をしてあげましょう。

また、エアコンで部屋を涼しくした場合、猫が寒いと思ったときに暖まれる毛布などのアイテムを用意してあげてください。

エアコンのついている部屋とついていない部屋を猫が行き来できるようにして、心地いい場所を自由に動けるようにすることも大切です。

その際は、前述のように誤飲や誤食、脱走を予防する柵の設置などの配慮も必要ですね。

熱中症対策についてのくわしい解説は、下記の記事も参考にしてみてくださいね!

気温が高くなる前に知っておきたい! 留守中の猫の熱中症対策

眠る猫
getty

室内で飼っているから安心! と思わず、室内だからこそ注意したい事故もあると飼い主さんは知っておいてほしいです。

そして、事故を防げるように日頃から対策をするようにしましょう!


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る