1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 不安や不満が原因に?「愛情不足」を感じている猫に見られる特徴

猫と暮らす

UP DATE

不安や不満が原因に?「愛情不足」を感じている猫に見られる特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は不安や寂しさ、不満などが原因となり、愛情不足を感じてしまうことがあるようです。

この記事では、猫が愛情不足だと感じているときに見られる特徴や、愛情を伝えるときのポイントについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

愛情不足を感じている猫に見られる特徴

見つめる猫
getty

家猫として生まれたときから、人と一緒に育った猫は人に対する依存心や愛情が大きく、それが急になくなったり減ったりすると、精神的に不安定になってしまいます。

そのようなときには、下記のような症状が見られることがあります。

自分を落ち着かせるグルーミング あまりに続くと脱毛、皮膚炎に

程度が軽い初期には、猫は自分を落ち着かせるためにグルーミングをしますが、それが続くと脱毛や皮膚炎を起こすほどになることも。

甘えん坊のコに多い「ウールサッキング」

子猫や甘えん坊のコでは、フミフミやおっぱいを飲む動作であるチューチュー吸う行動をすることもあります。それが高じると、「ウールサッキング」といって毛布などの繊維を食べてしまうこともあり、注意が必要です。

不安感から分離不安や食欲不振、下痢、嘔吐も

また、不安が募ると行動が落ち着かなくなったり、大きな声で鳴くなどの分離不安になることも。食欲不振、下痢、嘔吐などの体調不良も見られるようになります。

分離不安とは

パソコンの上に乗る猫
getty

分離不安とは、飼い主さんがいないことで気持ちが不安定になり、それによって問題行動を起こすこと。主な症状としては、下記の7つのようなことが挙げられます。

  1. 鳴き続けてつきまとい、飼い主さんのトイレ、お風呂などいろんなところについてまわる。
  2. トイレではないところで粗相する。
  3. 家具などにマーキングする。
  4. 執拗に体をグルーミングする。それに伴う脱毛を起こす。
  5. 食欲がない、元気がない。
  6. 下痢、嘔吐。
  7. 物を壊すなどの破壊行動をする。


分離不安については、下記の記事も参照してみてください↓

愛猫は大丈夫? 猫の「分離不安」に見られる7つの症状

猫が「不安」を感じる状況とは?

寝そべる猫
getty

猫は、あまり変化を好まない動物です。たとえば、以下のような状況に不安を感じることがあります。

  • 引っ越しで環境が変わる
  • いつも家にいる人が家から出てしまう
  • 決まった場所にあったお気に入りのスペースがなくなる


このような日常生活の変化についていけないときに、不安感が増すようです。こうした状況が影響し、愛情不足を感じていることもあるのかもしれません。

猫が「不満」を感じる状況とは?

見つめる猫
getty

猫が愛情不足を感じる原因に、不安のほかにも「不満」が関係していることがある可能性も。

生活のなかで、猫も「こうしたい」「こうしてほしい」とさまざまな欲求があります。これらの欲求が満たされないと、不満を感じることになります。

具体的には……

  • 十分に食事ができていない。
  • 新鮮な水を好きなときに好きなだけ飲めない。
  • 気に入ったトイレで落ち着いて排泄できない。
  • 生活環境がうるさくて眠れない。
  • 寒すぎる、暑すぎる。
  • 体の具合が悪かったり、痛い箇所がある。
  • 遊び足りない。
  • 飼い主さんに甘えられない、構ってもらえない。


など、さまざまな理由で不満を感じているのです。こうしたことが、愛情が足りないと感じる原因になっているかもしれません。

猫への上手な愛情の伝え方のポイント

見つめる猫
getty

猫に愛情を伝える方法としては、まずは猫にとって快適な生活を送れる環境を整えてあげることが一番でしょう。

猫の欲求をすべて満たしてあげるのは不可能ですが、健康的に生活できるように環境を整えてあげれば、大きな不満を抱えることは少ないと思います。

たとえば……

  • 食生活をきちんと管理する
  • トイレなどの衛生面を整える
  • 室温を快適に保つ


などから見直してみましょう。

愛情のある接し方とは?

飼い主さんと猫
getty

接し方については、愛猫の性格を把握しておくことが必要です。甘えん坊かクールなタイプなのかでは、接し方は変わってくるはず。性格と接し方にズレがあると猫にとってはストレスになり、愛情が伝わりにくくなってしまいます。

飼い主さんは自分のライフスタイルや愛猫の性格から、ちょうどいい距離や接し方を知っておきましょう。そのためには、愛猫の気持ちを考えてちょっとしたサインを見逃さず、スキンシップや声かけ、お世話をしてあげてくださいね。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る