1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 意外と知らない!? 猫と飲み水についてのお話

猫と暮らす

UP DATE

意外と知らない!? 猫と飲み水についてのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水を飲むことは健康維持には欠かせないこと。しかし、愛猫にはどれくらいの水分量が必要なのか、また、実際普段どれくらい飲んでいるのか把握できていない飼い主さんも少なくありません。そこで今回は、猫の飲み水についてお話しします。

1日に必要な水の量は体重によって異なる

お水をキャッチするマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

健康な成猫だと、体重3kgで約200g、4kgで約240g、5kgなら約280gが、1日に与える水の量の目安になります。
とはいえ、猫が飲む水の量を把握している飼い主さんは少ないかもしれません。
そこで、朝と晩で、飲み水の重さを量って比べてみましょう。また、目盛りがついている水飲みボウルを利用すれば、猫が1日に飲んだ水の量が簡単にわかりますよ。猫の健康管理において、飲水量を把握することはとても大切なので、ぜひお試しくださいね♪

水を飲んでくれない猫におすすめの対策

給水器で水を飲む2匹の猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ドライフードからウェットフードへ

一般的に、ドライフードの水分量は5~10%ほどですが、ウェットフードには70~80%ほどの水分が含まれています。いつもの食事をウェットフードに変更するだけでも、摂取できる水分量がUPしますよ。

自動給水器を利用しよう

水のニオイを気にする猫もいますが、これは水に含まれる「カルキ臭」が苦手なのかもしれません。そこで、不純物をろ過してくれるフィルター付きの自動給水器を使ってみましょう。
また、器に入っている水より、流れている水の方が好きな猫にもおすすめですよ。

好みの器に変えてみる

水自体が嫌なのではなく、水が入っている器が苦手な場合もあるので、大きさや高さを変えたり、色・材質など、猫の好みを見つけて変えたりしてみてもいいでしょう。

いたるところに水を置く

猫が、いつでも好きなタイミングや好きな場所で水を飲めるようにしましょう。
遊び場やくつろぐ場所、よく通る場所など、猫の生活範囲内のいたるところに水を置くのがポイントです。

水道水でも大丈夫?

白い入れ物で水を飲む白猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫に水道水を与えてもよいのか、気になる方も多いかもしれません。
日本の水道水なら、猫に与えても大丈夫です!
猫がカルシウムなどのミネラル類を摂取しすぎると、尿路結石などの病気の原因になるといわれていますが、日本の水道水は、カルシウムとマグネシウムの含有量が少ない「軟水」なので、猫の飲み水としてぴったりなんです。
しかし、災害時や水道水がない場合など、猫にミネラルウォーターを与えることもあるかもしれません。そんなときは、硬水ではなく「軟水」と表記されていて、ミネラルの含有量が低いものを選んでくださいね。

ここでは、猫の飲み水についてご紹介しました。ぜひ愛猫の飲水量をチェックして、健康管理に役立ててくださいね。もしも、いろいろな対策をしても飲んでくれない場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「あなたの猫は水を飲む?飲まない猫の対策や水分不足の危険性を解説!」

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『あなたの猫は水を飲む?飲まない猫の対策や水分不足の危険性を解説!』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る