1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 性格
  5. 猫の性格は多種多様! どのように作られていくのか、詳しく解説!!

猫と暮らす

UP DATE

猫の性格は多種多様! どのように作られていくのか、詳しく解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一口に猫といっても、その性格は人と同じように実にさまざまです。甘えん坊な猫から臆病な猫、はたまた気難しい猫まで多種多様ですが、猫の性格はいったいどのような要因で決まるのでしょうか?

猫の性格の作られ方について、くわしく見ていきましょう。

猫の性格は年齢で変化する!

気持ちよさそうなミミちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の性格は、生後約2カ月~9カ月のころにベースが決まり、シニアになるにつれて変化をしていくと考えられます。
特に生後2カ月前後のころは「社会化期」に入るタイミングとなり、この期間に人やほかの猫とどれだけ関わったかによって、社交性が変わってくるようです。
一方で7才くらいのいわゆる「シニア期」に入ってくると、体力が落ちることもあり、無駄な行動をしない落ち着いた性格に変化していく傾向があります。

猫の性格は環境でも変わる!

仲良しな二匹
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

家族のライフスタイルや同居猫の有無、人との距離感などの環境も、猫の性格に影響を及ぼします。
留守番が多い猫は日中寂しい思いをしているぶん、甘えん坊になりやすい傾向があったり、常に人が家にいる場合は落ち着いた猫になったりします。
また多頭飼いの場合は、猫同士の関係が性格形成の一因になることも。たとえば一匹が元気な性格なら、もう一匹は控えめな性格になるといったことがあるようです。

猫の性格には血筋も影響する?

見上げているみかんちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の性格は、父母の性格や血統、被毛の種類の影響もうけるといわれています。一説では、同じ環境下で父親が人懐こい性格だと、その子猫も人懐こい性格になるという話も。
また、人が飼うことを前提に交配されている純血種は、フレンドリーな性格が多い傾向があります。
被毛の特徴から性格の傾向をみてみると、長毛種はおっとりとしていて、短毛種は活発な猫が多いといわれています。

性別でも性格の傾向に違いが出る!

猫の性格は性別によっても傾向があるといわれますが、その原因は主に脳の機能と性ホルモンによるものです。
子猫を敵から守りながら育てなくてはならないメスは気難しい性格になりやすいといわれ、一方でメスに積極的にアピールする必要があるオスは、活発で積極的な性格になりやすい傾向にあるようです。
ただし性差が及ぼす性格への影響は、去勢・避妊手術の有無などによっても個体差が生じます。

どんな性格の猫であれ家族として迎え入れたら、その個性がたまらなく魅力的に思えてくることでしょう。そこでそれぞれの猫の性格の作られ方を知れば、愛猫の個性への理解ももっと深くなるはずです。ぜひ愛猫とより親密な関係を築いていってくださいね。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫の性格による特徴~猫の心と体(7)」

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『猫の性格による特徴~猫の心と体(7)』
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る