1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 家族と獣医師が協力して猫を笑顔に!【キャットリボン運動 1stイベント@TOKYO 報告】

猫と暮らす

UP DATE

家族と獣医師が協力して猫を笑顔に!【キャットリボン運動 1stイベント@TOKYO 報告】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の乳がんは“飼い主がおうちで見つけられる病気”だと知ってますか?

乳がんで苦しむ猫をゼロにすることを目標に、JVCOG(一般社団法人日本獣医がん臨床研究グループ)の獣医師さんらが立ち上げた「キャットリボン運動」。その第1回目イベントが、11月10日(日)に東京都内にて開催されました。

ピンクのリボンを腕につけたオッドアイのシーツちゃん
gomez_cat7

「ねこのきもちWEB MAGAZINE」もそのイベントに密着。どんな内容のイベントで、雰囲気はどうだったのか、参加者は何を感じたのかなど、詳しくご紹介します。
皆さんも今後の参考にされてみてくださいね。

“猫の笑顔を見たい”という思いが、キャットリボン運動に

↑運動の発起人で獣医師の小林哲也先生による開会の挨拶。

↑会場には“キャットリボン運動”のトレードマークであるピンクのリボンが置かれ、自由に持っていけるようになっていました。

「キャットリボン運動 1st イベント@TOKYO」が行われたのは、東京・上野にある大きな窓が開放的なイベントスペース。参加したのは、猫ちゃんと暮らす飼い主さんたち約50名です。女性が大多数でしたが、男性の飼い主さんも数名参加してくれていました。

そもそも、なぜこのようなイベントを開催されたのでしょう。
キャットリボン運動の発起人で、JVCOG代表理事の獣医師・小林哲也先生によると、「1匹でも多くの猫の笑顔を見たいから」だそう。

「多くの方から、“なぜキャットリボン運動を始めたのか”とよく聞かれます。それに対する僕の答えはシンプルで、ただ“猫の笑顔を見たいから”なんです。
乳がんは小さなうちに見つけなければ、命が危なくなる可能性が高い病気です。でも猫の場合、定期検診で病院に来るという習慣がまだないので、獣医師にはどうすることもできません。ご家族が乳がんを小さいうちに見つけて病院に連れて行来てくれないと、猫ちゃんを助けることができないんです」

そのことを猫の家族にぜひ知ってほしいと思ったのが、キャットリボン運動とイベントを開催する最初の動機だったと小林先生は振り返ります。
実は先生ご自身、6匹もの猫ちゃんたちと暮らす飼い主さんなのだとか。それだけに獣医師としてだけでなく、猫の家族として、猫の笑顔を守りたいと強く思ったとおっしゃいます。

ピンクの蝶ネクタイをつけたエキゾチック・にこちゃん
loved_nico25

猫の乳がん講座では、乳がんの怖さと飼い主の責任を実感

↑スライドを使って猫の乳がんの様々な現状をレクチャーする小林先生

イベントのメインは、もちろん小林先生による「猫の乳がん」に関するレクチャーでした。
最初はなんと、小林先生のおうちの猫ちゃんたちがスライドで登場。トイレットペーパーを破り散らかしてすまし顔で座っている猫ちゃんなど、猫あるあるな写真がたくさん紹介され、会場から「かわいいー」の声が。先生も「全然怒る気になれないよね」と、完全にやられている飼い主さんの顔になっていました(笑)

↑実際に発表で投影された1枚。小林先生の猫ちゃんの表情に、「わかる!」と会場でも共感の声が多く聞かれました。

でも、猫の乳がんの解説が始まると、会場の空気はピリリと緊張したものに。
実際に乳がんの治療を受ける猫ちゃんたちのスライドも紹介され、中には見るのが辛くなるほどの痛々しい写真も……。これが「猫の乳がん」の現実。乳がんがどれほど怖いもので、猫がとても苦しい思いをすることになる事実が、悲しいくらい伝わってきました。

具体的な治療の方法や飼い主が気をつけるべき点まで、とても詳しく丁寧に教えてもらいました。そして最後には、獣医師の瀬戸口明日香先生による、「乳がんチェックマッサージ」のやり方の実演も!

↑瀬戸口先生が猫のぬいぐるみを使って乳がんチェックマッサージを実演。

猫のぬいぐるみを抱っこしながらの実演は、初期の小さな乳がんを見逃さないためのつまみ方や、チェックすべき体の範囲など、細かい部分まで具体的に知ることができてとても勉強になりました。参加者の皆さんもスマホでしっかり動画撮影。これは永久保存版ですね!

この他、獣医師の服部幸先生による「猫と楽しく暮らすには」というテーマのお話もありました。こちらは普段の生活で人間と猫が共に暮らすために知っておくべきことを、かわいらしい猫の写真入りでレクチャー。
獣医師だからこそご存知の情報や、一般の飼い主さんが勘違いしやすいことなども多々あり、とても楽しく参考になる内容でした。

飼い主同士がコミュニケーションできる手作りワークショップも

イベントではこの他、飼い主さんが楽しめて、飼い主さん同士の交流もはかれるようにと、「猫のバッグチャーム」を作るワークショップも開催されました。

数種類の猫柄の布の中から好みのものを選び、用意されたキットを組み立てます。不器用な私でも30分ほどで無事に完成!
皆さん、作り方を相談しつつ互いの猫ちゃんの話をしたりして、和気あいあいのリラックスタイムとなりました。

↑かわいい猫柄バッグチャームを作成。

驚いたのは、帰宅後にこのバッグチャームをうちの猫2匹に見せたら、とっても興味を持ってきたこと! 毛のようなモフモフ部分がたまらないらしく、2匹で取り合いながらずっとじゃれていました。

猫たちが喜ぶお土産もできて、帰宅後まで楽しい気分になれるイベントで大変満足しました。

飼い主さん達からは「今後も運動に参加したい」の声が

参加した猫の飼い主さんたちは、キャットリボン運動の初のイベントをどう感じたのでしょう。イベントの後に感想を伺いました。


にゃにゃさん、しし丸くん(4歳・オス・マンチカン)

「我が家にはしし丸以外にメスが3匹いるので、猫の乳がんについて学びたいと思い参加しました。小林先生のお話を聞いて猫の乳がんの恐ろしさを痛感。我が子たちを守れるのは飼っている人間しかいないと改めて思いました。
自分も女性なので、自分の健康診断だけではなく、3匹のメス猫たちも一緒に定期的に検診を受診しようと思います。これからもキャットリボン運動の活動に参加していきたいです」


コロンママさん、コロンくん(5歳・オス・スコティッシュフォールド)

「コロンはこれまで一度も病気をしたことがなく毎日元気に暮らしているので、それが当たり前のように感じていましたが、イベントに参加させていただいて、毎日の健康チェックがとても大切だと感じました。
今回、キャットリボンという活動があることを、私自身初めて知りました。インスタなどで定期的にこの運動に関することを投稿するのが、多くの方に知っていただくのにとても有効だと思いました。そういう機会があれば私もぜひ投稿したいです」


バニラママさん、バニラちゃん(4歳・メス・ラガマフィンメス)、レオンちゃん(4歳・オス・アメリカンショートヘア)

「猫の乳がんはおうちで見つける病気だということや、2センチ以内の小さいうちに乳がんを見つければ生存率がグンと高くなることなど、初めて知ったことがたくさんありました。家で乳がんチェックマッサージを行って、しこりがあったらすぐに病院に連れて行こうと思います。
今後もキャットリボン運動のイベントやチャリティーに参加してキャットリボン活動を応援したいです」

数年以内に乳がんで苦しむ猫をどんどん減らしたい!

ピンクのリボンを乗せたモルナガちゃん
ichigo_to_mona

キャットリボン運動の目標は「乳がんで苦しむ猫をゼロにする」ことです。それに向けて今回のような「飼い主さん向け」のイベントと、「獣医師さん向け」のイベント、そしてJVCOG(一般社団法人日本獣医がん臨床研究グループ)として「乳がんに関する情報や研究のデータの蓄積」という3つの活動を行っているそうです。

実はこの日の午前中、小林先生は東京大学のホールにて獣医師さん向けの講演も行ってきたのだそうです。全国から40名以上の獣医師さんが参加し、猫の乳がんの最新情報が交換されました。
これら3つの活動は、もちろん今後も継続して展開していく予定です。

イベントを通して多くの飼い主さんに“乳がんはおうちで見つける病気”ということを知ってもらい、数年以内に乳がんになる猫ちゃんをどんどん減らしていきたいと思っています。獣医師と飼い主さんとが協力して猫の笑顔を増やし、皆が良い方向に進めればいいですね」(小林先生)
「ねこのきもちWEB MAGAZINE」も引き続き、キャットリボン運動を応援して行きます。

キャットリボン公式サイト

監修/小林 哲也先生
公益財団法人 日本小動物医療センター付属 日本小動物がんセンター センター長
米国獣医内科学専門医(腫瘍学)
アジア獣医内科学専門医(小動物)


文/かきの木のりみ(ライター)

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る